C754_mixer_TP_V



MIX師に依頼するのめんどくさいっていう人やMIX師になってみたいという向けの必要な物を紹介してみます。

  1. パソコン
    スペックは可能な限り高性能なものを用意します。MIXはCPUの負荷が大きいエフェクトをたくさん使うことになるので、その負荷に耐えられるパソコンのスペックでないと何かと不便です。具体的には再生しても音飛びしてまともに曲が聞けない状態でMIXしないといけなくなります。

  2. DAW
    有名なDAWで付属のプラグインエフェクトが多めのソフトがオススメです。だいたいの場合はそのDAWの最上位のバージョンがいいと思います。もちろん安いものでもいいのですが、最低限VSTエフェクトが使えるDAWは必須と思ってください。

  3. オーディオインターフェース
    必須です。再生時のノイズが乗りにくく、CPUの負荷を緩和させるために必要。入力数は多くなくてかまいません。ただしASIOという規格に対応しているオーディオインターフェースにしましょう。

  4. モニターヘッドホン
    必須です。ヘッドホンは音のバランス取りに役に立ちます。集中して曲を聞くためにもヘッドホンを使ってのMIXをおすすめします。

  5. モニタースピーカー
    こちらはあると便利。本当はあったほうがいいと思いますが、ヘッドホンだけでMIXしてる人もたくさんいます。ヘッドホンと同じくバランス取りに使いますが、ヘッドホンと違い音の広がりを確認できます。

  6. プラグインエフェクト
    DAW付属のプラグインでも構いませんが、自分の考えてる音に近づけたり時間の短縮をするために個別のプラグインエフェクトを購入します。

  7. 根気
    ガチでめんどくさい作業の連続です。それでいてMIX師はチヤホヤされません。それでもMIXするのは需要があるからということと、やり遂げた感が半端ではないからです。歌い手さんにも感謝されます。

  8. 予算
    MIXは初期投資が結構かかります。もちろん格安のシステムが作れないわけではありませんが、かなりの制限をもったままMIXをしなくてはいけなくなります。予算があるならある程度楽にMIXできる環境を作りたいです。そのほうがモチベーションを保つことができます。
個人的には予算とかの都合さえ付けば、MIXは誰でもできると思ってます。ただ、敷居が高く何をしていいかわからないというのが現実です。中の人はできるだけ自分の持ってる情報やノウハウを伝えられればいいなと思ってます。歌い手さんもどういうことをMIX師がやってるかがわかると、依頼する時に具体的にやってほしいことを言える様になるのでMIXの勉強してもらえたらいいなと思います。