ブログネタ
借金 に参加中!
Q.優先的破産債権とは?

A.破産財団に属する財産につき一般の先取特権その他一般の優先権がある破産債権であって,他の破産債権に優先するもののことをいう。



優先的破産債権とは・・・


【破産法第98条第1項】
破産財団に属する財産につき一般の先取特権その他一般の優先権がある破産債権(次条第1項に規定する劣後的破産債権及び同条第2項に規定する約定劣後破産債権を除く。以下「優先的破産債権」という。)は,他の破産債権に優先する。


上記条文のとおり,優先的破産債権とは,破産財団に属する財産について,一般の先取特権その他一般の優先権がある破産債権のことをいいます。

破産手続においては,抵当権等の担保権は別除権と呼ばれ,別除権を有する債権者は,破産手続によらずに別除権を行使して優先的弁済を受けることができます。

要するに,破産手続開始後も自由に破産財団所属の財産について担保権を実行して競売にかけたりすることができ,その競売の配当金を優先的にもらうことができるということです。

ところが,一般の先取特権や一般の優先権は,破産手続においては別除権とされていません。

そうすると,これらの権利は,実体法上優先権を持っているにもかかわらず,破産法上は他の優先権のない債権者と同列に扱われるということになってしまいますが,それではあまりにも破産手続と実体法がかけはなれてしまいます。

そこで,一般の先取特権や一般の優先権を有する債権者については,別除権又は財団債権とまではいかないけれども,ある程度の優先性を認めてあげる必要性があります。

その手段として,これらの債権は優先的破産債権とするという取扱いがなされているのです。



優先的破産債権相互間の優劣は・・・


【破産法第98条第2項】
前項の場合において,優先的破産債権間の優先順位は,民法,商法その他の法律の定めるところによる。


上記のとおり,優先的破産債権は,実体法上の優先性を破産法上も尊重しようとしたものですから,優先的破産債権相互間の優劣もまた,実体法上の優劣に従うべきということになります。

そのため,優先的破産債権相互間の優劣は,民法や商法等の実体法の規定に従って決せられるということになるのです。

例えば,租税債権は,優先的破産債権の中でも最も優先順位が高いものとされます。

租税債権の一部は財団債権又は劣後的破産債権とされますが,そうならないものは優先的破産債権となります。 また,財団債権とならない雇用関係に基づく請求権,要するに一部の給料債権等も,租税等の請求権に次ぐものとして優先的破産債権となります。




【関連書籍】






・・・任意整理や特定調停に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「任意整理と特定調停の取扱説明書」をご覧ください。