32
2014年の冬コミで頒布された桜高鉄道倶楽部/にごり坂小路の同人誌「遠征ハウマッチ!?」を読んでいたら気になる点が1つあったのでそれをネタに考察してみます。
参考-【イベント情報】コミックマーケット87にサークル参加します(2) 

私が気になったのは阿知賀女子が全国大会のホテルに到着した時間についての考察です。同人誌では阿知賀女子が帝国ホテルに到着した時間を14:30ごろとしています。ですが阿知賀編アニメ第3局を見ると阿知賀が霞ヶ関ICに到着した時刻には日が暮れてしまっています。
2015-1-1_22-16-49
アニメ咲-Saki-阿知賀編第3局「接触」より阿知賀の上京シーン

それなら阿知賀の出発時刻がもっと遅かったのでは?とも思われるかもしれません。ですが全国編第1局を見ると千里山女子が昼間にホテルペニンシュラに到着している描写があります。
2015-1-3_21-24-52
アニメ咲-Saki-全国編第1局「上京」より千里山の上京シーン

実際に行ったことがある方は想像しやすいと思いますが阿知賀の宿泊施設である帝国ホテルと千里山の宿泊施設ザ・ペニンシュラとは目と鼻の先です。

試しにGoogleMapで検索してみると所要時間は車でわずか2分でした。

阿知賀と千里山は共に関西方面から浜名湖サービスエリアを経由して東京入りしており、東京での宿泊地はほぼ同じ場所です。同時刻に浜名湖SAを出発したとするとほとんど同じ時間には目的地についているはずです。ですが千里山は昼間に到着しているにもかかわらず阿知賀が到着した時間には日が暮れているとなると矛盾が生じてしまっています。これは何故なのでしょうか?


この疑問を解消するためにまずは劇中の日の入りの時刻は何時なのかを調べてみます。
咲-Saki- 世界で起こったことをひたすら時系列順に並べただけのまとめさんによると阿知賀が東京入りしたのは8月3日です。8月3日の東京の日の入り時刻を調べてみると18:45ごろのようです。日の入り1時間前には暗くなりかけていることを考えると千里山の東京入りは遅くとも17:45ごろだと推測されます。逆に阿知賀はすっかり暗くなってからの東京入りなので19:00ごろでしょうか。

千里山が遅くとも17:45にホテルに着いていると仮定すると千里山が浜名湖SAを出発した時間がおおよそ逆算できます。
まず浜名湖SAから東京ICまでの距離を調べてみると約250kmです。(正確には247.9km)。
参考-Wikipedia東名高速道路-
250kmを高速道路の制限速度の100km/hで走るとかかる時間は2時間30分です。
また東京料金所から霞ヶ関ICまでの距離は約14km。首都高速の制限速度が50km~60kmということを考慮すると東京料金所からホテルまでにかかる時間は約30分といったところでしょうか。
さらに同人誌におけるTECKさんの考察によれば観光バスの運転手は2時間以内に1度休憩を挟む必要があるようです。同人誌では浜名湖SAを出てから足柄SAで20分の休憩を挟んでいると考察されています。
これらを考慮すると浜名湖SAからホテルまでにかかる時間は約3時間20分です。千里山が日の入り前にホテルの到着するためには遅くとも14:25には浜名湖SAを出発していなければなりません。

続いて阿知賀について考えてみましょう。阿知賀は14:30頃に浜名湖SAを出発し、霞ヶ関ICに到着する時刻は早くても19:00ことになります。東京料金所までだと18:30ごろでしょうか。
となると阿知賀は浜名湖SA~東京ICまでの250kmを4時間かけて走行したことになります。計算するとその速度は62.5km/hこれは遅い…。東名高速の最低制限速度よりは若干速いですがそれでもこんな速度で走ると後ろに大渋滞を引き起こすことは間違いありません。
2015-1-4_18-29-43


このままだと赤土晴絵は蒲原とは逆のベクトルで運転が下手ということになってしまいます。
ですが赤土晴絵は少なくとも大学4年生のときから運転をしている描写があります。
2015-1-4_18-53-30
そして全国大会前の遠征では長野や大阪、果ては神奈川や千葉まで車で遠征しています。
参考-阿知賀女子が大会前に遠征した高校の地名をざっくりと

となると運転が上手くないというのは考えづらいです。実際に阿知賀編第3局で高速道路を走行している描写を見る限り、そこまで遅い速度で運転はしていません。
2015-1-4_19-52-5


ではなぜ浜名湖から東京料金所へ行くまでにこんなに時間がかかったのでしょうか?
そのヒントは咲日和にありました。
2015-1-4_19-0-17
「部員の中に酔いやすい人がいて、浜名湖SAを出た後も頻繁に休憩を取っていた」、そう考えると辻褄が合いそうです。その酔いやすい部員は誰かというと…
2015-1-4_19-7-9
高鴨穏乃です。これはちょっと意外でした。てっきり松実宥あたりかと…。

浜名湖SA以降では牧之原SA、冨士川SA、足柄SA、海老名SAと4つのサービスエリアがありますのでそれぞれで20分ほど休憩を取っていたとすると250kmの道のりを2時間40分で走ったこととなり、その速度は93.8km/h。これなら特におかしな点はなさそうです。


というわけで今回の結論は次の2点です。
①阿知賀と千里山が浜名湖SAを出発したのは推定で14:30ごろ
②阿知賀は浜名湖SAを出発してからも酔いやすい部員(=高鴨穏乃)のため頻繁に休憩を取っていた


ところで阿知賀女子が夜に東京入りしていたという描写はアニメのみで原作では日の入り前に到着しています。
2015-1-4_19-22-49
これならば別に休憩を挟まなくても問題はありません。千里山の到着も特に描写されていませんしね。