ヴォーカリスト斉藤絵美のOfficial Blog

ヴォーカリスト斉藤絵美のコンサートのご案内や、毎日の出来事について

2008年05月

今日は、友人の、ビーズ教室の講師をしている辻千代さんの、生徒さんの作品展示販売会がありました。沼津のさんさんホールというところです。どの作品も、綺麗で繊細で、手をかけた素晴らしい作品で、見ているだけでも楽しかったです。どれもこれも欲しくなってしまいました ...

いよいよと言っても、本番は7月12日なので、まだまだなのですが、実は今日、東京のプロデューサーから、パリ祭の構成案やコーラスの譜面や音源が送られてきました。これが送られてくると、私の中では、いよいよだぞ!という良い緊張感が高まってきます。一つのイベントを ...

実はうちの家業は看板制作会社ですが、会社の作業場の中に、毎年この時期になると、ツバメが巣を作るのです。何年それが続いているのか忘れるくらい、毎年毎年、決まった場所なのです。今年も巣をつくり、最近なんと卵がかえって、かわいい赤ちゃんツバメのもとに、親がせっ ...

暑くなってきました夏を感じるこの頃です。 さて、きのうは6月11日、銀座の十字屋ホールで行われる「あなたとランデヴー」というコンサートのリハーサルで、東京に行ってきました。私は2部の17時より出演します。 今回は師匠の堀内環先生と、門下の方々と一緒に出演 ...

今日は、「国際ソロプチミスト駿河」の認証30周年記念式典でしたが、式典も祝宴会も無事に終了しました。朝8時から沼津東急ホテルにつめて、準備に追われました。私は先輩の方々と一緒に受け付けの係りと、式典での記念品贈呈の補佐をさせて頂きました。受け付けでは、そ ...

最近、「国際ソロプチミスト駿河」という職業を持つ女性で構成されるボランティア団体に入会させて頂きました。親戚が会員で、そんなご縁でなのですが、私のような若輩が入ってはいけない!と思っていまして、お誘いをずっとお断りさせていただいてました。でも、色々思うと ...

今日はある団体のレセプションがありました。そのご報告は明日のブログにて・・・今週はその団体関係のイベントが目白押しで、超多忙になります。ゆえに、今夜は早く休んでエネルギーをためておかないと・・・詳細は明日ね!おやすみなさい ...

茶色の小瓶で歌ってきました。ここ数ヶ月、毎月聴きにきてくださるお客様がいて、本当に嬉しいし有難いです。いつも思うのは、お客様は神様です!お客様が多くても少なくても、たとえお一人でも、聴いてくださる方のために、一生懸命歌いたいと思います。来月も頑張りまーす ...

今日は雨ですでも庭の木々は嬉しそう さて、今日は三島市広小路にあります「茶色の小瓶」のライヴに出演します!8:00〜と9:00〜の2ステージです。お食事も美味しいパブですよ。是非お出かけくださいね〜!お待ちしていまーす詳細は私のホームページを見てね〜! ...

今日はラジオ番組の収録がありました。三島市のボイス・キューという放送局のラジオ番組の中で、衆議院議員の斉藤としつぐさんの番組があって、地元で色々活躍している人を紹介するというコーナーで、ご縁あって出演させて頂きました。実は本来主役は私ではなく、今年4月 ...

先週、公私ともども忙しくて、その所為か、疲れが顔の炎症となって出てしまって、今日は一日寝ていようかと思いましたが、家族も出かけてしまったし、食事の支度もおっくうになって、思い立って、御殿場の「くいしん坊五味」というレストランにランチに行ってきました。ここ ...

一週間後に迫った、「OKURAギャラリー」でのライヴですが、事前に頼んでおけば、御殿場のケーブルテレビさんが取材に来てくださり、後日、ライヴの様子を放映してくださる旨を、OKURAギャラリーのオーナーの辻川公子さんが教えてくださったのに、私ときたら、ケー ...

中国の大地震、推定死者が5万人超・・・何という悲劇でしょう・・・今回は学校の校舎が倒壊し、たくさんの子供達が被害にあって・・・高校生の娘がいる母親としては、本当にせつないです。日本の援助隊がついに現地に向かいましたね。こんな悲劇、世界のどこにも起きて欲し ...

最近なぜか、交通事故直後に遭遇することが多くて、これは、「運転に気をつけなさい」と、神様が教えてくれてるのかな、と思ったりします。事故後といっても、人身事故のような大きな事故ではないので、まだ救われますが・・・。それにしても、明日はわが身にならないように ...

7月12日に出演させて頂きます「沼津パリ祭」の私のソロ曲が決まりました。私は、「ジャック・ブレル特集」のところで歌わせて頂きますが、曲目は・・・当日のお楽しみにね!ジャック・ブレルはベルギー人ですが、偉大なるシャンソ歌手であり、今でいうシンガー・ソング・ ...

このページのトップヘ