借金相談 自己破産と破産法の取扱説明書

借金でお悩みの方のために,東京 多摩 立川の弁護士が,借金問題解決の方法である債務整理の1つである自己破産とそれを規律する破産法について,分かりやすく説明していきます。

免責

◆このページの記事一覧◆

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

財団債権となるのはどのような債権か?

ブログネタ
借金の悩み に参加中!

Q.財団債権となるのはどのような債権か?

A.破産手続の遂行のための費用の請求権,破産手続において破産管財人の法律行為等によって発生する請求権及び政策的に優先的地位を与える必要がある債権が財団債権となる。



財団債権の理念とは・・・


財団債権は,破産債権に優先して扱われ,破産手続によらずに破産財団から随時弁済を受けることができる債権です。 しかも,免責の対象ともなりません。

つまり,財団債権は,まず破産手続において優先的に満足を得ることができる上,免責されないので,破産手続後も満足を得ることができるという債権です。

そうすると,破産者は,破産・免責手続を経たとしても財団債権からは逃れられない運命にあります。 

破産・免責制度が破産者の経済的更生を図ろうとするものである以上,このような財団債権の範囲をむやみに拡張すべきではありません。

また,同じく破産者に対する債権を有するものでありながら,破産債権者と財団債権者とでは圧倒的に扱いが異なります。 財団債権の範囲を拡大しすぎることは,債権者平等の原則からも妥当ではないでしょう。

そのため,破産法においては,財団債権となる債権の範囲は,破産手続遂行のために破産債権者全員が共同で負担しなければならない債権等,極めて限定されたものとなっています。




財団債権の類型・・・


財団債権には,3つの類型があるとされています。

1つは,破産手続の遂行のための費用の請求権です。

前記のとおり,このような費用は破産債権者が共同で負担すべきものですから,破産債権に優先する財団債権として扱うことが債権者に不利益を与えるとはいえません。

そのため,財団債権となるとされています。 例えば,破産手続開始の申立て費用や破産管財人の報酬などがこれに当たります。

2つめは,破産手続において破産管財人の法律行為等によって発生する債権です。

破産管財人の職務遂行は,破産債権者の利益のために行われるものです。

したがって,破産管財人の法律行為によって第三者に債権が発生した場合や破産管財人の不法行為によって第三者に損害賠償請求権が発生した場合などには,その負担を破産債権者に課したとしても,不公平とはいえません。 そのため財団債権となるとされています。

3つめは,上記の2つの類型とは異なり,政策的に優先的地位を与える必要がある債権です。

理由はさまざまですが,例えば,労働債権や租税等の請求権がこれに当たります。 もっとも,これらの債権も,考え方によっては,破産債権者が共同で負担すべき債権であると言えなくもないでしょう。




財団債権の種類・・・


上記の3類型は,債権の性質から財団債権を分類したものです。 破産法上は,破産法第148条第1項に規定された「一般の財団債権」と,それ以外の条文に規定された「特別の財団債権」とがあります

【破産法第148条第1項】
次に掲げる請求権は,財団債権とする。
一 破産債権者の共同の利益のためにする裁判上の費用の請求権
二 破産財団の管理,換価及び配当に関する費用の請求権
三 破産手続開始前の原因に基づいて生じた租税等の請求権(第97条第5号に掲げる請求権を除く。)であって,破産手続開始当時,まだ納期限の到来していないもの又は納期限から1年(その期間中に包括的禁止命令が発せられたことにより国税滞納処分をすることができない期間がある場合には,当該期間を除く。)を経過していないもの
四 破産財団に関し破産管財人がした行為によって生じた請求権
五 事務管理又は不当利得により破産手続開始後に破産財団に対して生じた請求権
六 委任の終了又は代理権の消滅の後,急迫の事情があるためにした行為によって破産手続開始後に破産財団に対して生じた請求権
七 第53条第1項の規定により破産管財人が債務の履行をする場合において相手方が有する請求権
八 破産手続の開始によって双務契約の解約の申入れ(第53条第1項又は第2項の規定による賃貸借契約の解除を含む。)があった場合において破産手続開始後その契約の終了に至るまでの間に生じた請求権





【関連書籍】






・・・離婚でお悩みの方や離婚に関する法律問題に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「離婚問題の取扱説明書」をご覧ください。



自己破産にはどんなメリットがあるのか?

ブログネタ
くらしの法律 に参加中!
Q.自己破産にはどんなメリットがあるのか?

A.免責許可決定によって債務の支払義務が消滅することが最大のメリットである。 他にも,他の債務整理手続と比べて,費用が低額に抑えられること,手続の期間が短縮できること,見通しが立てやすいことなどのメリットもある。



自己破産のメリット・・・

債務整理には,主として4つのやり方があります。 すなわち,任意整理特定調停個人再生,そして自己破産の3つです。

では,この4つのうちで自己破産を選択するメリットはどこにあるかと言えば,それは言うまでもなく,その効果の強力さにあります。

すなわち,免責許可決定によって,すべての債務(厳密には,破産債権だけですが・・・)がチャラになってしまうというものです。

任意整理や個人再生でも,ある程度の減額は可能です。 しかし,すべての債務の支払義務が無くなってしまうというものではありません。

自己破産を選択するメリットは,まさに免責にあるのです。



その他のメリット・・・

債務がすべてチャラになる,というだけでも相当のメリットだとは思いますが,他にもいくつかメリットと言えるような点はあります。

まず,任意整理と比べると,大分費用が安く済む場合があります。 

もちろん事案によりけりですが,任意整理には減額報酬があるのが通常ですから,場合によっては相当高額になる可能性もあります。

比べて自己破産の費用は20万〜60万円の間で固定されているのが通常です(ただし,これは東京での基準です。他の都道府県では若干異なる場合があります。)。

また,見通しが立てやすいというのもメリットでしょう。

任意整理や個人再生では債権者の意向によっては上手くいかなくなるという不確定要素が付きまといます。

しかし,自己破産では,破産法上の要件を満たす限り,上手くいくかいかないかについて比較的見通しが立てやすくなっています。

自由財産の制度もメリットといえるでしょう。 すなわち,破産法上自由財産と認められるものや,自由財産の拡張によって自由財産として扱ってもらえるものは,換価処分しなくて済みます。

期間的にも,個人の破産であれば,申立てから終了まではだいたい2か月から5か月程度です。 弁護士に依頼したとしても,平均では半年から1年で終了します。

任意整理や個人再生では,場合によっては1年以上かかることを考えるとメリットがあるといえます。




【関連書籍】






・・・破産に興味をお持ちの方は,さらに自己破産と破産法の説明に特化した「
自己破産と破産法の取扱説明書」もご覧下さい。




自己破産の体験談(相互リンクページ)

このブログと相互リンクしてもらっているサイトです。
どれも参考にさせてもらっています。

なお,相互リンクは随時募集しています。
ご一報ください。


★ 自己破産者のブログ
komatteさんのブログ。 「自己破産の決意とその後〜後悔・悔しさ・再起の過程〜」とのことです。


★ 自己破産@体験からの進め方のヒント
Bankruptedさんのブログ。 「借金に悩み、債務整理が頭によぎる方へ、私の、自宅任意売却〜自己破産に至る体験をお話します。ご自身の選択の参考にしてください。」とのことです。


★ 私の自己破産体験記2007
minaさんのブログ。 このブログは「2006年10月、自己破産を決意〜2007年12月、免責確定までの記録です」とのことです。


★ 自己破産白書
石ころさんのブログ。 「派遣社員,年収手取り160万。300万の借金を抱え,首が回らず弁護士事務所の戸を叩きました。相談の結果,自己破産で進めることになりました。こうなるまでの人生を振り返りつつ,現在の状況をリアルタイムで綴っていきます。」とのことです。


★ 350万の借金を債務整理することになりました。
350pointさんのブログ。 「独身アラサーのパート社員が6年間で350万の借金を抱え、地道に返済しつつも自転車操業、ついに法的手続きを進めることになりました。家計簿も付けつつ、日々の出来事も記していきたいと思います。」とのことです。


★ 借金地獄からの三十路生活
ぐぐっこさんのブログ。 「どこにでもいる、普通の三十路主婦。でも、その実態は、数ヶ月前まで、自己破産、さらには、自殺まで考えた借金地獄の普通じゃあない主婦。」とのことです。


★ 自己破産しました。30女出直しの日々!
なおみさんのブログ。 「1000万円の借金が無しに。でも土地も信用も手放しました。一から出直します。」とのことです。


★ 借金サーチ
「借金を扱うHP専門の検索エンジン&ランキングです。」とのことです。 なお,借金サーチアクセスランキングにも参加しています。



★ うつ病から自己破産へ
ぷーさんのブログ。 「うつ病になり、仕事は退職。自宅のローンは払えず自己破産に。 でも、このままでは終わらないぞ! うつ病、自己破産の説明も致します。」とのことです。


★ 開業医でした
takachanさんのブログ。 「計画性のない開業、重ねて病気の再発のため、多大なる借金を残し廃業破産することになりました 情けない末路の医者のつぶやきです」とのことです。


★ もう返せません\(^o^)/
yonmyuさんのブログ。 「夫の借金270万 yonmyuの借金165万子供1歳借金を借金で返す始末・・・毎日毎日お金のことばかり考えてるyonmyu。自己破産を考えています。」とのことです。


★ 借金生活.com
uetokaelaさんのブログ。「2006年10月、自転車操業でも回らなくなり、遂に弁護士に相談!!個人再生から自己破産へ。」とのことです。


★ voluntary bankruptcy 自己破産
bankruptcyさんのHP。 「このサイトは多重債務に陥ったわたしが、自分で自己破産を申請、免責を得て新たな人生をスタートした経験を元に作成致しました。自己破産の事や色々な債務整理も満載?多重債務からの脱出新たな人生を歩む手助けを目指しております。」とのことです。


みんなの検索サイト!
検索エンジン!相互リンクバンク

プロフィール

シンマイ01

ソーシャル プロフィール
記事検索
メールマガジン

メルマガ購読・解除


 

Networkedblogs
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ