2013年07月

2013年07月24日

血液はなぜ心臓に戻るのか?

血液の循環


.

大阪府医師会の三上祐司医師に聞きました。

心臓の収縮や呼吸により、血液を送り出す右心房と大静脈に圧力差が生じて、全身を回った血液は心臓に戻ります。

しかし、下半身の静脈血が重力に逆らって心臓に戻るには、この圧力差だけでは無理で、他にも理由があります。

一つは下半身の静脈には心臓に向かい多くの弁があり、血液の停滞を防いでいるからです。

しかし、長い間立っていて弁の維持能力を超えると、むくみなどが起きます。

もう一つは、腹部の臓器は重力がかかると血管の内圧が上がり、それが血液を押し出すのです。

また、下半身の筋肉の収縮で静脈の血管に圧力がかかり、それも血液を上に押し上げる力になっています。




『雑学新聞(愛蔵版)』(PHP研究所)よ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらもご覧下さい。

ビカビの家を建てました!!⇒去年家を建てた私の家が出来るまでの色々なお話です。

今日の家の中は??⇒私の家の中の温度と外気温がどうなっているか??実況中継です。(2009.1.4から2010.1.12までの記録です。)

今日の家の中は?? 2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

ビカビの新建設だより⇒家の事について書いてあります。

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

不動産ブログ⇒不動産情報です。

新建設の家造り⇒家造りに対する考え方です。

家の建て方⇒家造りの進め方です。

施工例⇒今まで建てた家です。

お客様の声⇒うちで建てられたお客様からのメッセージです。

スタッフブログ⇒社員・協力会新生会の紹介です。

ネット展示会情報⇒ネットで展示会の情報をお届けしています。

新建設⇒会社のホームページです。

sin2009c at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 素朴な「なぜ?」をスッキリ解決! 

2013年07月17日

Q.サッカーの雨天決行はなぜ?

 サッカー



.

日本サッカー協会やJリーグ事務局に聞きました。

Jリーグの試合でも大雨などによる中止はこれまでに何度かあり、規約でも悪天候や地震による中止は「主審がマッチコミッショナーおよびホームクラブの実行委員と協議のうえ決定する」としています。

 

 ただ、雨量等の明確な数値は設けておらず、一般にかなりの雨でも試合は続けられます。

2002年に日本で開かれたワールドカップでは、試合中止は「当日のキックオフ前に雨量が1時間30ミリに達した場合、試合中については1時間50ミリを超えた場合」という基準が示されました。

 

しかし、Jリーグなどがいつもこの基準で決めている訳ではなく、観客の安全を第一に考え、試合の当事者が判断するそうです。




『雑学新聞(愛蔵版)』(PHP研究所)よ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらもご覧下さい。

ビカビの家を建てました!!⇒去年家を建てた私の家が出来るまでの色々なお話です。

今日の家の中は??⇒私の家の中の温度と外気温がどうなっているか??実況中継です。(2009.1.4から2010.1.12までの記録です。)

今日の家の中は?? 2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

ビカビの新建設だより⇒家の事について書いてあります。

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

不動産ブログ⇒不動産情報です。

新建設の家造り⇒家造りに対する考え方です。

家の建て方⇒家造りの進め方です。

施工例⇒今まで建てた家です。

お客様の声⇒うちで建てられたお客様からのメッセージです。

スタッフブログ⇒社員・協力会新生会の紹介です。

ネット展示会情報⇒ネットで展示会の情報をお届けしています。

新建設⇒会社のホームページです。

sin2009c at 11:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 素朴な「なぜ?」をスッキリ解決! 

2013年07月10日

Q.お医者さんは毎日、風邪の患者の診察をしているのに、しょっちゅううつされないのですか?

 医者

 


.

大阪府医師会の徳永五輪雄理事に聞きました。

始終風邪患者に接している割にはひかないように見えますが、もしそうなら抵抗力(免疫)ができているのかもしれません。

しかし、現実には医者も一般の人と同じ程度に風邪はひいています。

中には、予防に神経を遣い、マスクをしたり、うがいを欠かさなかったりしている医者もいますが、多くの医者は「医者の不養生」というのか、大した予防対策をとっていません。


風邪をひいても休まないのが現状です。



『雑学新聞(愛蔵版)』(PHP研究所)よ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こちらもご覧ください。

ビカビの家を建てました!!⇒去年家を建てた私の家が出来るまでの色々なお話です。

今日の家の中は??⇒私の家の中の温度と外気温がどうなっているか??実況中継です。(2009.1.4から2010.1.12までの記録です。)

今日の家の中は?? 2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

ビカビの新建設だより⇒家の事について書いてあります。

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

不動産ブログ⇒不動産情報です。

新建設の家造り⇒家造りに対する考え方です。

家の建て方⇒家造りの進め方です。

施工例⇒今まで建てた家です。

お客様の声⇒うちで建てられたお客様からのメッセージです。

スタッフブログ⇒社員・協力会新生会の紹介です。

ネット展示会情報⇒ネットで展示会の情報をお届けしています。

新建設⇒会社のホームページです。


 



sin2009c at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) なるほど!特選雑学情報 

2013年07月03日

Q.落語家が高座の途中で羽織を脱ぐのはなぜですか? 脱ぐタイミングは決まっていますか?

落語家






.

上方落語協会長の露の五郎さんによりますと、数十年前までは、脱いだ羽織を舞台のそでに投げる習慣がありました。

次の出演者の準備が整うと、その合図として裏方が羽織を片付けました。

この時代は、1日で幾つもの寄席を掛け持ちし、持ち時間もあいまいで、出演者の到着が遅れがちでした。

その間、前の人が高座を引き延ばす必要があったのです。


現在は、脱ぐとそばに置いておきます。

そのタイミングは決まっておらず、脱がないこともあります。

ネタによっても異なり、例えば、てんびん棒を担いだ商人に羽織は似合いません。

舞台を降りる際、羽織を持ち帰る人と、裏方に下げてもらう人がいますが、それぞれの美意識などに基づいているようです。



『雑学新聞(愛蔵版)』(PHP研究所)よ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらもご覧下さい。

ビカビの家を建てました!!⇒去年家を建てた私の家が出来るまでの色々なお話です。

今日の家の中は??⇒私の家の中の温度と外気温がどうなっているか??実況中継です。(2009.1.4から2010.1.12までの記録です。)

今日の家の中は?? 2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

ビカビの新建設だより⇒家の事について書いてあります。

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

不動産ブログ⇒不動産情報です。

新建設の家造り⇒家造りに対する考え方です。

家の建て方⇒家造りの進め方です。

施工例⇒今まで建てた家です。

お客様の声⇒うちで建てられたお客様からのメッセージです。

スタッフブログ⇒社員・協力会新生会の紹介です。

ネット展示会情報⇒ネットで展示会の情報をお届けしています。

新建設⇒会社のホームページです。

 


 



sin2009c at 08:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) なるほど!特選雑学情報 
記事検索
訪問者数
アクセス解析