荒川区 町屋 松田歯科クリニック Dr松田の独り言


東京都 荒川区町屋の歯科医院「松田歯科クリニック」院長 Dr 松田 が、日々の診療日記、最新歯科情報 から 世間話まで 気の向くままに綴ります。

ワイヤー矯正 から インビザライン への変更を検討されている方へ

ワイヤー矯正の違和感、歯磨きのし難さ 等にお悩みの患者様も多いと思われます。

当院では、現在 ワイヤー矯正にて治療中の患者様に対象としました インビザライン矯正治療への切り替え(Invisaline CHANGE) を ディスカウント価格にて行っております。

当院通常のインビザライン治療費 75万円の処を60万円にて行うことができます。是非この機会に審美的なインビザライン矯正治療をご検討下さい。

まずは インビザラインについて理解を深めて頂く為に 幾つかの動画を用意致しましたので 御覧下さい。


                

    インビザライン とはどのような矯正治療なのでしょうか?  この動画にて ご理解頂けると思います。


                

 ワイヤー矯正の場合、歯磨きのし難さからの カリエスリスクの増大、歯肉のリセッション(退縮) 等が問題となり易いです。  ブラケットで口唇に傷が出来たり、ブラケット部のエナメル脱灰も問題となります。

                

           インビザラインは世界中で拡大しつつある 先進の矯正治療法です。


私が患者様にインビザラインをお勧めする最大の理由は 難しい言葉で言えば 治療終了後のエマージェンスプロファイルの美しさ(歯の歯肉溝内から歯冠部歯頸部側1/3付近までの立ち上がり角度・カンゥアなどの形態)です。

簡単な話 ワイヤー矯正治療終了後 よりも インビザライン矯正終了後の方が 歯と歯茎の見た目が とても自然で 矯正治療をやったのかどうか プロの目でも分かり辛い時がある ということです。


2年位前までは 私は患者様にワイヤー矯正を圧倒的にお勧めしていたのですが、 インビザライン矯正により、綺麗な歯並びを獲得した患者様が増える度に インビザライン矯正への自信を深めていき、 現在は余程の難症例でなければ ファーストチョイスとして インビザラインをお勧めするようになりました。

是非 御検討下さい。




さて 当院では 最近 院内に飾っている絵画を全てモデルチェンジしました。

最近 「ゴッホより ふつーうに ラッセンが好き!!」 と言ってる芸人さんを知ったのですが、 うちも冗談抜きに ゴッホの絵画(リトグラフ) から ラッセンの絵画に変更しました。 

勿論 その芸人さんを知る前に行っていたことなのですが、 私もバブル時代から ラッセン とか ヒロ ヤマガタ とかが 難しい抽象画よりも好きだったのは事実です。


そういえば 7月20日に 銀座 時事通信ビル にラッセンが来日した時に アールビバンから写真撮影で招待されたのですが、私は所用が有ったので 知り合いに行って貰いました。

全盛時の金髪ロン毛をイメージしていたようで 短髪初老のラッセンに少しがっかりしたとのことですが、そりゃそうですよね、 バブル期から何年経ったことでしょう。
でも 超有名人との写真撮影は一生の記念になった とのことで良かったです。

 DSC00484   















ゴッホ(上) より ラッセン(下)が好き!!
   DSC00485

インビザライン G6 (マウスピース矯正のパラダイムシフト)


当院では 「見えない矯正」(目立たない矯正)システムである 透明なマウスピースを用いた 「インビザライン」矯正を御希望される患者様が 特に若い女性を中心に 非常に増えております。

今回 インビザライン・システムにおいて 大きな進歩がありましたので ご連絡したいと思っております。



東洋人に多い、 重度の叢生(乱杭歯)  や 上下顎前突 に対する治療法は、これまで マウスピース矯正では なかなか対応が難しいものでありました。
患者様が インビザラインご希望にも拘わらず、 難症例の為に 止むを得ず ワイヤー矯正をお勧めするケースが 当院においても多々御座いました。


今回 第一小臼歯(犬歯の次の歯)抜歯症例対応の 「インビザラインG6」 が登場しましたことに由り、 今までマウスピース矯正での対応が難しかった 多くの症例において 「インビザライン」での治療が可能となりました。

これは マウスピース矯正システムにおける 革命とも言うべき 出来事だと 私個人は 認識しております。



飽くまでも個人的な 感覚、感想なのでありますが、 矯正治療の終了時の仕上がりの自然さ というものは、インビザライン・システムの方が、 ワイヤー矯正よりも優れていると感じています。  
特に 歯肉ラインの自然な感じ、美しさ においては 明瞭な差を感じます。

如何にも ワイヤーで力づくで動かしました というものと 「クリンチェックPro」という 優れたコンピューターシステムとの連動で ゆっくりと正確に動かしたものの微妙な違いではありますが、 矯正治療が 審美性の改善を大きな目的とするのであれば この差は意外と大きいのかもしれません。


 
最後に インビザラインG6 への理解を深めて頂くために 動画を添付しておきます。 英語でありますが、 動画を御覧になるだけで ある程度 歯の動き方が理解ができると思います。 


          

Invisalign G6. Clinical Innovations for First Premolars Extraction

CAD/CAM冠

この4月から 小臼歯に対して CAD/CAM冠 (キャドカムカン) が 保険適応となりました。 CAD/CAM冠とは  パソコン上で設計した 患者様の歯型通りに  ハイブリッドレジンブロックから削り出した差し歯のことですが、今流行りの 3Dプリンターのようなものだと思って頂ければ理解しやすいかもしれませんね。

 CADCAM冠 1
メタルフリー (金属を使用しない) は、当院も積極的に推進していることなので CAD/CAM冠は 患者様に積極的にお勧めしております。

当院では CAD/CAM冠の材料として 住友3Mの Lava Ultimate  を採用しておりますが、現在まで 特にトラブルは無いようなので 強度的にも特に問題はなさそうです。

これまでの保険のプラスチックの差し歯は、 割れるトラブルが非常に多くて 現実的にはお勧めし辛かったのですが、 今回の保険改正にて前歯から小臼歯までは 取り敢えず 「保険で白い歯」が 現実的に入れられるようになった と 理解して頂いて結構です。


商品名製造メーカー曲げ強さ(MPa)弾性係数(GPa)ビッカース硬さ
 Paradigm MZ1003M Espe1407-
 VITA CAD-TempVita802.8-
 Ceramill compAmann Girrbach

191

13.81281.5
 *Lava Ultimate3M Espe23515100
 EnamicVita150-16030250
 *グラディア・ブロックGC208-107
 *セラスマートGC240-74
 *ブロックHC松風191-66
 KZR-CAD HR山本貴金属
235±58±0.290±5
 CAD/CAM冠の種類と強度比較      *愛知学院大学 歯学部 伴 清治先生 資料

 エナメル質  

参考比較

   80~90 

   47~84

   270~366

 エプリコード

 (保険のプラスチックの歯)

参考比較

  93

  6.1

  42




これまで長い間 私がブログをサボっていたにも拘わらず  当院ブログを参考にされて メリーランドブリッジ や セルコンZ冠、 インビザライン などに 多くの希望がありましたことは とても有り難いことであります。

もう一度 頑張って情報発信をしていこうかな と思っている所存であります。 
まずは 今回 歯科界の最も新しい話題である 「CAD/CAM冠」 について 書かさせて頂きました。




さて 先日の日曜 最新のBMW M4 という車の 高速での試乗体験をしてきました。 様々なディーラーから 毎週のようにお誘いがあるのですが、 今回は とても興味がある車だったので 私の方から 試乗希望を1カ月ほど前から入れておりました。

BMWは 「駆け抜ける喜び」のキャッチフレーズの通り 運転して とても楽しい車なのですが、疲れている時、体調の悪い時は あまり乗りたくない車でもあります。 モータースポーツの血統である Mモデルならば尚更であります。
 

本国ドイツでは 昔 「BMWは40代の車、メルセデスは 50代の車」と言われておりましたが、 今更ながらにその言葉の意味が 実感として体に沁みる年に 私もなってしまいました。

 私が BMWに興味を持っている時には 「先生、 体調 良さそうだね」 と思われて結構であります。 

20140706_160634















   BMW  M4       最高出力:431ps(317kW)/5500-7300rpm
                          最大トルク:56.1kgm(550Nm)/1850-5500rpm

20140706_160607_1
  














以前のM3よりは マイルドな乗り味となりましたが、日本の道路環境では その実力の三分の一も発揮できそうにない車でありました。

新年の抱負

遅ればせながら 「新年明けましておめでとうございます」 !!    

昨日の成人式は生憎の大雪となりましたね。 うちのスタッフも3人が新成人になりました。 荒川は 毎年「サンパール荒川」 で成人式をやるみたいでね。  

大昔ではありますが、私は成人式に行かずに場末のスナックで 飲んでいたような記憶が・・・。  いや、成人式のずっと前から飲んで・・・・・。

大荒れの成人式ではありましたが、新成人の方におかれましては 「雨降って地固まる」 ならぬ 「雪降って地固まる」ということで  非常に厳しい時代ではありますが 今後の頑張りを期待したいと思います。


  
私は昨日は 矯正の勉強会に参加するため 横浜市歯科医師会館に朝から行っておりました。 

DSC00145DSC00147
   スタディーグループ「オルソ2001」 本年最初の矯正勉強会でした


早朝は雨でしたし、横浜に着いた頃から雪が混じってきたのですが、 まさかこんなに積もるとは・・・・・。
実は 私は車で行っていたのですよ。 それもRRレイアウトの 最も雪に弱い車で。
帰りが悲惨なものになったことは言うまでもありません。

ドリフトコントロールには自信があるのですが、一旦 坂道で止まってしまうと もうどうしようもありません。 横浜は坂が多いですからね。 そこらじゅうで沢山の車が スタックしまくってましたよ。

車を押してくださった コンビニの皆さん、トラックの親父さん、 牽引してくれた スバル4WDのお兄さん、  一緒にタイヤ周りの除雪をしてくださったガソリンスタンドの皆さん  どうも有り難う御座いました。  横浜の方々の温かさに支えられまして 私は無事に本日 朝から仕事をしております。


DSC00163
        帰り際に撮った 「横浜市歯科医師会」辺り


松田歯科クリニックの本年の大きな予定は 今のところありませんが、4月くらいから 歯科衛生士を中心としてスタッフ増員を予定しております。 

個人的には 更なるスキルアップと 幾つかの専門医、認定医を今年取得する予定でおります。



有難いことに 新年より 非常に多くの患者様が来院されて 特に夕方は なかなか希望通りの予約ができない状況なのでは御座いますが、 スタッフ増員等で解消していく予定であります。

本年も 松田歯科クリニック を宜しくお願い致します。

ダイレクトボンディング

  私は 先日の日曜日  日本歯科審美学会セミナー「「さらに進化する審美修復」に出席するため 「ベルサール新宿グランド」に行っておりました。

DSC_0192DSC_0194


我々歯科医師が最も頻繁に使用する材料のひとつに コンポジットレジン というものがあります。 コンポジットレジンを簡単に説明すれば あなたがむし歯になった時に むし歯を削った後に埋める白いプラスチックのようなものです。

最新のコンポジットレジンには ナノテクノロジーとジルコニアテクノロジーの融合により、 天然歯に近い審美性や耐久性を兼ね備えたものがあります。 接着材料も格段に進歩してきました。

この最新のコンポジットレジンを幾層かに分けて 非常に手の込んだやり方で 天然歯に近い色調、形態にしていく方法を「ダイレクトボンディング」といいます。

       DSC00007
(図 説明) 前歯 破折に対する「ダイレクトボンディング」      before(上)  after(下)    *3M配布資料より添付
従来ならば強度的に問題があった このような大きな歯冠修復も コンポジットレジンで可能となりました。



通常 むし歯を埋める時に使用するコンポジットレジン、そして治療方法は 保険適応となるのですが、 「ダイレクトボンディング」になりますと 材料的にも作業工程の長さからも コスト的には 保険適応でやるのが難しくなってきます。 
漠然とした料金設定を申し上げれば 「保険のプラスチックよりは割高だけどセラミックよりは全然割安」という感じでしょうか。


「ダイレクトボンディング」の存在意義は セラミックに比較して割安であるという料金設定は勿論なのですが、本質的な存在価値は 「健全な歯を可能な限り削らない」 ミニマルインターベーション(最小限の浸襲) という考え方にあると思われます。

むし歯治療に対する一つの選択肢として 「ダイレクトボンディング」を御検討頂ければ幸いです。






さて 今年も残り僅かとなって参りました。 松田歯科クリニックの今年最大のトピックスは 矯正治療における「デーモンシステム」の採用でありました。

当院の矯正治療法において 「デーモンシステム」は 現在最も多くの患者様が選択されたシステムとなりました。 
今週も2名の患者様におきまして 「デーモンシステム」による矯正治療が始まりました。 昨日は夜の11時近くまで 上下デーモンブラケット装着を行っておりました。 

デーモンシステム」という矯正治療法の考え方の根底にも ミニマルインターベーションというものがあります。 患者様になるべく負担を掛けない矯正治療法として 今後も患者様から支持されるシステムであると確信しております。


現在は 成人において矯正治療を検討される方が増加していますので なるべく目立たない矯正治療法というものが支持されるわけですが、 やはり最も目立たない矯正治療法は舌側矯正であります。 

当院では「インコグニート」という舌側矯正を採用していますが、 その治療精度は素晴らしいものがあります。流石にオーダーメイドシステムだけのことはあります。

治療費は当院の矯正治療法としては 最も高価でありますが、他人に気づかれることなく 矯正治療を行いたい方には 最もお勧めしたい「インコグニート」であります。




今年のもう一つのトピックスは 「セルコンZ冠」や「コンタクトレンズラミネート」といったジルコニア新素材の採用であります。  金属アレルギーの方、お口の中に金属を使用したくない方への治療法が 当院においては完全に確立できた年となりました。




今年はインプラント治療においては様々な逆風があったわけですが、 再生医療によって歯ができるのはまだまだ先の話で御座います。  現時点におきまして 欠損補綴のファーストチョイスとして インプラント治療は やっぱり最も素晴らしい治療法であると私は確信しているわけです。 




松田歯科クリニックは 本年 新規患者様数において 私が東京で開業してから最多となりました。とても有難いことであります。 
来年も日々精進して多くの患者様の期待に応えられるようにしていく所存でありますので どうか宜しくお願い致します。

それでは来年が皆様にとって 良い年、飛躍の年でありますよう 心よりお祈り申し上げまして 本年最後のブログとさせて頂きます。


     
             「ファーアウェイ」  リベラ

     
       「オー・ホーリーナイト」 シャルロット・チャーチ 

    
           「オー・ホーリーナイト」 キャサリン・ジェンキンス

     
          「アヴェマリア」  サラ・ブライトマン

     
    「ハッピークリスマス」 (ワー・イズ・オーバー)  セリーヌ・ディオン

世界経済、そして日本経済は 暗澹たる不安で覆われていますが、 逃げ口上、スケープゴートとして 我々は決して二度と戦争という愚かな選択をしてはいけません。 

平和な日本、誇り高き日本を子孫に残すべく、 ひとりひとりが冷静になって 真剣に考える時が来たようです。
     
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • ワイヤー矯正 から インビザライン への変更を検討されている方へ
  • ワイヤー矯正 から インビザライン への変更を検討されている方へ
  • ワイヤー矯正 から インビザライン への変更を検討されている方へ
  • ワイヤー矯正 から インビザライン への変更を検討されている方へ
  • ワイヤー矯正 から インビザライン への変更を検討されている方へ
  • インビザライン G6 (マウスピース矯正のパラダイムシフト)
Shinichiro Matsuda








歯ブログ

白い歯、健康的な歯茎を手に入れたい方のための情報サイト 「銀歯から白い歯へ!」





QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ