12日夜、多くの国民は生涯忘れられない経験をした。
lkkj

  東日本大地震が触発した慶州地震  中央日報

 地面と建物が揺れる、珍しく恐ろしい経験だった。パニック映画の素材や他国の話と思ってい た地震が予想外の大きな規模で発生したのだ。この日午後8時32分に発生したマグニチュード(M)5.8の慶州地震は韓半島(朝鮮半島)地震記録の新たな 里程標となった。その後も数百回の小さな余震が続いていたが、19日夜の同じ時間にまたM4.5の強い余震が発生した。政府の未熟な対応もあり、多くの国 民が地震のトラウマに苦しんでいる。

  慶州地震は政府が公式に地震観測を始めた1978年以降、最も大きな地震だ。地震は北北東-南南西に発達した垂直断層が地下12キロ で水平にずれる走向移動断層で発生した。ここは活性かどうかをめぐり多くの論争が続いてきた梁山断層帯に属し、特に注目される。多くの地震は地球の表面を 覆っているプレートが絶えず動きながら互いに押し合う過程で生じる。環太平洋火山帯で火山の噴火と地震が多いのも、それだけ多くのプレートがぶつかる境界 地点であるからだ。

  幸い、韓半島はユーラシアプレートの端にあり、相対的に地震安全地帯といえる。プレートの境界部に位置する日本と比較すると地震発生 周期が長く、規模も小さい方だ。しかしあくまで「相対的」だ。韓半島の地殻には、日本が位置するプレートの境界部から小さいが絶えず圧縮力が流入してたま る。このような力(応力)が長期間たまれば地殻を動かしたりねじったりして中大型地震が発生する。ところが韓半島の地殻にはいくつかの亀裂(断層)があ る。断層ごとに耐えることができる応力の限界値が異なり、これに比例して発生可能な最大地震規模も変わる。したがって韓半島で観測される中大型地震は特定 地域に集中的に発生するよりもあちこちで観測され、各地震の発生時期もそれぞれ異なる。

  しかし今回の慶州地震は一般的な傾向と違う特徴があった。地震観測以来、韓半島でM5以上の地震が発生したのは計9回にすぎない。し かし7月5日のM5の蔚山(ウルサン)沖地震から2カ月間に3回の強震が相次いで発生した。特に慶州地域だけで2回連続で発生した。また慶州地震は規模を 考慮すると、断層面上で10センチほどの地殻移動と8キロ前後の地割れが予想された。しかし断層面が垂直あるいは水平に移動して表れる地割れは見られな かった。また本震の前にM5.1の前震が48分の時間差で発生した。この2つの地震が同一断層で発生したかどうかは精密分析による確認が必要だ。地震を誘 発した断層がこれまで知られていた断層の一つなのか、それとも知られていない断層かも確認が必要だ。      
   

  以前にはほとんど見られなかった異例の連鎖地震は韓半島の地殻内で発生した応力環境変 化に原因を探すことができる。2011年の東日本大地震で韓半島の地殻が大きな影響を受け、いくつかの地域で一気に応力臨界値に到達したと分析される。実 際、東日本大地震後、韓半島の地震発生頻度が急増した。2013年には西海(ソヘ、黄海)の保寧(ボリョン)沖とペクリョン島沖で地震が集中的に発生し た。慶州地震を含む連鎖的な地震の発生は、いくつかの地域で応力が臨界値に到達したことを意味する。

  幸い、今回の地震は規模に比べて被害が相対的に少ない方だった。これは地震による地割れがなく、地震波エネルギーが比較的弱く発散さ れる断層面の軸近くに慶州市があるからだ。しかし歴史の記録を見ると、慶州では何度か大きな地震被害が生じている。今後さらに大きな地震が発生し、莫大な 被害をもたらす可能性も排除できない。また応力臨界値に達した韓半島内の別の地域で中大型地震が発生する可能性もある。

  地震被害を減らすには地表の下を知る必要がある。韓半島の地殻に散在する断層の位置と大きさ、活性かどうかに対する調査が急がれる。

  まず総延長170キロにのぼる梁山断層が活性かどうかを確認し、梁山断層周辺にのびる数十の大小の支断層も点検しなければいけない。 また、今回の地震のように地割れを誘発しなかった地震に対する深い分析も要求される。今までの活性断層研究は地表断層に集中した調査だったなら、今後は地 表の下に隠れた断層まで範囲を拡張する必要がある。また災難関連主務部処である国民安全処のより洗練・専門化された地震対応と迅速な国民への災難情報サー ビスの改善が求められる。長期にわたる着実な科学的な努力だけが地震から安全な大韓民国をつくるはずだ。 


日本ではまぁまぁ大きいね!って言うレベルの地震が、韓国では国を揺るがす上へ下への大騒ぎ
韓国って大きい地震がほとんど起きない平和な国だったということですね

奇跡的に犠牲者が出なかったのが不幸中の幸いですが、これを気に地震への警戒を強めてほしいですね