56
咲-Saki-8巻P186、187 番外編[ふくよかにすこやかに]
宮守へ行った帰りにすこやんの実家付近へも行ってきました。 

経路は盛岡から東北自動車道を南下して磐越道を経由、常磐道の千代田石岡ICで降ります。総移動時間は6時間強でした。途中福島の三春PAで休憩。ここは永水女子の滝見春名前のモデルとなった三春の滝桜の近くです。
00
とは言えトイレ以外はなぜか設置してある鉄棒くらいしか物がなくあまり参考になるものはありませんでしたが・・・。

そんなこんなで千代田石岡ICを降りて車で15分くらいで目的地に到着です。遠目でもすこやんが立ってた場所はすぐに見つかりました。しかしこの階段、まるで作画崩壊しているかのごとく結構急角度です。
34
この階段の一番上がすこやんが立ってた場所、真ん中付近の踊り場辺りがふくよかにすこやかに冒頭の景色となります。
25
咲-Saki-8巻P185 番外編[ふくよかにすこやかに]
右側の住宅が新築されて漫画の中とは少し異なっていましたが。
その他のシーンは付近の県道118号を歩いていたらすぐに見つかりました。
05
咲-Saki-8巻P191 番外編[ふくよかにすこやかに]
右のカーブミラーが漫画の中では1つしかなかったのでどうも追加されているようでした。
ここの写真を撮っている最中に通りがかった地元のお婆さんに「何を撮っているのか」尋ねられましたので「漫画にこの場所が描かれているんですよ」と答えて咲-Saki-8巻を見せたらえらく喜んでくれて、買って周りに話してみる、と言ってくれました。こういうちょっとした地域交流はたまにありますがいいものですね。


2014-9-15_22-34-4
少し歩くとすこやんの実家?もありましたが完全に普通の民家なので写真は割愛。ちなみに表札は小鍛治さんではありませんでしたw

2014-9-15_22-41-25
咲-Saki-8巻P189 番外編[ふくよかにすこやかに]
最後に幕間で使われた踏切。えらく逆光だったし使われたコマは写真の一部だけだったのでトリミングしたものと比較。ちょっとした脇道に入っての撮影だったので藪蚊に刺されながらの撮影でした。

というわけで劇中に登場したカットは以上です。せっかく車で来ていたのでそこから東京国際フォーラムまで1時間半のドライブもしてみたかったのですが帰りのこともあったのでまた今度の機会にしました。まぁ常磐道の千代田石岡ICから三郷JCTまでは同じ道を辿ったのでしょうけど。