ブログネタ
問題意識と認識 に参加中!

Q.破産犯罪「破産管財人等に対する職務妨害の罪」とは?

A.偽計又は威力を用いて,破産管財人,保全管理人,破産管財人代理又は保全管理人代理の職務を妨害した場合に刑罰を科される破産犯罪のことをいう。


破産管財人等に対する職務妨害の罪・・・

【破産法 第272条】
偽計又は威力を用いて,破産管財人,保全管理人,破産管財人代理又は保全管理人代理の職務を妨害した者は,3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し,又はこれを併科する。

他人の業務を妨害した場合,刑法に規定されている業務妨害罪で処罰されます。 破産管財人が行う職務もこの業務に含まれますから,破産管財人の職務を妨害すれば,やはり業務妨害罪で処罰されます。

もっとも,破産管財人の職務は,破産手続上でなされる特殊な職務です。 そのため,破産管財人の職務に対する妨害行為に対しては破産法によって特別な刑罰を科すものとして設けられたのが,この破産管財人等に対する職務妨害の罪です。


偽計又は威力・・・

まず,威力とは,人の意志を制圧するような勢力のことをいいます。 暴行や脅迫のほか,それらに至らないような脅しのようなものも,この威力に含まれます。

偽計とは,人を欺いたり誘惑したり,又は人の錯誤や不知を利用するなど,威力以外の不正な方法を用いることです。

これらの手段を用いて,破産管財人や破産管財人代理,保全管理人や保全管理人代理の職務を妨害した場合に,破産管財人等に対する職務妨害の罪で処罰されることになります。


破産管財人等に対する職務妨害の罪の刑罰・・・

破産管財人等に対する職務妨害の罪を犯した場合,1月以上3年以下の懲役,300万円以下の罰金,又は,その両方の刑罰を科されることになります。

刑法上の偽計業務妨害や威力業務妨害罪の刑罰が,3年以下の懲役か50万円以下の罰金だけであることからすると,破産管財人等に対する職務妨害の罪はそれよりもさらに重い刑罰になっているといえます。



【破産法の関連情報】

関連書籍

姉妹ブログ

離婚でお悩みの方や離婚に関する法律問題に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「離婚問題の取扱説明書」をご覧ください。


ブログランキング

このブログがお役に立てたら,クリックで応援よろしくお願いします。
→ くる天 人気ブログランキング