Live simply

おとなが変わる。子どもも変わる。みらいをつくる。


「今の若者は…」「今の子どもは…」という声をよく聞きます。

でも、その若者たちを育ててきた、子どもたちを育てているのは私たち大人です。


自分たちがしてきたことが今の社会を作ってきたことに気づかないまま、
皆、自分の利益だけを守ることに躍起になっています。

今は、豊かさの定義も変わり、過去の正解がもはや正解ではなくなっています。
そんな時代だからこそ、大切なものを見抜き、大切にし、
それを育てていかなければいけないのだと思います。

自分たちの常識や慣習にとらわれず、まだ見ぬ未来を描きながら、
社会との関係性の中で生きていく。

保育教育の枠を超えて、企業の枠を超えて、
「対話」をしながら、より豊かな社会をデザインしていきたいと思います。

by simply design

DSC_3284


日々生活していると、
時間が瞬く間に過ぎていく。


子どもの頃から
私立の小学校に入るために
受験塾に通う。

中学校、高校、大学と、
点数で図るだけの試験を突破し、
大学に入ったら遊ぶ。

そして、大企業へ就職。


受験や競争を
否定するわけじゃなく、


何のために
やってるんだろう?


と疑問に思わせない環境を
大人たちが作っていることが
問題なんだと思う。


そんな環境で育った人たちが、
今、モヤモヤし始めている。


何のために
仕事してるのか。

お金を稼ぐ=豊か?


とりあえず仕事して、
休日は遊ぶ。

じゃあ、その
とりあえずってなんだ?


自分の人生の
半分以上を仕事が占めるのに、

仕事をこなすって?





最近、
豊かさとか、

生き方とか、


そういうことをテーマにした
雑誌や本、
セミナーやワークショップが
結構ある。


みんなモヤモヤしている証拠だ。


自分は本当は
何がしたいんだろうって
探しているんだと思う。



自分の想いや
大切にしていること。


それと照らし合わせると
今やってる仕事は、

もしかしたら
違うかもしれない。


もしくは、そもそも、
その大切にしているものの奥に、
もっと違う大切なものが
隠れているかもしれない。



今から
どんどん時代は
進んでいく。


変化の中では、
自分の軸がないと
変化の波に呑まれて、
ただ流されていってしまう。



だから、
自分を整理することが
今は一番大切だと思う。


そんなことを考えて、
このワークショップを
開催しようと思った。


今回は、私1人ではなく、
一緒に企画した人がいて、


その人のおかげで
私も一歩前進できた感じがする。



ちらっと覗いて見てください。

そして、
もし良かったらご参加下さい。


結構良い内容になっていると
思いますので。



What’s your Vision? 〜豊かな人生を歩むための自分だけの”航海図”を描こう〜

全3回 
①2/15(土)
②2/22(土)
③3/1(土)
各13:30〜17:00



にほんブログ村

画像1


いつも、セミナーや
ワークショップを開催する時は
チラシをwebにUPする。

書きたいことが多すぎて、
大抵、最初は文字オーバー。

そこから削って削って、
削りまくり…。

そして完成。



でも、
たかだか何百文字の中で
想いを全部
伝えられる自信がない。

だから、
開催前のブログは
なぜ、開催するのかを
つらつらと書く。


私が何を伝えたいか。
何のためにやるのか。


それを少しでも
知って欲しいなぁと。



私が開くセミナー等のチラシは、
誰もかれもが来たい!と
思う文章にはなってないと
自分でも思う…。


そういう風に
作りたい気持ちは
あるんだけど、

そして、
作ろうと思えば
多分作れると思うんだけど、


伝えたいことが
魅力的であろう
言葉に隠れてしまい、

本当に伝えたいことが
ズレてしまうと
何にも意味がない。


そう思いながら作っていると、
真面目な雰囲気に
仕上がってしまう。



私の言っていることを
いつも否定するわけでもなく、
やんわりと受け止めてくれ、
私に着想の種をくれる
良き友人が、


兼子さんは
どちらかというと
イタリア人じゃなくて、
ドイツ人だね。


と言ってた。



ラテン系には憧れるけど、
気質だからしょうがないな。


この写真、
その彼が撮ってくれたもの。

植草さん、いつも感謝です。
ありがとう。



植草さんブログ

ひくらしノマドくらし
http://wexer.jugem.jp


にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村












画像1



自分が暮らしている
日々の生活は、

一体どこに
つながっているんだろう。




自分が発する言葉や
おこす行動は、

その一つひとつが
自分の周り、社会に対して
影響を与えていると思う。

でも、自分のその先の人たちに
思いを馳せることが
圧倒的に少なくなっている気がする。


周りを見てみると、自分と、
その周りの世界を切り離して
考えているんじゃないかと
思うことが多いし…。



おもちゃ屋さんに行っても、
ひとつボタン押すだけで
色々な仕掛けがピコピコする
おもちゃが多かったり。

かとおもうと、
天然100%の素材!

だけ売りにしている
おもちゃがあったり。


いかに消費者の気をひくか。

いかに消費者のニーズに
合っているか。



それだけを気にしている
ものやことが溢れている。


生活をする人じゃなくて、
消費をする人向けに
生み出されるもの。


人が本当に欲しいものは、
人に必要なのは、
そんなものなんだろうか。


というか、それって、
自分は欲しいんだろうか。


自分でお金を出して
自社の製品買う!
という人は、
一体どれだけいるだろう。


目先のことから離れて
その先のイメージを持つこと。



ビートたけしが、

今の日本人に足りないのは
想像する力って言ってたな。


政治も
教育も
企業も
ぜんぶ。

目に見えるものの先を
イメージしたい。




2月はセミナーを2つ開催します。

2月15日(土)〜全3回
What's your Vision?
http://www.seminarjyoho.com/course_show_74975.html



2月16日(日)14:00-16:00
乳幼児期に「先生」は必要?
大人の姿が見えない乳幼児教育へ
http://www.innovations-i.com/release/11494.html



大人が自分自身を
イノベーションし続けること。

それが大切だと思います。



にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村




画像1




お正月に
叔母さんの家に遊びに行った。

父方のおばあちゃん子だった私は、
おばあちゃんの作るお雑煮が
大好きだった。

おばあちゃんが
亡くなっている今、

そのお雑煮を作れるのは、
その叔母さんしかいなくて、


「おばあちゃんのお雑煮が食べたい」


とう不純な動機から
叔母さんに会いに行った。


純粋に叔母さんに会いたいという
思いで会いに行ったのではないけど、

親戚に会うって
いいものだなと思った。


1人で住んでいる叔母さんは、
夫もなくし、息子も独立。

別に寂しい様子はないんだけど、

なんとなく、
これからもちょくちょく
会いに来ようと思った。


特別な話を
するわけじゃないけど、

人の話をただ聞いたり、
一緒にその空間にいるって、

大切な時間かもしれない。


近くにいる人ほど
忘れがちになるけど、


近くにいる人を
大切にできない人は、

きっと誰も
大切にできないんだろう。


理解していつもりだったけど、


この年になって
ようやく心に
入ってきた気がする。

遅いな…。




にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村




画像1



去年の話。


大学と企業の
産学協同シンポジウムに行ってみた。

なんだか、そこでは、


今必要なのは主体性ですよね!


という雰囲気を
意図的に作っていて…。

最後の方には、
パネラーの企業や大学が
実践しているプログラムを
どうやったら導入できるのか。

という宣伝みたいな話になり
ちょっとゲンナリ…。


ファシリテーターは
誰でもできるのか?


という質問に対して、


パネラーの大学教授が
「できると思いますよ。
私にもできましたから。」

とさらっと答えていたのには
本当か??とビックリ。



まぁ、それはいいとして。


3時間もの間、
主体性っていう言葉を
聞いていたせいか、



そもそもなんなんだ??



どっから生まれてくるんだ?




懇親会で医大生と話した時、


医大生
「僕、主体性ないんですよね。」


「今の社会で
問題に思っていることって
何かありますか?」

医大生
「僕、主体性ないんですよ…。」



実際、この会話の間に
ちょこちょこ話しているけど、

端的にまとめると
こういうことになる。


主体性って言葉を
理解して使っているのか。


それとも
3時間の間に
洗脳されてしまったのか…。

という勢いで、

主体性という言葉が
会場内には溢れていた。



主体性って言うけど、

実際やっているのは
企業側から架空の課題を出し、
それを学生がグループで
解決するということ。


果たして、
それで主体性が身につくのか?
と思うとそうじゃない気がする。


主体性って
与えられるものの中からは
生まれない思う。


もっと
色んなことに疑問を感じて、
壁に直面して、

色んなことが動いている中で
自分で考え判断していくことだから、

まずは、周りを見ないと。



1月25日(土)14:00-16:00

生きる力?主体性?
今の学生に、本当に必要なスキルとは


こういう疑問がきっかけで、
上記のセミナーを
開催することにしました。


ご興味がある方は、
下記覗いてみてください。

http://eventforce.jp/event/93488





にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村









このページのトップヘ