2015-5-31_18-58-59
オンライン麻雀の天鳳は月540円の課金を行うとUI(ユーザーインターフェイス)をカスタマイズできます。せっかく鳳凰卓へ行って課金をしているので色々といじって咲-Saki-仕様に変更してみました。
ちなみにキャラクターを新子憧ちゃんにしたのは彼女が一番天鳳っぽい打ち方をするからです。のどっちはなんか違うんだよなぁ。

2015-5-31_20-13-54
今回仕様をいじったのは「卓背景」と「SE」そして「BGM」の3つです。

まず卓背景ですが解像度1024✕768の画像を表示できるようです。ただ、そのまま単に画像を差し替えるだけだと味気ないので全自動卓と同じように牌エレベーターや牌の投入口を追加してみました。
必要な画像と変更の仕方は以下のサイトを参考にさせてもらいました。
http://arakure.digiweb.jp/tenhou_takuga_make1.html

最初はこんな感じになったのですが、
2015-5-31_20-25-29
画像の中心部分は点リーダーが配置されるため常に憧ちゃんの顔が隠れてしまいます。仕方がないので中心からズレた位置に顔が配置されていたキャラソンのジャケットに変更しました。
2015-5-31_20-30-17


続いてSE。「ポン」「チー」「カン」「リーチ」「ツモ」「ロン」の6種の発声を憧ちゃんの声に変更します。
音声はPSPの咲-Saki-阿知賀編Portableから録音しました。録音しなくても生データを抜き出す方法はありそうですがそっち方面は詳しくないので…。ちょうど家にPSPのコンポジット出力端子とアナログキャプチャーがあったのでそれを使用してPCに接続。適当にソフトを入れて録音をしました。


録音したデータからSoundEngineで必要な部分だけ切り取ります。ついでにこの時に音量も調整。
2015-5-31_20-40-3
こんな感じで6個の音声ファイルを作成。天鳳の設定を開いてSEを差し替えます。
2015-5-31_20-58-11


最後にBGM。私は基本的に天鳳ではBGMをかけていなかったのですがせっかくなのでこれも差し替えます。背景もSEも憧ちゃんなのでBGMも憧ちゃんのキャラクターソングLive A-Lifeに。ただし歌詞が入ると私は集中力が落ちるのでシングルCDに収録されているインストverに。

BGMをかけるタイミングは麻雀の局の進行でいじれるようなのでオーラスだけFuturistic Playerに差し替えました。これはごくごく稀にオーラスをラス前と勘違いすることがあったのでその対策も兼ねています。


以上でカスタマイズは終了。実際に動かすとこんな感じになります。

思った以上に憧ちゃんぽくなったので満足です。これで七段坂を駆け上るぜ!


ただ、実際に動かしてみて気になったのは自分以外の3人も天鳳の音声選択を「女」にしていると憧ちゃんの声で鳴いてくることです。最悪の場合、4人全員が憧ちゃんの声で鳴いてきます。こればかりは仕様で仕方がないのですが…。
鳳凰卓の皆さん、音声選択は「男」を選んでください。お願いします。

6/1追記もこ
コメント欄で指摘をもらいましたが、設定で鳴きのSEを個別に設定できるみたいですね。
2015-6-1_22-57-17