2015-7-15_0-55-7
出題:九段 石井 新◯ (元新日本麻雀連◯会長) 

開局初めにまず3000・6000を、そして次に12000点を、3度目は7700点をアガリ。出足絶好調で迎えた東2局2本場の図は親の手牌。
一筒:麻雀王国一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国五索赤:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国二萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国東:麻雀王国 ツモ:東:麻雀王国 ドラ:一筒:麻雀王国
東が重なりテンパイに取れる手となったのは3巡目のこと。
問題はここでどう構えるかである。
①打三萬として二萬とダブ東のシャンポン待ち。
②打二萬として一四萬待ち。
もちろん、いくら好調でもリーチはないが、さて切る牌はどちらになるか。

2015-7-15_1-8-56
回答:
この局面で、ダブ東が出てくるメンバーなら、もうこれからは卓を囲まない方がよい。
そこでここは、ダブ東をアタマと考え、二萬を1枚そっと外して狙いは一盃口。
 


元ネタ その1 その2