M・H様邸

2009年06月20日

M・H様邸の様子

今日はM・H様邸の様子です。


玄関タイル














玄関タイルを貼り上がったところです。計画では150角タイルでしたが、300角タイルの豪華版に変更されました!!





玄関のシラス壁














玄関内部もクロスの予定でしたが「シラス壁」になりました。

これは鹿児島が産地の「シラス」でできた塗り壁です。
珪藻土と同じ効果があります。調湿性と消臭性です。

大きな違いは珪藻土が重油を燃やして乾燥させるのと、シラスは天日干しと言う事。
製造もエコな方が良いですよね!!






天井の塗り














天井も塗って行きます。
モデルさんは表情が硬いですね(笑)






リビング














リビングの内装下地まで終わりました!!
後はクロス工事です。





杉板貼り














収納関係の杉板貼りが始まりました。
ここまで来ると大工さんもあと少しです。

仕上げ工事にまっしぐらです!!



にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ
にほんブログ村

↑プチッとご協力お願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらもご覧下さい。

ビカビの家を建てました!!⇒昨年家を建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??⇒私の家の中の温度と外気温がどうなっているか??実況中継です。

ビカビの新建設だより⇒家の事について書いてあります。

不動産ブログ⇒不動産情報です。

新建設の家造り⇒家造りに対する考え方です。

家の建て方⇒家造りの進め方です。

まめ知識⇒ちょっとした工夫で、暮らしが変わり、ここちよく豊かになれるヒントを紹介します。

施工例⇒今まで建てた家です。

お客様の声⇒うちで建てられたお客様からのメッセージです。

スタッフブログ⇒社員・協力会新生会の紹介です。

ネット展示会情報⇒ネットで展示会の情報をお届けしています。

新建設⇒会社のホームページです。

sin_genba at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2009年06月05日

M・H様邸の様子

玄関















玄関のスッキリ納まりです。
分る人には分かる納まりです。
スッキリと見える手法です。





枠材取付














枠材を取付けしています。
洗面片引戸枠取付の様子です。





床下点検孔














床下点検孔の取付です。
気密タイプを使っています。





玄関ホール収納














玄関ホールの収納です。
枠類が付くとクロス下地のプラスターボードを貼って行く事になります。





玄関ポーチ














外では玄関ポーチタイルの下地を作る工事が始まっています。





にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ
にほんブログ村

↑プチッとご協力お願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらもご覧下さい。

ビカビの家を建てました!!⇒昨年家を建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??⇒私の家の中の温度と外気温がどうなっているか??実況中継です。

ビカビの新建設だより⇒家の事について書いてあります。

不動産ブログ⇒不動産情報です。

新建設の家造り⇒家造りに対する考え方です。

家の建て方⇒家造りの進め方です。

まめ知識⇒ちょっとした工夫で、暮らしが変わり、ここちよく豊かになれるヒントを紹介します。

施工例⇒今まで建てた家です。

お客様の声⇒うちで建てられたお客様からのメッセージです。

スタッフブログ⇒社員・協力会新生会の紹介です。

ネット展示会情報⇒ネットで展示会の情報をお届けしています。

新建設⇒会社のホームページです。

sin_genba at 14:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2009年05月23日

M・H様邸の様子!!




↑フォームライトを吹き付けた状況です。

この様に家全体を断熱材で包み込みます。しかも同時に気密化も行いますので、完全な断熱となります。

サッシも遮熱タイプのガラスが入りますので、夏も気持ち良く過ごせると思います。

これから現場は内装材の取り付けに入って行きます!!

sin_genba at 13:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2009年04月25日

M・H様邸の様子。

基礎工事の真っ最中のM・H様邸。雨にもたたられず、順調な工事の進みとなっています。


ベース配筋
















捨てコンの上にスプレーで墨出しして鉄筋を組み立てて行きます。
イノスの家の基礎は一棟一棟構造計算を行っています。よって、鉄筋の入り方が一棟一棟違う。図面を見ながら鉄筋の本数と間隔をチェックしながらの作業になります。






配筋完了
















作業が完成した状況。
図面どおりの施工を確認します。





配筋検査
















次に第三者機関のチェックです。図面を事前に提出してありますので、それをもとにチャックしていきます。
10年間の瑕疵保険の検査です。不合格になる訳には行きません。





コンクリート打設
















検査に合格後、コンクリートを流し込みます。
厚さは18センチ。ここで建物の荷重を受け止めて、地盤に伝えます。
地震の力もここが伝えます。

よって、しっかりと造ってあります。





型枠組立
















コンクリートが固まると、次は基礎の縦の部分のコンクリートを流し込むための枠を作って行きます。この縦の厚さも16センチ。

この厚みはコンクリートの劣化(中性化して鉄筋を錆びさせる。コンクリートは本来アルカリ性である。)により鉄筋を錆びさせることがありうるので、その影響をうけないように十分な厚みを持っているのです。

sin_genba at 16:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2009年04月20日

M・H様邸の様子

やり方







浄化槽のセットが終わりましたので基礎工事に入って行きます。
まずは建物の大きさを実物大で出してあげる「遣り方」を作ります。
建物の壁の位置と高さを出します。
その墨に糸を張るとその糸が壁の真ん中になります。





床堀







やり方より高さを出して、基礎の埋まる部分の土を掘って行きます。
一番下の砂利の部分までの土を敷地外に運びます。





砕石







基礎の一番底の部分には砂利が入ってます。
小さな石がお互いに絡み合い、建物の荷重を地盤に伝える。
砂利で出来た「板」です。
ここは重要なんですが、皆さん鉄筋の事ばかり気にされます。





捨てコン







捨てコンを打設しました。
捨てるコンクリートの事です。
基礎の強度には何の関係の無いコンクリートで厚さは5僂曚鼻
これは、これからの施工性と基礎のコンクリート厚さを均一にする目的で行います。
これの無い現場もあります。
会社の考え方です。





伐採







山の木の伐採が始まった様です。
これが無くなれば、朝日が良く入って来るでしょう!!

sin_genba at 14:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2009年04月03日

M・H様邸の様子

新しい現場が動き出しました。



敷地








でも、これでは入れません。





進入路








こうしておかないと車が入れない。





出入口








この敷地の出入口を作るのが最初の仕事。





仮設水道








仮設の水道です。





浄化槽








浄化槽工事に入りました。

sin_genba at 14:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2009年02月14日

M・H様邸、地鎮祭

今日は、建国記念の日に行われたM・H様邸の地鎮祭の様子です。



地鎮祭の始まり







多くの親戚の方が参加された地鎮祭でした。最初に日枝神社の宮司の上野様より説明があり、式は始ります。





鍬入れ







M・H様が鍬入れをされました。





玉串奉奠







参加者全員が玉串を奉奠。


コタロウ君も。







コタロウ君も玉串を供えました。





神酒拝載!!







式が終わってなおらい。

神酒拝載です。元気良く乾杯しました!!

あとは確認申請などの手続きを行い着工になります。

sin_genba at 11:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック