当ブログで格安機材を紹介はしてますが、そもそも機材を買うほど勇気のない方やお試しでやってみた上で機材を買いたいという人も多いと思います。
そんな方のために、ユーザーが多そうなiPhoneで手軽に歌ってみたの録音ができる方法を紹介します。

まずは必要なもの。
  • iPhone (マイクになります)
  • PC版iTunes (ファイルの受け渡しに必要)
  • iOS版GarageBand (録音するために必要)
  • 歌ってみたい歌のカラオケ (事前に探しておいてください)
とりあえずこれだけでできます。

iPhoneを持ってるということはiTunesでデータの同期をしてると思いますが、そもそもデータ同期してないとかPCすら持ってないという人はここでギブアップです。
PCは持ってるけどiTunesをインストールしてない方は、以下のリンクからiTunesをダウンロード&インストールをしてください。

iTunes - iTunesを今すぐダウンロード - Apple(日本)

まずはiTunesインストールして使えるようにしておきます。
次にiPhoneの方にiOS版GarageBandをインストールします。
大体の人はiPhone購入時にiOS版GarageBandを無料で手に入れてるはずなのでお金はかかりませんが、手に入れてない方は600円でアプリを買ってください。まあ本気の機材買うより安いので、そこは我慢してもらいたいです。

GarageBandを App Store で
iOSのためのGarageBand

GarageBandをiPhoneにインストールが終わったら準備完了です。
以下を参考にカラオケの曲ファイルをiPhoneに転送していきましょう。

GarageBand for iOS 2.0.x (iPad): GarageBand の曲を送信する

文章だけだとわかりづらいので画像で説明していきます。

まずはPCでiTunesを起動します。起動したらiPhoneとPCをLightningケーブルで接続します。
PCと接続できたらiTunesの左上の四角いiPhoneボタンを押します。

Menubar

押すとiPhoneの接続情報が表示されるので左側のAppの項目をクリック。

iTunes

クリックしたら画面をスクロールさせていき、ファイル共有の項目にある左側スペースのAppの中からGarageBandを探してクリックしてください。そうすると右側スペースのGarageBandの書類の項目が表示されますので、そこにカラオケファイルをドラッグ&ドロップします。これでiPhoneにカラオケファイルがコピーされました。

iTunes-1

続いてiPhoneにあるiOS版GarageBandを起動します。起動したらAudioRecorderをタップ。

IMG_1919

トラックが作られるので続いて左上の切り替えボタンをタップします。

IMG_1922

そのままだと曲全体が再生されない(デフォルトで8小節分しか表示されない)ので右上のプラスボタンを押し適当な長さの小節数を入力します。 

IMG_1924-1

IMG_1926

IMG_1927

右上に輪っかのマークがあるのでそこを押し切り替わった画面の上部にあるファイルの表示をタップするとコピーしたカラオケファイルがありますので、そのファイルを長押し。これでカラオケファイルが読み込めました。

IMG_1924

IMG_1925

カラオケファイルが読み込まれました。そのまま録音用のボーカルトラックを作りますので、左下のプラスボタンをタップ。さらにAudioRecorderをタップします。

IMG_1928

テンポがわかってる場合はメトロノームにテンポ設定しておくと便利ですが、今回は詳しく説明しません。まずはメトロノームをタップしてオフに。空のトラックをタップして選択しておいたまま上の赤丸ボタンで録音が開始されます。
注意してほしいのが録音するトラックを間違えるとカラオケトラックに録音されてしまうので気をつけてください。

IMG_1931

録音ができたらMIX師に依頼すると思います。そのために書き出しをするので、まずはカラオケのトラックを削除。

IMG_1932-1

カラオケトラックが削除できたら左上の逆三角をタップしてMy Songsをタップ。今回録音したソングを選択して書き出しします。

IMG_1933

IMG_1934

左上の四角をタップするとメニューが出てきますので、その中のiTunesを選びます。

IMG_1935

曲をタップ、オーディオの品質で非圧縮を選んでタップしていきます。

IMG_1936

IMG_1937

送信ボタンを押すとiPhoneにボーカルファイルが保存されるので、iTunesでボーカルファイルをPCに保存します。ケーブルとPCでiPhoneをつないでiTunesを起動、先ほどと同じようにGarageBandの書類を選べるようにします。
後は今回録音した名前のファイルを選び保存します。

iTunes-2

以上ですべての作業は完了です。お疲れ様でした。

初めてやるひとにはわかりづらいですが、慣れてしまえば簡単だと思います。
この状態ならMIX師にファイルを送っても大丈夫だと思いますし、とりあえずやってみたいけどという人にはいいんじゃないでしょうか。