Live simply

おとなが変わる。子どもも変わる。みらいをつくる。


「今の若者は…」「今の子どもは…」という声をよく聞きます。

でも、その若者たちを育ててきた、子どもたちを育てているのは私たち大人です。


自分たちがしてきたことが今の社会を作ってきたことに気づかないまま、
皆、自分の利益だけを守ることに躍起になっています。

今は、豊かさの定義も変わり、過去の正解がもはや正解ではなくなっています。
そんな時代だからこそ、大切なものを見抜き、大切にし、
それを育てていかなければいけないのだと思います。

自分たちの常識や慣習にとらわれず、まだ見ぬ未来を描きながら、
社会との関係性の中で生きていく。

保育教育の枠を超えて、企業の枠を超えて、
「対話」をしながら、より豊かな社会をデザインしていきたいと思います。

by simply design

image


人々の想いはどこへ行ってしまったのだろう。

人は誰でもこうありたいという姿を描いている。その人の何かに対する想いがある。
その想いはなんなのだろう?
最初から問題があるわけではなく、何かに対する想いがあり、その姿に近づこうとし、そこにギャップが生じるから問題と認識する。

問題は問題ではなく、想いを実現するための出発点。問題を解決するのではなく、想いを実現していくためのプロセス。

今、求められているのば、起こったことに対して処置をする西洋的治療ではなく、想いをかたちにするために常にベストな状態を保つための東洋的アプローチ、品格ではないだろうか。


What is our issue?
What is my issue?




5月24日(日)にマイナビ主催の保育士就職セミナーにて、
保育士を目指す学生に向けてワークショップをします。
http://job.mynavi.jp/conts/event/2016/w/smp/hoiku/tokyo_05/index.html

*14:30〜15:15の回で「Draw a line」というワークショップをやります。

就職セミナーなので、40社程の保育園がブースを出展するみたいです。
ワークショップは無料で事前申し込み制となってます。
定員30名程で、あと5名程空きがあるみたいですので、
ご興味のある方は是非。

デザインを実感する旅へ 第3夜
*メタデザインHPへ飛びます。

http://www.metadesign.co.jp/#!-連続コラム3-第-3-夜-「実験」する国%E3%80%82フランス、パリ%E3%80%82/cnuc/ED2C6B40-AA4B-4793-9F41-FE59FCE630F8

メタデザインのコラムに投稿しました。

ヨーロッパにへデザインの旅に出かけ、
その気づきや発見を綴っています。

連続コラム、第一弾です。

2015-01-05-19-28-20


http://www.metadesign.co.jp/#!-連続コラム2-第-1-夜-Designを実感する旅へ-〜コンセプトがある国、イタリア〜/cnuc/CC0E1A98-0D8E-42F8-A516-2DB913ED33CD

写真 (1)


毎年応募が殺到している「グッドデザイン賞」

ご存じない方はこちらを↓
http://www.g-mark.org/about/a01.html


その理念、目的を見てみたら、
こんな風に書いてあった。

デザインは生活に根ざした思考であり、
生活に密着した様々なものごとを生みだす具体的な方法論です。
優れたデザインの効果・効用が活用されることにより、
次、その次に登場するデザインが継続的に生み出され、
さらなる豊かな生活や社会が達成されていく。
そうした大きなうねりを作りだす装置となることが、
グッドデザイン賞制度の目的です。


おぉ、いいではないか!


今年から(?)審査員が変わったのか

何なのかは分からないけど、

デザインが単なる「装飾」や「形」から

私たちの生活を豊かにすることへ

役割の認識が変わってきている。


全文はこちらから↓
http://www.g-mark.org/about/a02.html




「デザイン」から「Design」へ。




829日(金)14001600

「デザイン思考の誤解」

セミナーを開催します。

デザイン思考の「型」を取り入れば
イノベーションは起こせる?

デザイン思考は魔法ではなく、
自らの創造性を引き出すための
適切に使う道具なのです。

今回は、
デザイン思考に対する誤解を解き、
本来の役割や機能について学びます。

詳細はこちらまで。
http://connpass.com/event/7828/





にほんブログ村

このページのトップヘ