2015年08月17日

東京へ進出する 竹井輝彦さん

大阪に行った時、劇場で偶然見た竹井輝彦さん。

それまで、全く知らない芸人さんでしたが、

何人かの出演者の中で、最も安定し、輝いていて、ファンになりました。

見終わった後、道頓堀をぐるぐると歩いて、

その劇場の前をもう一度通った時、

竹井さんが外に出ていたので、「おもしろかったです」と声をかけたら、

気軽に応えてくれて、写真も一緒に撮ってくれました。



またいつか、大阪に行った時に、見たいなあと思って、

フェイスブックでフォローしていたら、

https://www.facebook.com/teruhiko.takei?fref=nf

先日、突然、東京へ出るという記事が出てきました。

大阪では、有名な方のようなので、

その実績を引っ提げて、満を持しての東京進出かと思ったら、

無名の状態から、本当に全くゼロからの出発のようです。

御いくつになられるか、よく知らないのですが、

「人生を賭けての挑戦」という感じです。



大阪の芸人さんが東京で活躍するのは当たり前の時代ですが、

どの人も大阪で活躍し、その地盤を持って、

マスコミへの露出、出演劇場の確約などがあった上で東京にやってくると

僕は勝手に思っていたので、とても驚きました。

今、竹井さんは、無名の若手の人たちに交じってライブに出たり、

商店街のお祭りなどに出たりするところから、活動を始めています。

(こんな例えは間違っているかもしれませんが)

大阪の高校を卒業した人が、大阪の大学を受験せずに、

東京の高校1年に編入したような印象です。

すごいなあと思うのは、

そういう(ライバルとなる)若手のみなさんの芸を見て、

竹井さんは、素直に「面白い」と言える人であるということです。

経験を積むと、人は必ず驕る気持ちに陥る時期があるような気がします。

そんな時は、若い人の才能を目にしても、

自分で気づかないうちに、「たいしたことはない」と無視しています。

挑戦する勇気を失くしてしまったのを自分自身にごまかすそうとするのでしょうか。

手塚治虫さんは、

漫画の神様のような位置についた後でも、

才能のある若手が出てくると、「負けられない」と必死になっていたそうです。

こういう人が一流になるのですね。



僕も近くにいって応援したいところですが、

東京は意外に(^o^))遠いのです。

東京近辺のみなさん、

竹井輝彦さんという名前を見つけたら、

ぜひ、一度、舞台をご覧ください。

そして、いいなと思ったら、応援をお願いします。

sinji3218 at 08:18│Comments(2)TrackBack(0) 人物 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Sakai Yoshiaki   2016年05月29日 21:18
5 はじめまして酒井と申します。竹井さんのライブについてブログにアップしました。また、ここのブログにリンクを張らしていただきました。竹井さんの生き方に共感するところありますね!
2. Posted by 季節の小箱 こうじ   2016年05月30日 00:46
Sakai Yoshiakiさん、ありがとうございます。
竹井さんは、すごいなあと思います。
これからも応援していきたいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔