借金相談 自己破産と破産法の取扱説明書

借金でお悩みの方のために,東京 多摩 立川の弁護士が,借金問題解決の方法である債務整理の1つである自己破産とそれを規律する破産法について,分かりやすく説明していきます。

破産手続の流れ・・・

◆このページの記事一覧◆

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

破産管財人との打ち合わせでは何をするのか?

ブログネタ
情報提供 に参加中!
Q.破産管財人との打ち合わせでは何を話すのか?

A.破産手続開始・免責許可の申立書を読んだだけでは分からないような詳細な事情や,今後の生活設計等についての話を,破産管財人が破産者本人に質問して聴き取るということが中心となる。 法的な問題点については,破産管財人と破産者代理人とが協議する。



破産管財人との打ち合わせ・・・

破産管財人は,債権,資産や免責不許可事由等の調査を行いますが,その一環として行われるのが,破産者との打ち合わせです。

東京地裁の少額管財においては,破産手続が開始されると,その後1週間から2週間の間に破産管財人,破産者及び破産者代理人弁護士の3者による打ち合わせが行われます。



打ち合わせの時間・場所・・・

破産管財人に選任されるのは通常弁護士です。 そのため,破産管財人との打ち合わせも,たいていは,破産管財人の法律事務所で行われます。

いつ行われるかは,基本的に破産管財人が決定します。 ある程度までなら都合を合わせてくれるとは思いますが,当然のことながら破産管財人の都合が優先されます。

中には,破産者や破産者代理人の都合などまったくおかまいなしに日程を決めてくるという破産管財人にもいますが・・・

打ち合わせの時間は,平均して20〜30分くらいだと思います。 問題のある案件などでは1時間くらいになることはあります。

もっとも,私も100回以上は破産管財人との打ち合わせを経験しているのですが,さすがに個人の方の破産で,1時間を超える打ち合わせをしたという経験はありません。




打ち合わせの内容・・・

債権者,資産,免責不許可事由等の基本的な事柄は,破産手続開始・免責許可の申立書に記載されています。

したがって,打ち合わせで話をすることは,申立書からでは分からないような詳細な事実や今後の生活設計などが中心となります。

基本的には,破産管財人が破産者本人に対して聴き取りを行います。 もちろん法的なことではなく,事実を聴き取るということになります。

法的な事柄については,破産管財人と破産者の代理人弁護士との間で協議し,内容を詰めていくことになります。

場合によっては,この打ち合わせでさらなる資料や報告書の提出を求められたりすることがあります。  あとは多少のお説教くらいでしょうか・・・

ただ,私は,個人的にはお説教をしてくれる破産管財人は優れた破産管財人が多いと感じています。 それだけ破産する人のことを思ってくれている証だと思います。





【関連書籍】






・・・相続でお悩みの方や相続に関する法律問題に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「相続問題の取扱説明書」をご覧下さい。




破産手続に参加できる債権者とは?

ブログネタ
弁護士 に参加中!

Q.破産手続に参加できる債権者とは?

A.破産債権又は財団債権を有する債権者である。



破産手続に参加できる債権者とは・・・

破産手続は,破産財団所属の財産を換価処分して債権者に対し配当を行う手続です。

しかし,債権者に配当をすると言っても,あらゆる債権者に配当を行うというわけではありません。

すなわち,破産手続に参加した債権者に対してだけ配当がなされるのです。 破産手続に参加していない債権者には配当はなされません。

では,どのような債権者が破産手続に参加できるのかと言うと,それは,破産債権を有する債権者と財団債権を有する債権者です。



破産債権とは・・・

【破産法第2条】
5 この法律において「破産債権」とは,破産者に対し破産手続開始前の原因に基づいて生じた財産上の請求権(第97条各号に掲げる債権を含む。)であって,財団債権に該当しないものをいう。
6 この法律において「破産債権者」とは,破産債権を有する債権者をいう。


破産債権は,破産財団から配当を受けることのできる権利です。 そして,この破産債権を有する債権者のことを「破産債権者」といいます。

破産債権には,優先的破産債権,一般の破産債権,劣後的破産債権及び約定劣後破産債権があります。

優先的破産債権がもっとも優先的に配当を受けることができ,次に一般の破産債権,その次に劣後的破産債権,そして最後に約定劣後破産債権が配当を受けることができるとされています。



財団債権とは・・・

【破産法第2条】
7 この法律において「財団債権」とは,破産手続によらないで破産財団から随時弁済を受けることができる債権をいう。
8 この法律において「財団債権者」とは,財団債権を有する債権者をいう。


財団債権は,破産手続によらずに破産財団から弁済を受けることができる債権のことをいいます。 破産債権と異なり,配当という手続によらずに弁済を受けることができるのです。

要するに,破産財団に財産がある限り,配当まで待たなくてもすぐに支払を請求できるということです。 そういう意味では,この財団債権は,破産債権よりも優先性がある債権であるということができます。

この財団債権を有する債権者のことを財団債権者といいます。




【関連書籍】







・・・刑法に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「刑法の取扱説明書」をご覧下さい。




プロフィール

シンマイ01

ソーシャル プロフィール
記事検索
メールマガジン

メルマガ購読・解除


 

Networkedblogs
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ