ゲームときどき徹ゲーのち寝不足Re!

ゲーム関係を中心にその他色々です。 プレイ日記:ドラゴンズドグマオンライン

2016年02月

そんなわけで本日は久しぶりの「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」のプレイ日記です。

前回 は鍛冶屋の子孫のゆきのへが町にやってきたところでしたね。
ゆきのへさんのおかげで高度な金属も錬成可能になりました。

で、砦の強化のために火をふく石像が必要になりました。
火をふく石像はピラミッドの中にあるそうなので早速行ってみました。

DQB3-1


はい、そんなわけでピラミッドの最深部には大きな広間があり、火をふく石像がありました。

ちなみにピラミッドの内部の壁は基本的に壊すことが出来ないのですが、
この奥の間に行くまでの通路で破壊可能な壁もありますので壊してその先に進むと
落下ダメージが向こうになる素晴らしいアイテム「メルキドブーツ」が手に入りますよ~♪

広間には何人かのNPCがいたので話してみたのですが・・・


DQB3-2


え~っと・・・なんか魔物崇拝の邪教カルト集団みたいな・・・
この人たちの崇めている石像を回収しに来たんだけどこれは露骨になんかありそう。

とにもかくにも新たに作成が可能になった「おおかなづち」で石像を破壊&取得すると
NPC達がいきなりえらい強い魔物になりましたので大慌てで逃げ出して
ピラミッドの入り口をブロックで塞いじゃいました。

あんまりにもビックリしたのでSSを取る暇も無かったのです・・・

火をふく石像は前方にプレイヤー or モンスターがいると火をふくトラップです。
そちらと石垣&トゲでほとんどの敵は勝手に死んで行くようになりました。

で、あれよあれよという間にストーリーは進んでいき3つ目の旅の扉をゲット!

早速行ってみると「ばくだんいわ」がゴロゴロいましたよ!
今作でも他シリーズ同様にメガンテをぶっ放してきますので実に恐ろしい存在・・・
ちなみに今作でのメガンテについてはモンスターデータベースでご確認ください。

そのまま探検をしていると自分で「悪いスライムだよ」と言っているスライムを発見。
早速話しかけてみましょう。

DQB3-3


ん?んん~?
あ~、なるほど。どうやら人間と仲良くしたいスライムみたいです。

そりゃモンスター側の認識としては悪いスライムになりますよね。
この会話後にスラタンをいじめているスライム達と戦闘になりました。

戦闘後は・・・

DQB3-4

行き場所の無いスラタンを町に招待して町の住人になりました。

そしてその後もトントンと話が進んでいきます。
メルキドが壊滅した直接の原因がゴーレムにあったとか、
りゅうおうぐんの侵略に対してメルキドシールドという絶対防衛城壁の作成を依頼され、
そのメルキドシールドを作るためにゴーレム岩が必要で、
ゴーレム岩を持っているストーンマン大を倒すために「ばくだんいし」を素材とした魔法の玉を作ったり、
なんやかんやとしていると・・・

ついにやってきました・・・


DQB3-5


やってきましたメルキド編のボスの「ゴーレム」さんです!
ま、ゴーレム戦に備えて町の周りを全て破壊不可能な最強城壁メルキドシールドで
周囲を完全に囲っているの少しも怖くありません! 

(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!



ま、マジですか・・・
ゴーレムの登場と同時に町の範囲以外に置いてあった物が全て無くなっていました・・・orz

さてメルキドでの最終戦は続きからどうぞ!

 続きを読む

というわけで先日購入した「戦場のヴァルキュリア リマスター」に付属の体験版をDLしました。

今回付属していた「蒼き革命のヴァルキュリア」の体験版を早速プレイしてみました。

SSも取ろうかと思ったのですが今回の体験版ではシェアが不可だったのでSSはなしです。
あったほうが色々と説明しやすいんですけどこればっかりは仕方が無いですね。

体験場でプレイ出来るのはチュートリアルとトライアルステージの2つ。

とりあえず両方ともサクッとプレイしてみました。

う~ん・・・

現時点での率直な感想をまず一言。


正直微妙!

100点満点中の60点くらい!


まだ体験版の第一弾だのでこれからに期待したいところではありますが・・・
現状のままだとかなりのガッカリゲーになりそう・・・

続きましてちょっと詳細なレビューというか感想みたいなものを書いてきます。

グラフィックに関しては戦場のヴァルキュリアの水彩っぽい感じです。
個人的にこのタッチのグラフィックはかなり好きなので結構良い感じで遊べそう。

戦闘システムは戦場のヴァルキュリアの「BLiTZ」と最近のテイルズシリーズの間の子みたいな感じ。

戦場のヴァルキュリアのようにマップの中を動き回るパートとテイルズのような戦闘のパートに分かれます。
んっと、とりあえず前者を戦術パート、後者を戦闘パートと仮称します。

戦術パートでは戦場のヴァルキュリアと同じように戦場を歩きまわれ、
敵に発見されると銃撃の雨が飛んできます、当然こちらからも銃での応戦も可能です。
こちらの銃での攻撃は雀の涙程度のダメージで遠距離攻撃だけで倒すのは厳しいと思います。

戦術パートでの役割はどちらかというと戦闘パートを有利に進める為の下ごしらえって感じです。

主な流れは戦術パートで敵を見つける➜銃などで先制攻撃➜敵に近付く➜戦闘パートへ

基本的に上記の流れでゲームが進んできます。
今作では感情というシステムがあり、その感情をうまく使って戦闘を有利に進めていくってことになります。

現時点で分かっているだけで感情は全部で4種類。

1.驚き:一時的な隙が出来ます。
2.焦り:焦り状態中は攻撃頻度や行動が極端に少なくなります。
3.決意:防御力が上がり、防御行動が増えます。
4.怒り:攻撃力が上がり、防御力が下がります。

敵に視認される前に射撃や煙幕弾を当てると敵兵は驚きや焦り状態に陥ります。
驚きや焦り状態中の相手に一気に近づき戦闘パートに入ると有利な状況で戦闘を開始できるので
可能な限り先制攻撃をして有利な状態で戦闘パートに移るのがベターでしょうね。

戦闘パートのほうは最近のテイルズシリーズに近いです。
敵兵に近付くと戦闘エリアが展開されてそのエリア内の敵を殲滅するまで外には出られないみたい。
ちなみに戦闘はほぼ常に他対一を強いられる上に味方は敵と比べるとかなり撃たれ弱いので
結構な頻度で戦闘不能に陥っちゃいます。
しかしながら戦闘不能状態の味方に近付けば直ぐに蘇生可能なのでそれほど気にしなくても良いかな。

戦闘パートでは弱攻撃、強攻撃に加えて魔法みたいなものが使えます。
で、これがまた実にテイルズの戦闘によく似ているんですよね~。
術を使うと術に応じて術ゲージが減少し、弱攻撃を当てることで術ゲージが回復していきます。

で、私が一番微妙だと感じたのがまさにこの流れなんですよね。
正直に言ってこの流れのテンポが悪く、また結局どういう遊びを提供したいのかが分からない。

戦術パート部はどちらかというとTPS、戦闘パートは最近のRPG風。
現時点では前者と後者が独立しているように感じてしまいます。

戦術パートで先制攻撃を仕掛けて敵を焦り状態にするまでは良いんですけど、
焦り状態にした後で敵兵たちの所へトコトコと近付いて戦闘パートを開始。
全体を通して見ると全然奇襲っぽくないんですよね~・・・

トコトコと近付いていく部分をもっとスピーディーに出来たら良いんだけどな~。
戦術パートにフリーダムウォーズの茨アクションみたいに一気に敵に近付ける選択肢があると良さそう。

後は戦術パート時にも一応射撃で攻撃できるので出来ればもっと射撃戦でも戦える方が嬉しいかも。
戦場のヴァルキュリア風の戦闘とテイルズ風の戦闘のどちらで戦ってもOKになると2種類の楽しみ方が
出来て一粒で二度美味しいみたいなお得感がちょっと欲しいですかね。


何にしてもまだ一番最初の体験版なのでこれからに期待したいと思います。
とりあえず現時点の評価としてはグラフィックだけは良い微妙かつ中途半端なゲームって感じです。 

夏ごろに体験版の第二弾が来るそうなのでそちらに期待しましょうかね。 

こちらの記事は「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」の
モンスター別のアイテムや特徴などのデータをつらつらと書いていきます。

一応種族ごとに分けてあります。
種族に関してはドラクエモンスターズ等の種族を参照しました。

随時更新していきます。


続きを読む

来月発売のとあるコンプリートCDボックスの予約にいつものお店に行きました。

うん…あれですね。
今日は財布にお金が割りと入っていたのがいけなかったですね。

新作何か無かったかな~とブラブラしていたら見つけてしまったのが運のつき…

そんなわけでやりたいゲームが山ほどあるのに買っちゃいました。

DSC_0526



>PS3の名作「戦場のヴァルキュリア」のPS4リマスター版です。
いやー、ほんとやっちまったな~…って感じです…

DDONにドラクエビルダーズ…さらに戦場のヴァルキュリア リマスター…

うーん、マジで時間が足りなくなりそうです…

とりあえず戦場のヴァルキュリア リマスターに付属している「蒼き革命のヴァルキュリア」の体験版の感想を近々アップしようと思います。

とりあえず本日はこの辺で~


そんなわけで本日は良い天気&前日、前々日の雪が降っていました。


DSC_0525


というわけで、絶好のスノボ日和でした!
朝一に速攻で支度して車に乗り込んでレッツラゴー!

去年の5月末から冬場のスノボの為に車もスズキのKeiからホンダのシャトルに買い換えました。
いや、まぁ、Keiのほうは10年近く乗っていたので寿命だったってのもあるんですけどね。

今季は暖冬で雪がほとんど降らなくて全然スノボにいけていなかったので今日は何としても行きたかった・・・
さすがに今季初のスノボだったので最初は体がなまっていたんですけど、
しばらく滑ると大分感覚が戻ってきたのかターンとオーリーがずいぶん安定してきました。
大分安定してきたのでその勢いで頂上まで行ってきました。

DSC_0524


ここのスキー場は日本海ががっつり見えるのでこういう天気が良い日は本当に良い光景なのです。

そんなわけで今季初のスノボを3時間ほどで満喫してきました。
体力の限界まで滑って怪我をするのは嫌ですし、
絶好のスキー&スノボ日和で人もかなり増えてきて滑りにくくなっていましたしね。

にしても・・・
1年ぶりのスノボはやっぱり疲れますね~。

今も体中が地味に痛くて大変です・・・

今季はあと何回滑りに行けるかな~・・・
今から次回が楽しみです。 

このページのトップヘ