A様邸

2007年09月01日

A様邸

A様邸はとうとうお引渡しです
このときは、毎回ちょっぴり寂しい気持ちになります

思えば、奈良まで打合わせに行ったりと、物理的に大変でしたが、仕上がりに満足いただいて、嬉しく思います
これからが、長いお付き合いですね


アプローチ







出迎えてくれる門柱もしゃれてます
アプローチは「スロープ」にしました。車椅子でも大丈夫ですね



ホール







ホールでは飾りだながお客様を出迎えてくれます
床はパイン材。無垢材です



トイレ












トイレの手洗いは「龍門司焼き」を使いました
トイレも機能だけではなく、このような和む気使いが必要ですね



クローゼット







寝室のクローゼットです。「ウッドワン」の「エラボ」を組んであります
タンスは無くても大丈夫ですね



薪ストーブ








この家のメインともなる「薪ストーブ」です
鹿児島で何故??と思われるでしょう。温かさもさることながら「火」による癒しでしょうか?
炎は心を落ち着かせるみたいだし、ストーブの調整は時間をゆっくりと感じると思います。

団塊の世代のお客様は忙しい人生を送ってこられたでしょうから、今からはゆったりと過ごしていただきたいと、考えます



リビング







パインの床に、現しの梁。天井は杉の板です。家の中の香りがいいですね。
雰囲気も軟らかく、心が落ち着きます。塗装は柿渋です。
自然素材の家は、人に優しいですね



外







この家に勝手に入れたのも撮影のこの日までです
これからはA様がここで生活を始められます。

遠距離での家造りでしたので、ご心配でした事でしょう。
私達は精一杯の事をやりました

「想像以上です」と言われた言葉が嬉しかったでした

これから目一杯サポートしていきますね

sin_genba at 11:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2007年07月31日

A様邸

A様邸の方も仕上げ工程に入ってきました
ここも、もうすぐ、お引渡しです


クロス








クロス工事進んでいきます
部分的に木を使っているので、あまり目立たないガラとしてあります





リビング








で、仕上がりは、こんな感じです。床は「レッドパイン」に柿渋塗りです。
も少ししたら、色が濃くなります。本物は軟らかいですね。
薪ストーブの雰囲気に合います





外構








外のほうもにぎやかです
天候不良で遅れた分を取り戻そうと、猛暑の中での作業になります





ウッドデッキ









ウッドデッキの組立が始まりました
ラストスパートです

sin_genba at 11:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2007年07月12日

A様邸

本日、A様邸の様子です

キッチン








システムキッチンの組立完了です
これだけすると、問題ないですね。快適です





収納







収納も「ウッドワンのエラボ」を組み込みました
すっきりと収納できそうです





薪ストーブ








建物内部にレンガ積み

これは「薪ストーブ」を置くところ!!です





薪ストーブ2







そして、これが仮置きの状態

なんと「200キロ」もあります

本物は違います

まだ、エントツの組立が残ってます。楽しみです

sin_genba at 19:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2007年07月06日

A様邸

A様邸の様子です


玄関ホール







玄関ホールの状態です。
飾り棚の下地の状況です。
仕上がると別物に見えます





キッチン






キッチン周りです。
吊戸棚が取り付けられました
工事現場で仕上げを予測するのは難しい事です。
よく、工事途中に見られたお客様より「思ったより暗い」とか「狭い」とかのクレームみたいなのが来ます。「仕上がるまで待ってください」で仕上がると「何事もなかったようになります」
途中は、途中です。料理の途中で味見してるようなもの。
我慢強く待ちましょう







薪ストーブ








薪ストーブの設置場所です。
レンガを敷きこんでいきます
楽しみな部分ですね





外観








足場が無くなり、すっきり、くっきりの外観が登場です
この現場は何故か雨に祟られませんでした





sin_genba at 15:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2007年06月28日

A様邸

A様邸です
だいぶ進んでいます。足場解体は目前です


シール







外壁を張り終えて、隙間のシーリング工事です
目地色に合わせて、調合したコーキング剤を充填していきます。バックアッップ材を入れて、プライマーを塗り、作業を進めます





雨どい







次は、雨どいです。屋根面に降った雨を、雨どいで受けて、雨水排水管に導きます。雨量の多い鹿児島には必要不可欠なパーツになります





造作







中の方は、建具関係の取り付けが進み、プラスターボドの取り付けが進んでいます





外壁








これが、足場のある最後の写真となります。次は、足場無しの外観が見れます

sin_genba at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2007年06月23日

A様邸

A様邸です
平屋でありますので、工程のスピードが速いですね



天井断熱







天井の断熱材です。きちんと施工しないと性能は発揮しません
要注意ですね





外壁







外壁のサイディングも16ミリの金具施工です
もうすぐ12ミリ品はJIS規格を外れます
注意しましょう





ガセットプレート







天井に現れたのは「ガセットプレート」です。小屋組みの「剛性」を高めるためのパーツです。
ほとんどの現場では見ないでしょうが、「イノスの家」にはあるのです。
ちょっとした事ですが、あるなしで違いが出ます。地震の時は特にですね





エントツ







これは、薪ストーブのエントツです
もう少しすると、下にストーブがセットされます
楽しみです

sin_genba at 16:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2007年06月20日

A様邸

今日はA様邸の様子です。
天気がいいので外部も予定通りに進んでいきます


軒天








外壁材をタル木下場まで張り上げて、台風時の雨水の浸入を防止します
出来上がると見えなくなるのですが、ちょっとした事で、非常時に効いて来ます




床 1








床は「パイン材」です。無垢材です
仕上げは「柿渋」塗ります。自然素材ですね楽しみです




床 2








貼った後は、傷にならないように「養生」を施します
本物ゆえに、傷つきやすい物でもあります。






天井








吹き抜け天井は杉材を張ってます
全体の仕上げのバランスを色で調整していきます。楽しみです




sin_genba at 18:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2007年06月14日

A様邸

A様邸の様子です
雨に祟られずここまで順調に来ました


勾配天井







リビング勾配天井です
平屋で勾配天井広々と出来ますね





和室







和室の納めですこの辺りになると「技」が必要です





床断熱







サニーライト40ミリ充填です。白蟻防除材にも溶け出さない優れもの
安くてもとけたら「意味ないじゃん!!」ですね





雨仕舞い








外壁の防水下地を突き破るダクト
そこから雨が侵入しないように、防水テープで処理します
細かい作業がちゃんと出来ているか、いないかで「雨漏り」が起こったりするのです
当たり前の事を、ちゃんとやる ですね

sin_genba at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2007年06月09日

A様邸

A様邸の様子です


中の様子








今日の現場は、こんな感じです
もう少しで外壁工事が始まります





検査








そんな中「金物検査」を受けました。補強金物がちゃんと使われているか
乾燥した木が使われているかなどなど
基礎のコンクリート強度試験も行われましたが、設計強度の倍近い「30キロニュートン」を超える数字に検査員の方もびっくり





屋根








屋根の上では、瓦工事が進んでいます
北面は既にかぶせ終わり、南面へと作業は進みます





景色




屋根の上から1枚

桜島がかすんで見えてます
何故か、雨が降りません

sin_genba at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2007年06月06日

A様邸

今日はA様邸の様子です!!お客様の日頃の行いがいいのか?屋根がかぶるまで、雨が降りませんでした。ありがとうございます

補強金物








この家は、構造体が見えます。そこで、こんな感じで、補強をしています





防水







これは、かわらの下の部分です。隙間を防水テープで塞いでいるところが見えますね
このように水が外に外にと行くように、考えて施工しています





ホールダウン








この柱には、地震の時に「14.82キロニュートン」の引抜きの力がかかります。よって、
「20キロニュートン」まで頑張る金物を取り付けてるところです





全景







西側からの全景です。屋根の上では、瓦を葺く準備をしています





エントツ







おや??エントツ??これはサンタさん用ではありません!!薪ストーブ用のエントツです
完成が楽しみです

sin_genba at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック