2010年05月11日

好きになる・・・

随分意味深なタイトルですが、6月の合唱団Mの演奏会へ向けて、目下鈴木輝昭先生の『はだか』を練習しておるところですが、日曜日はO先生の練習で『はだか』を中心に練習したのですが、これはなかなか面白いことになるのではないか…と。練習していて感じました。中高生、または大学生と比較的若い世代に歌われることの多いこの作品を大人が歌うとどうなるのか…。合唱団Mが歌えば、きっと中高生や大学生が歌うそれよりももっと純粋で瑞々しい演奏が出来るのではないかなぁと僕は勝手に(笑)思っています。

テンポが早くリズミックナ部分は声を縦の方向に響きのポイントに入った声を使い、レガートな部分は素直な響きで作為的ではない響きを使ったり…と、歌詞によって歌い分けること、声色や音色を変化させて多様な表現を追求しております。コンクールで聴くと正直何が良いのか分からなかった作品が少しずつ自分の体に入っていくことは何だか嬉しいことです。少しずつこの作品を好きになっている…、そんな気がします。

東京に居た時は「好き嫌いで音楽をするな」と良く言われました。確かにその通りで今でもそのスタンスは僕は変わらないです。何でも歌えるようになりたいですからね。『はだか』を好きになると言うのはちょっと違うのかもしれませんが、けれど、正直自分の体になかなか入ってくれなかった作品が少しずつ、その真の姿(語弊はありますけどね)を見せてくれた時に音楽をやっていて良かったと思えてくるものだと思います。やはり何でも良いから、そのとき出来ることを真摯にやることって大切なこと、素晴らしい経験になるのです。

例えばバッハの音楽が好きだからバッハの音楽しか聴かない、演奏しないと言うのではいけない。ヴィクトリアもモンテヴェルディもモーツァルトもベートーヴェンもメンデルスゾーンもシューベルトもワーグナーもブラームスもブルックナーもラヴェルもシェーンベルクもシュトラウスもガーシュインもメシアンも武満も三善晃も…ひいてはポップスも民俗音楽も聴いてみるべきなのです。そして可能であれば演奏すべきなのです。そうしていく中でバッハの素晴らしさが初めて真に認識される筈だと思うのです。

もっと言えばバッハのモテット『Singet dem Herrn ein neues Lied BWV225』の素晴らしさは確かにその作品自体を聴き歌えば、素晴らしさは認識できるけれど、でもマタイやヨハネ受難曲、ロ短調ミサにクリオラ、そして平均律クラヴィーアやゴルトベルクを始めてする鍵盤の作品、バイオリンやピアノによるパルティータ、ブランデンブルクやピアノ協奏曲、そして数々のカンタータ。これらを知ることにより、更にモテットの素晴らしさがより深く認識されるはずなのです。

こう言う入り込んだ認識、ある意味より好きになっていく過程が大切なのだと思います。しかし『はだか』。少しずつ体に入ってきたかな…。どうか良い音楽となりますように…。聴いてくださる人達に楽しんでもらうために、集中していけたら…と思います(^^)。

singet225 at 00:02コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

singet225

グレです。どうも。岐阜県岐阜市在住で、会社に勤めながら週に一度か二度、合唱団Mで歌っております。歌を歌うこと、音楽をすることが自分が生きていると思えると言うのか、音楽と言うのはそれ程に大切なものです。

好きな音楽作品は、マショーの「ノートルダム・ミサ」、デュファイの「Missa Ave Regina Coelorum」、ジョスカンの「ミサ・パンジェ・リングァ」、パレストリーナの「教皇マルチェスのミサ」、「Sicut cervus」、「Super flumina Babylonis」、バードの「ミサ曲(3声)」、ジャヌカンの「鳥の歌」、シュッツの「Cantiones Sacrae」、「クリスマス・オラトリオ」、モンテヴェルディの「ヴェスプロ」、「マドリガーレ」、パーセルの「ディドーとエネアス」、ブクステフーデの「連作カンタータ Membra Jesu nostri」、バッハの「モテット」、「マタイ受難曲」、「ヨハネ受難曲」、「ロ短調ミサ」、「ゴルトベルク変奏曲」、「平均律クラヴィーア」、「ブランデンブルク協奏曲」。ヘンデルの「メサイア」、「ジュリオ・チェーザレ」、「エジプトのイスラエル人」。ハイドンの「天地創造」、「四季」、「交響曲第104番 ロンドン」。モーツァルトの「Ave verum corpus K.618」、「レクイエム」、「ヴェスペレ」、「ミサ曲ハ短調」、「交響曲第1番、25番、39番、40番、41番」、「魔笛」。ベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」、「第九」、「運命」、「交響曲第7番」、「合唱幻想曲」、「ピアノ・ソナタ8番、29番」、「アデライーデ」。メンデルスゾーンの「エリア」、「聖パウロ」、「交響曲第3番」、「真夏の夜の夢」、シューベルトの「美しき水車小屋の娘」、「冬の旅」、「ミサ曲第5番、6番」、「未完成」。シューマンの「詩人の恋」。ブラームスの「2つのモテット op.74」、「五つの歌 op.104」、「ドイツ・レクイエム」、「交響曲全曲」。グリーグの「君を愛す」、「春」。ブルックナーの「モテット」、「ミサ曲第3番」。ラインベルガーの「カントゥス・ミサ」、ヴェルディの「レクイエム」、「アイーダ」。プッチーニの「トスカ」、「トゥーランドット」。ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」、「ローエングリン」。マーラーの「復活」、「交響曲第5番、第8番、第9番」、「リュッケルトの詩による歌曲」、ヨハン・シュトラウスの「こうもり」、R・シュトラウスの「ばらの騎士」、「メタモルフォーゼン」、「明日」。ブリテンの「戦争レクイエム」。フォーレの「レクイエム」、「ラシーヌの讃歌」。ベルリオーズの「幻想交響曲」、プーランクの「人間の顔」、「ミサ曲ト長調」、ラヴェルの「ダフニスとクロエ」、「鏡」、「三つの歌」。ドビュッシーの「ベルガマスク組曲」、「映像第1集、第2集」、「三つの歌」、デュリュフレの「レクイエム」。ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番、第3番」、「交響曲第2番」。チャイコフスキーの「悲愴」。ガーシュインの「ポーギーとべス」。武満徹の「うた」。三善晃の「五つの童画」、「三つの抒情」、「嫁ぐ娘に」、「地球へのバラード」、「交聲詩 海」、「であい」。林光の「原爆小景」、「星めぐりの歌」、萩原英彦の「光る砂漠」。八村義夫の「アウトサイダー」、池辺晋一郎の「風の子守唄」、「ごんぎつね」。眦鳥囲困痢嵜紊里い里繊廖新実徳英の「をとこ・をんな」、「幼年連祷」、「白青」、「骨のうたう」。西村朗の「まぼろしの薔薇」、「秘密の花」。細川俊夫の「Ave Maria」、寺嶋陸也の「二月から十一月への愛のうた」、「星の美しい村」、鈴木輝昭の「詞華抄」…等。

好きな歌手は、アンドレアス・ショル(C-T)、ロビン・ブレイズ(C-T)、ドミニク・ヴィス(C-T)、ジェラール・レーヌ(C-T)、米良 美一(C-T)、ルチアーノ・パヴァロッティ(Tenor)、イアン・ボストリッジ(Tenor)、ベン・ヘップナー(Tenor)、ファン・ディエゴ・フローレス(Tenor)、ゲルト・テュルク(Tenor)、クリストフ・プレガルディエン(Tenor)、櫻田 亮(Tenor)、ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(Bariton)、ヘルマン・プライ(Bariton)、ペーター・コーイ(Bass)、マックス・ファン・エグモント(Bariton)、マッティアス・ゲルネ(Bariton)、クリスチャン・ゲルハーヘル(Bariton)、クルト・モル(Bass)、ステファン・マクロード(Bass)、ルチア・ポップ(Sop)、バーバラ・ボニー(Sop)、ユリア・クライター(Sop)、エディタ・グルベローヴァ(Sop)、アンネ・ソフィー・フォン・オッター(Mezzo-Sop)、ナタリー・シュトッゥツマン(Alt)…等。

好きなアンサンブルはキングス・シンガーズ,クレマン・ジャヌカン・アンサンブル、タリス・スコラーズ、カントゥス・ケルン、ヒリヤード・アンサンブル、ラ・フォンテヴェルデ、…等。

好きな合唱団はRIAS室内合唱団、アーノルト・シェーンベルク合唱団、バイエルン放送合唱団、オランダ室内合唱団、モンテヴェルディ合唱団、シュトゥッツガルト室内合唱団、シュトゥッツガルト声楽アンサンブル、スウェーデン放送合唱団、コレギウム・ヴォカーレ、Grex Vocalise、BCJ…等。

Recent Comments
記事検索