下野之国工廠

サバゲー、模型、アニメ、スーパーカブ、雑記等を更新する多目的なブログです。

実物放出品

G26と実物トカレフホルスターを配備せり

ちょっと遅くなったけど報告。
110702_193733
社外メタルスライドを載せたマルイのG26。

110702_193801
スライド上部は黒の塗装が残ってる。

このG26は八雲とM870と交換したもの。
撃った感想はスライドが重いせいか反動と動きが鋭くなった感じ。このメタルスライドのメーカーが分からないんだよな…どこのだろう?

中身はマルイのメカだから弾道は素直にまっすぐ飛んでいく。サバゲーで使ってみたら結構使える!!G18用のロングマグ使ったら面白そうだなW

実物トカレフホルスター
110702_193416
中田商店のホルスター
予備マグパウチが付いて2000円!!安い。

110702_193310
手元にトカレフが無かったからガバを入れてみた。
ガバじゃちょっと厳しいかなー蓋は閉まらないけど実用には問題ないかな。

これで解放軍の装備がまた充実した!!

あーあトカレフどこかのメーカーでガスブロで出してくんないかなー
ハドソンは潰れたし、銃の性能もイマイチだしなー

マルイかそこらで出してくれれば嬉しいな。
それでは以上。

AK用実物スリング

今日はすーさんとレモングレネードとAK用実物スリングを交換した。

んで早速装着〜
100902_185741
マルイのAK47に装着。
フロントのスイベルリング?がキッツキツでなかなか入らない…だが、そこは大和魂で解決。やっぱAKに似合うぜ。


100902_184517
クラアミのRPKに装着。
こっちも雰囲気が出ていいね〜RPKはAKに比べて装着しやすい。腰だめの射撃も容易になって便利!!


100902_184928
つい最近、AKサイドロックマウントが手に入ったのでついでに装着。スコープはマルイ製。
実射すると結構弾道がまっすぐだから、あまり調整する必要はないかな。
一応これがRPKの最終形態。気が向いて、金があったらドラムマグつけようかな。

このスリングは人民解放軍の実物?スリングで強度も見た目も申し分ない…ないけど、ひとつ欠点があるとすれば…銃への装着のしにくさかな?ちょっとしたコツがあって、ミスるといつまでも付かないし、スリングが壊れる。コツをつかめば装着しやすい。

俺の人民解放軍の装備がますます充実してきた。
実物?(たぶんレプリカ)の85式軍服上下、78式陸軍略帽と実物AKチェストリグとスリング。そんでもって人民解放軍水筒、マカロフ実物ホルスター。
…でも肝心の靴が無い…軍服の裾が汚れるから、ジャングルブーツがほしいけど、近くに売ってる店が無い…
そこでホームセンターやワ○クマンなどに売ってる安全靴に目をつけた。見た目はほぼジャングルブーツが手ごろな価格で手に入る。しかも安全靴だから頑丈。

今度いいのがあったら買ってこよう。これで完璧だZE☆もう"なんちゃって"はオサラバさ。
それでは以上。

AKチェストリグ

昨日すーさん(ミリ好きの後輩)からAKチェストリグを買った。
100702_164035






中国軍実物?AKチェストリグ


100702_164110






早速マガジンを入れてみた。良い感じに入った。


100702_164137






お試しにM16の実物マガジンを入れてみた。案外綺麗に収まった。


100702_164556






両サイドにある、工具orグレネード入れにレモングレネードを入れてみた。


100702_164703






裏側にあった、スタンプ。
「五六式7.62…」までは読めるけど先が滲んでて読めなかった。どうやら1980年製。下には「弾匣袋」って書いてあるけど日本語で言う「弾倉袋」かな?

で買ったお値段が1000円。もともと1300円だったのを安くしてくれた。
おそらく中田商店のチェストリグだと思うんだよなぁ。見た目も一緒で同じ80年製だし…まぁ丁度AK用にチェストリグが欲しかったから、丁度よかった。
これでまた俺の中国軍の装備がグレードアップしたZE☆

…もともと日本軍目指してたのにいつから中国軍になったんだろう。
それでは以上。

我工廠、ワルサーPPK/Sを配備せり。

我工廠にマルゼンのPPK/Sを3丁配備した。
100328_192701






マルゼンのPPK/S。3丁のうちブラックの2丁は新型と旧型。


100328_192745






マガジン新旧比較。右が旧型、左が新型。


100328_192827






ガスの放出口。新型は放出口が2つあって、旧型は放出口のところに金属の部品がある。


100328_193126






オプションのサプレッサーを装着。スチール製でガッチリと固定している。スポンジが入ってるけど、消音効果はあまり期待できない…


100328_193312






おまけで付いてきた、マカロフ用実物ホルスター。


100328_193425






PPK/Sを入れたところ。現在エアガンでマカロフはモデルアップしてないのでPPK/Sで代用。マカロフと同じサイズのオートなら収納可能。

このPPK/Sたちはブラックの2丁が東條、シルバーがSHINから買い取ったもの。おまけでサプレッサーとホルスターを付けてくれた。3丁トータルで2000円。
新型のPPK/Sはちょっとマガジンからガス漏れしてて、どういう訳かフルオートになる。でもちゃんと給弾できるからマシンピストル、MPK/Sとして採用。
旧型は部品同士を入れ替えてシルバーを飾り、ブラックを実戦配備した。
どうやら新型と旧型は互換性のあるパーツとそうでないパーツがあって、スライドストップは互換性があった。
MPK/Sは夏場のサイドアームとしてかなり強力。夏場ならフルオートでバリバリ撃てそう。ただガス漏れが気になる…
2人には感謝だなW
それでは以上。

薬莢をちょっとしたコレクションケースに入れて飾ってみた。

今までの薬莢の飾り方がちょっと物足りないのでちょっとアレンジしてみた。
091213_141900






以前の飾り方。


100314_012433






今回の飾り方。ちょっと暗いかも


100314_012505






全体図。

100均で売ってる「コレクションボックス 3段ひな壇式」を使って飾ってみた。
弾に埃も被る心配もなく、倒れる心配もない。以前はホント棚に乗っけてるだけだったから、地震やぶつかったりしただけで倒れたりしたから、直すのがめんどい。
それに今回は各薬莢の名称の書いたタグを付けてみた。以前より飾ってる感(?)が出てる気がする。
後は上に乗っかってるM16/M4実物マグや5.56NATOの弾帯を何とかしないと…あと、キャロルで買ったM67手榴弾や実物M288FUZE(手榴弾用信管)もどう飾るか考えなきゃ。
後でまた100均にいってみるかな。
それでは以上。

.30カービンを薬莢コレクションに追加。

091213_141900






現在まで集めた薬莢他。

091213_142120






ウィンチェスター社の30カービン(7.62×33)。M1カービンや豊和M300に使用される。

091213_142344






弾薬の比較。左から
・30-06(7.62×63)弾
・308Win(7.62×51、7.62NATO)
・223Rem(5.56×45、5.56NATO)
・30Carbin(7.62×33)
・45ACP

ちなみに矢島で1発158円だった。ちょっと高いけど手に入りにくいから致し方ないけか。
コレクションが増えたのはいいけど、やっぱAK47の7.62×39弾とAK74の5.45×39弾が欲しいなー。
7.62×39は手に入りやすいけど、5.45×39は超貴重。グアムかどっかの射撃場で拾ってくりゃいいけどまず日本じゃムリダナ。
ダミーカートでいいから作ってくんないかなー
それでは以上。

やっと届いたー22LR弾(スモールボア)

090516_202311






新たなコレクション、LAPUA社の22LR弾。もちろん発火済み。


090516_202351






1箱50発入り、22LR弾はものすごく小さい。


090516_202630






各弾薬との比較。一番右が22LR弾


22LR弾はリムファイヤー式の小口径弾で、ルガーMK1やコルトウッズマンなどに使われる。思ったより小さくて、箱は風邪薬ぐらいの大きさで薬莢はドクター〇ップのノックするふたぐらいの大きさ。
他の会社の22LRも欲しくなってきたWそれでは以上。

ネタがないので三十年式銃剣について

日本軍の銃剣は、十三年式、十八年式、二十二年式、三十年式、二式短剣のおおよそ5種類近くある。銃剣は白兵戦においてとても重要な武器で日本の小銃、軽機関銃等に使用された。生産数は世界最大数で色々な工廠や民間の会社で製造されたため、形状等が異なる。また、大戦末期になると末期型や最末期型といったつくりが簡素なものもあり、最末期型については血抜きの溝が省略されている。
080906_204405






三十年式銃剣初期型(訓練用)
全長…51.2cm
重量…0.69Kg
生産数…約840万振


090402_200437






090402_200255






訓練用には刻印や製造番号は入ってない。



090402_200632






刻印や製造番号のちゃんと入った黒染めの銃剣がほしいなぁ。
初期型がいいけど、末期型もいいね。
それでは今日は以上。

我工廠の弾薬紹介。

080821_184531
我工廠の弾薬、薬莢で全て実物。
奥にあるのが、ミニミやM60の7.62mmの5発弾帯とその薬莢。
手前にあるのが、散弾銃のショットシェルと45口径弾、M61の20mm機関砲弾。


080821_184754
大きさの比較。
やっぱ一番大きいのが、20mm機関砲弾。




12.7mm弾がこれの2回り小さい感じの大きさかな。

20mm機関砲弾買った店に、迫撃砲弾と155mm榴弾があった。
迫撃砲弾、意外と安かったから買っちゃおうかな。
今日はそんなところそんじゃ。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:






motanasoubanner


記事検索
livedoor プロフィール

五十六

TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ