K・M様邸

2011年11月17日

K・M様邸の様子

2階の建て方になります。立体的になると、建物はでかいですね!!




剛床




2階の床は「剛床」と言って28ミリの合板を敷き詰めていきます。これは水平方向の力に対抗する手段です。
地震や風などの力を横方向から受けた場合、この合板の力で受け止めます。





建て方





床が敷き詰められたら2階部分の建て方になります。床が有る為、大工さんも安全に作業が出来ますね。
秋の空をバックに一枚!!





小屋組み





2階小屋組みを組み立てて、その後に屋根を組み立てて行きます。
棟木が納まったら「棟上」と言う事になります。




屋根仕舞い




白いシートは吹き付け断熱の下地用のシートです。上の板との隙間が「空気層」になって、ここを通って暑くなった空気を外に出していきます。
通気工法ですが、家全体を空気層が通っているんですね!!






雨仕舞い






野地板の上にルーフィングと言う防水シートを貼って行きます。ゴムが入っていて釘などの穴も自分で塞いでくれるような機能が有ります。この状態で雨は下にもれません。
屋根材は防水の機能も有りますが、実際の防水の機能はこのルーフィングがやってくれます。




にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ
にほんブログ村

↑プチッとご協力お願いします。

blogram投票ボタン

↑こちらもよろしくです!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらもご覧下さい。

ビカビの家を建てました!!⇒昨年家を建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??⇒私の家の中の温度と外気温がどうなっているか??実況中継です。(2009.1.4から2010.1.12までの記録です。)

今日の家の中は??2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

ビカビの新建設だより⇒家の事について書いてあります。

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

不動産ブログ⇒不動産情報です。

新建設の家造り⇒家造りに対する考え方です。

家の建て方⇒家造りの進め方です。

まめ知識⇒ちょっとした工夫で、暮らしが変わり、ここちよく豊かになれるヒントを紹介します。

施工例⇒今まで建てた家です。

お客様の声⇒うちで建てられたお客様からのメッセージです。

スタッフブログ⇒社員・協力会新生会の紹介です。

ネット展示会情報⇒ネットで展示会の情報をお届けしています。

新建設⇒会社のホームページです。




sin_genba at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2011年11月01日

K・M様邸の様子

基礎が出来たら、建て方作業に入ります。
建物が立体的に見える瞬間で、一番面白いときでも有ります!!




切込み材搬入





プレカットされた木材が現場に運ばれてきます。この現場は侵入路が狭いために、何度か積み替えての作業になりました。





断熱材





床の断熱材もこの時運ばれてきます。1階の床は建て方をする場面で、断熱材を入れる作業を行います。
1階の床がしっかりとしておけば、作業も安全に行えるわけですね!!





土台敷込





基礎に土台をしっかりと固定していきます。家の荷重は全て「土台」に伝えられて、土台から基礎に伝わっていきます。地震時や台風のときは土台と柱の関係で、土台と柱を引き離そうと言う力も働きます。

押される力と引っ張られる力。その両方に耐えるように固定する。そのためには構造計算で荷重のシュミレーションが必要と言う訳ですね!!





足場





土台を固定と同時に、先行足場を組立ます。高所作業では足場が有るのと無いのでは、安全がまるで違ってきます。シートベルトをしてるかしてないかぐらいの差でしょうかね??







軸組み





足場が組まれた後は1階部分の構造体を組み立てていきます。
いよいよ立体で建物が見えてきます。図面の二次元の世界から、三次元の世界へ!!
我々は想像できる事なんですが。一般の方はここで大きさにびっくりすることが多いですね(笑)

安全に作業は進んで行きます!!




にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ
にほんブログ村

↑プチッとご協力お願いします。

blogram投票ボタン

↑こちらもよろしくです!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらもご覧下さい。

ビカビの家を建てました!!⇒昨年家を建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??⇒私の家の中の温度と外気温がどうなっているか??実況中継です。(2009.1.4から2010.1.12までの記録です。)

今日の家の中は??2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

ビカビの新建設だより⇒家の事について書いてあります。

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

不動産ブログ⇒不動産情報です。

新建設の家造り⇒家造りに対する考え方です。

家の建て方⇒家造りの進め方です。

まめ知識⇒ちょっとした工夫で、暮らしが変わり、ここちよく豊かになれるヒントを紹介します。

施工例⇒今まで建てた家です。

お客様の声⇒うちで建てられたお客様からのメッセージです。

スタッフブログ⇒社員・協力会新生会の紹介です。

ネット展示会情報⇒ネットで展示会の情報をお届けしています。

新建設⇒会社のホームページです。




sin_genba at 10:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック

2011年10月31日

K・M様邸の様子

新しい現場が始まっています!!

最近、更新をサボっていますね(汗)

年内完成予定物件です。



土壌処理





地盤調査を行い、やり方を出して、砕石を入れた後に「土壌処理」を行います。これは白蟻をガードするバリアを地中に作る作業です。

地下から侵入してくる白蟻は「暗黒の住者」とも言われています。早期発見と予防が肝心ですね!!





配筋





鉄筋を設計通りに並べて行き、検査を受けてコンクリートを流します。

鉄筋とコンクリートは相性が良く、よって鉄筋コンクリートなる構造が成立します。コンクリートはアルカリ性で、鉄筋の酸化を防止します。ところがかぶり厚さが不足すると、中の鉄筋がさびて、予定の強度が出ないなんて事になりかねません。寸法通りの配筋はもちろん、鉄筋と型枠との隙間もチャックをしないといけません。





基礎型枠





型枠はコンクリートの厚さを均一にするために使われます。厚さがバラバラだと、細いところに応力が集中して壊れやすくなる!!それを避けるため。それと鉄筋のかぶり厚さをしっかりと確保するためでも有ります。





基礎対角





型枠を解体して、墨を出したら、最後に確認を行います。
基礎がちゃんと出来ているかを「対角線」を測って、確認します。これで間違いが無い事を確認して、上部の構造体をくみ上げていく訳です!!





完成






基礎の完成です。

いよいよ、建物が組み立てられますね!!




にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ
にほんブログ村

↑プチッとご協力お願いします。

blogram投票ボタン

↑こちらもよろしくです!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらもご覧下さい。

ビカビの家を建てました!!⇒昨年家を建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??⇒私の家の中の温度と外気温がどうなっているか??実況中継です。(2009.1.4から2010.1.12までの記録です。)

今日の家の中は??2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

ビカビの新建設だより⇒家の事について書いてあります。

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

不動産ブログ⇒不動産情報です。

新建設の家造り⇒家造りに対する考え方です。

家の建て方⇒家造りの進め方です。

まめ知識⇒ちょっとした工夫で、暮らしが変わり、ここちよく豊かになれるヒントを紹介します。

施工例⇒今まで建てた家です。

お客様の声⇒うちで建てられたお客様からのメッセージです。

スタッフブログ⇒社員・協力会新生会の紹介です。

ネット展示会情報⇒ネットで展示会の情報をお届けしています。

新建設⇒会社のホームページです。



sin_genba at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック