2014-10-20_23-32-56
【咲-Saki-】本と自炊と電子書籍の比較でKindleの版数を調べれば修正があったかどうかがわかる、と書きましたのでKindle版の版数をまとめてみました。全ての修正がわかるわけではありませんが参考までに。

 咲-Saki-
巻数 Kindle初版
発行日
Ver. コミックス初版
発行日
修正
有無
1巻 2012年3月30日 1.00 2007年1月25日 
2巻 2012年3月30日 1.00 2007年6月25日
3巻 2012年4月6日 1.00 2007年12月25日
4巻 2012年4月13日 1.00 2008年7月25日
5巻 2012年4月20日 1.00 2009年4月25日
6巻 2012年4月27日 1.00 2009年8月25日
7巻 2012年5月4日 1.00 2010年4月24日
8巻 2012年5月11日 1.00 2011年6月25日
9巻 2012年6月29日 2.00 2012年3月24日
10巻 2012年10月5日 1.00  2012年6月25日 
11巻 2013年8月1日  3.00 2013年4月25日
12巻 2013年12月25日 1.00
2.00 
2013年12月25日
2014年5月1日 

 ◯
13巻 2014年9月25日 1.01 2014年9月25日
9巻以前はKindleの発売が遅く、コミックスで修正があった後にKindle版の初版が発売された可能性があるため修正があったかどうかはわかりません。ただ9巻と11巻と13巻で修正があったのは確定。特に版数の桁が上がっている9巻と11巻は修正点が多いようです。また12巻はコミックスとKindleが同時発売なのでまだ修正がないことがわかります。
11巻の修正内容は下ポンさんがまとめてくれましたが、最近さらに修正が入ったようですね。
参考-咲-Saki-11巻 【雑誌掲載時からの修正・変更点】

10/25追記
12巻がVer.2にアップデートされていました。日付が5/1なんだけどなんで調べたときには修正されてなかったんだろ?

 咲-Saki-阿知賀編
巻数 Kindle初版
発行日
Ver. コミックス初版
発行日
修正
有無
1巻 2012年6月1日 1.01 2012年3月24日 
2巻 2012年10月5日 1.00 2012年6月25日
3巻 2012年12月14日 1.00 2012年8月25日
4巻 2013年3月1日 1.00 2012年11月24日
5巻 2013年8月1日 1.00 2013年4月25日
6巻 2013年8月24日 1.00 2013年8月24日
修正があったかどうかはほとんどわかりませんが1巻に修正があるのは確定です。阿知賀編6巻はアップデートがあったのに版数が上がっていませんでした。Kindle側の版数上げ忘れですかね?

 シノハユ
巻数 Kindle初版
発行日
Ver. コミックス初版
発行日
修正
有無
1巻 2013年12月25日 1.00 2013年12月25日 
2巻 2014年9月25日 1.00 2014年9月25日
1巻も2巻もコミックスとKindleの初版発売日が一緒で、ともにVer.1.00のままだったため修正がないことがわかります。

咲日和
巻数 Kindle初版
発行日
Ver. コミックス初版
発行日
修正
有無
1巻 2012年6月8日 1.01 2012年3月24日  ◯ 
2巻 2012年12月14日 1.00 2012年8月25日
3巻 2013年12月25日 1.00 2013年12月25日
咲日和も一応、と思って調べてみたらなんと1巻がVer.1.01になっていました。どこが修正されたのでしょうか…。

以上のまとめからいくつかの巻では版数アップによる修正があったこと、逆にまだ修正がないことがわかりました。流石に修正箇所まではわかりませんが修正が「ある」こと「ない」ことがわかるというのは人によっては便利でしょうね。
ところで先月発売されたばかりの13巻にも早速アップデートがあったので修正内容を追ってみました。色々と見比べてみたところおそらくこのページが修正されているものと思われます。
ByUAH1LCcAAUTwU
Kindleの初版では右下のロゴが「咲-Saki-12」になっていましたがVer.1.01にアップデートしたところ「咲-Saki-13」へと修正されていました。64ページにある部長の赤5筒等の「明らかに間違っている」部分については修正がされていなかったのでおそらく今回のアップデートは装丁等の修正のみだったのでしょう。従って小林立先生は関与していないものと思われます。
この修正内容がちょっとおもしろいのは、実はこのページのロゴはコミックスには存在せず電子書籍にしかないという点です。このことから電子書籍の修正版数が上がったとしても必ずしもコミックスの内容も修正されるとは限らないということがわかります。
 ・・・色々調べた挙句に最後にどんでん返しを食らった気がしますが、Kindleで版数が上がれば何処かしこかには修正があることは確かなので今後も告知があったら色々と比較してみたいと思います。