2007年04月11日

反日な韓流

ユンソナ「豹変発言」の真相 もともと日本が嫌いだった?

タレントのユンソナさんがソウル市内で開いた記者会見で、「歪曲された日本の歴史教育に傷つき苦しみました」などと話したことが報道され、ネット上ではこれを「反日発言」だとし、ガッカリしたというコメントが並んでいる。しかし、過去の報道を調べると、彼女が豹変したわけではなく、どうやら考えは一貫していたらしいのだ。

日帝時代の胸が痛む話を皆聞いて育った

ユンソナさんは8年ぶりに韓国ドラマに復帰することが決まり、2007年3月20日にソウルのテレビ局SBSで記者会見が行われた。問題の発言を韓国の3大紙「東亜日報」が同日に電子版で掲載した。タイトルは「歪曲された日本歴史教育に悩み苦しんだ」。そこにはこんなことが書かれている。
「日本の番組に出演しながら文化的差をよく感じた。『私達は教科書で日帝時代や (慰安婦だった) お婆さんたちの胸が痛む話を皆聞いて育ったが、私と同じ年齢の日本の友達はよく分からない人が多い』と切なさを現わした」
「日本で一番聞かれるのが『韓日戦になぜ韓国の人は熱狂的になるのか』です。歴史的な流れを知っていれば容易に理解できることなのに。『ただ日本に負けたくないだけなのではないか』と言われた時は悩み苦しんだんです」
「日本で働きながら韓国の大事,家族の大事さをもっとたくさん感じました」
こうした一連の発言を、「週刊新潮」(07年4月5日号)、「週刊文春」(同)、「週刊ポスト」(同13日号)が相次いで取り上げた。「週刊ポスト」は「ユンソナが韓国でぶちまけた『反日発言』全部書く!」という見出しの記事で、
「今まで日本のテレビ番組や雑誌のインタビューで話していたことと全然違うじゃないですか」などファンの怒りのコメントを掲載した。

日本のユンソナファンはこうした報道にショックを受ける人も多いのだが、実は来日した頃から日本に対しての感情はあまり変わっていない。
「朝日新聞」の02年2月9日の記事には、日本行きを決めた時の両親の反応について、
「娘の日本行きに反対しなかった。反日感情はあるけど、日本で成功したいと願う娘に『行くな』と言えなかったのでしょう」と反日家庭であることを証言。さらに、
「祖母から従軍慰安婦の話を聞かされたことがある。『心が深く傷つき、結婚もできず、今でも病院に通っている人の話を聞いて泣いてしまいました』」
と、今回の韓国での記者会見で述べたのと同じ事を話している。

「私は必ず韓国人男性と結婚したかった」

こうした記事は他にもあって、02年12月9日付けの「スポーツ報知」には、
「(日本に対し)怖い。過去の歴史もあるし重いイメージがあった。現在も、『ワリカン』など過度の遠慮にもどかしさを覚えることは多々ある」とコメントした。
韓国人男性と結婚が決まり、「東亜日報」の電子版06年7月7日には、
「『周囲の人たちからよく‘結婚相手は日本人か’と聞かれた』と述べた後、『私は必ず韓国人男性と結婚したかった』と語った」
つまり、「初心」を貫いたのだ。
さらに、韓国のメディアにはこれまでも様々なコメントを出している。朝鮮日報にはこんな具合だ。
「日本の番組で『君の国は貧しいからそうなんだろう』と、ひどいことをいわれ、その人は冗談だといったが、そのときとても頭にきたので放送中にすごく怒ったこともある。外国にいると愛国者になるのは当然」
「02年の韓日ワールドカップサッカーのとき、日本で活動をしながら『わたしはお笑いの人なのかしら』と半年ごとに悩んだ(中略)家族の大切さを知った。自分の国の大切さも。外国で暮らしてみなければ、絶対に分からない」(いずれも朝鮮日報06年7月10日付け)

もっとも、彼女の所属事務所は「週刊新潮」の取材に対し、
「日韓の橋渡しをしたいというのが、彼女の希望ですからね。日本が嫌いということはありません」
と、「反日」を否定している。



ユンソナ整形疑惑

韓国の芸能人は結構反日感情の人が多いらしいです。ぺヨンジュンの時も竹島発言で問題になりましたが、昔は反日運動に参加していたと良く耳にします。嫌いなら嫌いってはっきり言えばいいのに・・・・日本の芸能人もそうですがなかなか本音は言えないんでしょうね。
が、そのぺヨンジュンは昨日一泊二日の強行日程で日本に遊びに来ていたらしーです。好きなんでしょうか、嫌いなんでしょうか・・・


そんな中、僕にとっての大きなニュースが・・・

ダイエーがOMC株売却 カード大手名乗り

経営再建中の大手スーパー、ダイエーが、子会社でクレジットカード大手のオーエムシー(OMC)カードの株式30%前後を売却することが11日分かった。三井住友フィナンシャルグループやクレディセゾンが売却先として有力視されており、カード業界の再編につながる可能性も出てきた。
ダイエーは、OMCの発行済み株式の約52%を保有しており、入札方式で売却先を決める方針。売却先企業はOMCの筆頭株主になる。
関係者によると、ダイエーは4月中旬にも第1次入札を実施する方向で、7〜8社が応札の意向を示している。ダイエーはこれらの企業に対し、OMCの企業価値向上策などを書類で提出するよう求めている。
カード業界では、4月1日にUFJニコスとディーシーカードが合併して三菱UFJニコスが誕生するなど、再編の動きが加速している。OMCカードは特定の金融グループに属さない独立系のカード会社として、動向が注目されていた。



どーなる事やら・・・・  ごめんなさい脱線しました



今日の僕はというと。。。リセットダイエット


夕食です


その後食べていると宅配便が





ようやく来ました、アマゾンで頼んでたOCのサウンドトラック


1.2を買ってしまいました

早速視聴。。。。うーんいいですOCの世界がそのまんまCDになったような感じ。久しぶりにCD買いましたが正解な2枚でした。
値段は輸入盤の為


2枚で代引き手数料も含め3,800円弱でした。


そんなこんなで本日もCATV鑑賞
監督:前田哲
収録時間:92分
レンタル開始日:2006-10-25

Story
伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説を、大沢たかお主演で映画化した犯罪コメディ。奇妙な能力を持つ4人の男女が出会い、抜群のコンビネーションで次々と犯罪を成功させていく。しかし、ある銀行を襲撃した帰りに突如(詳細こちら



佐藤浩市の金髪&コメディっぷりにビックリしました。僕の中での佐藤浩市といえばこれですからね

うーん渋い、渋すぎる


sinnyu2199 at 23:12│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔