山路を登りながら、こう考えた。

夏目漱石の「草枕」の有名な冒頭文。
これをブログ名にすることは多少躊躇われますが、「草枕」の主人公の画工のように本の世界をさすらいたいと思います。