2008年07月

2008年07月26日

M様邸の天井

完成した「M様邸」の天井です。


玄関







玄関は高さと、色で変化を付けました





リビング







リビングは畳部分を持ち上げてみました





中庭







中庭があります。明るいですね





ローカ







ローカはしっかりと分けてあります





寝室








寝室もこんな感じに

sin_genba at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック M様邸 | 霧島市隼人の現場

2008年07月21日

M様邸の様子。

現在、外構工事中のM様邸です。


キッチン







赤いキッチンは奥様の憧れ!!
表面仕上の良さで「ヤマハのベリー」になりました!!





子供部屋







子供部屋も机用のカウンターに本棚も付いてます





子供部屋2







こちらは「男の子」さんの部屋??でったと思います。
早く引っ越したいでしょうね





リビング・ダイニング







リビングは畳を切って掘りごたつをセットしてあります。
右に明るい窓がありますが、ここは中庭になってます。


sin_genba at 17:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック M様邸 | 霧島市隼人の現場

T様邸の様子。

家に侵入されたくない物。

それは「白蟻」と「雨」ではないでしょうか??


土壌処理







まず「白蟻」。これは土の中からの侵入がほとんど。よって、基礎の下にバリアを張ります。ここに来た「白蟻」は身の危険を感じて「侵入は危険」と言う信号を仲間に発します。ただ、薬は5年しか効きません。





防蟻処理







バリアをもし破られたら・・・と言うことも考えて木部の処理も行います。
以前は「木部全体」を処理してましたが、白蟻の生態を考えると、上部からの侵入はほとんどありません。(全く無いわけではありません)
よって、木部の地面に近い部分のみの施工になります。





雨仕舞い







さて、雨の侵入も嫌ですね。
イノスのマニュアルによる施工で、雨漏りしそうな場所を防水処理していきます。
これでもか!!ってな具合ですね!!




瓦の下








瓦の下はこんなになってます。十の字に組み合わさってますが、これは侵入した水を外に排水する為。下の木をなくすると安くもなる事ですが、横の木に引っ掛かって水が下へ流れません。特にここ、鹿児島は火山灰が詰ります。(リフォーム現場でその恐るべし状況を見ています。)

で、これで安心です。

sin_genba at 17:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック T様邸2 | 霧島市国分の現場

T様邸業務連絡。

芝








芝2








芝3








芝4








植え込み







これは今日の様子です。
芝は勢い良く生長してます。気を付けないと、埋め尽くします。
軽石の方は暫く、土の中から出てきます。雨水枡周りに芝を植えるか、網を貼るかでしょう。

どちらにしても取り除く作業は出てきます。

植え込みの方は、花が散って「実」になってます。私が行った時は虫はいませんでした。花に寄って来ていたんだと思います。

たぶん、はえやはちに似た「ハナアブ」の一種だったんでは??と思います。

sin_genba at 16:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック T様邸 | 新築の現場

2008年07月16日

M様邸の中。









↑動画です。





玄関







玄関は正面に収納と飾り棚を作りました





和室






和室はシンプルに作ってあります。柱は桧の集成材。
無垢の柱を使わなくなりました





リビング・ダイニング







リビングは洋間に畳を切って入れてあります。
ソファーじゃなー
と言う方には持って来いですね





寝室









寝室は色々と遊んであります。
人形さん用のカウンターが付いてます
床は「タイルカーペット」になってるんですよ!!

sin_genba at 11:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック M様邸 | 霧島市隼人の現場

T様邸の様子(動画)




上棟しました。
天気も良くてよかったです。
これから、台風の季節。コースがそれる様に祈ってます

sin_genba at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック T様邸2 | 霧島市国分の現場

2008年07月12日

T様邸

T様邸の様子です。


建て方







建て方に入りました。
梅雨も明けて、うだるような暑さの中の作業です





剛床







2階床は「剛床」と言って28ミリ合板を敷き詰めます。
これにより「水平剛度」を高めます。面で支えますので、強いです





剛床







これが敷き詰められた状態です。
雨に濡れないようにビニールで被ってあります





小屋組み







2階の床が固まると、その上を建てて、いよいよ屋根を作ります。
日本建築ならではな作業工程です。とりあえず、「屋根」なんですね





屋根仕舞い







今回、吹き付け断熱ですので、下地のシートを垂木下に入れます。
これで屋根の下が「通気層」となり、熱気を外に運んでくれるんですね

sin_genba at 13:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック T様邸2 | 霧島市国分の現場

M様邸




本日は「M様邸」の様子です。
浄化槽工事です。シートパイルを打っての工事となりました。







シートパイル








無振動、無騒音機での打ち込みです






シートパイル2







地盤が弱かったための処置です。
土圧って相当な物で、シートパイル無しでの工事は厳しい状況でした。






シートパイル








浄化槽をセットして引き抜きます。
ヒーローなんですが、あまり表に出ない、控えめな奴なんですね

sin_genba at 13:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック M様邸 | 霧島市隼人の現場

2008年07月05日

M様邸の様子。

クロス貼り工事が始まりました

クロス







クロスの材料はロールで品番毎に送ってきます
各部屋の必要メーター分がロールされてます。





ホルムアルデヒド







シックハウスの事件以来、ホルムアルデヒドなどの、
化学物質が含まれていない材料を使うように、建築基準法が改正され、
住宅の現場でも化学物質を含んだ材料の使用制限がされることになってます。
一般の人にも分かるように「☆☆☆☆」といったフォースターマークの材料は制限を受けなく使える材料という事になります





ルーアマイルド







クロスを貼り付ける「糊」にも制限がかかってきました。接着剤には多くのホルムアルデヒドが使われていましたから・・・・
現在は「ルーアマイルド」と言うフォースターの製品を10年以上前から使っています。過敏症の人は、家に入った瞬間に分かるそうです





クロス貼り







フォースターのクロスをフォースターの糊を使ってフォースターの職人さんが貼っていきます





クロス貼り2








仕上げ工事なので、神経を使います。クロス屋さんは下地が悪くても腕でカバーする人達です。貼るのを見てると感心しますね

来週ぐらいで、中はほとんど出来上がることでしょう。

楽しみです

sin_genba at 14:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック M様邸 | 霧島市隼人の現場

T様邸の様子

T様邸の様子です


スラブ






今回はスラブコンクリート打設です。
コンクリートの水分を乾燥した打設面が吸い取らないように、
散水しながら打設していきます





厚さ







スラブの厚さは180ミリで打設します。
これは強度の問題ではなく、鉄筋の保護の問題です。
鉄筋は空気と水分に触れると腐食します。
地面に直接触れる基礎のかぶり厚さは60ミリ。
120ミリのスラブ厚だとアウト





立ち上がり







スラブを打設したら、立ち上がりを打設します。ここも180ミリで。
これもかぶり厚さの問題です。
ここのかぶり厚さは40ミリ必要です。13ミリの鉄筋が3本重なるような場所では120ミリの厚さはギリギリです。
特に手加工のフック付など、フック部分のかぶりが足りません





立ち上がり2







アルカリ性のコンクリートが酸に弱い鉄筋を保護して、鉄筋コンクリートは成り立っています





浄化槽








基礎が終わりましたので、ついでに浄化槽もセットしました。


sin_genba at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック T様邸2 | 霧島市国分の現場