2017-8-15_20-47-19
8/14に東京代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターにて行われた第2回咲-Saki-オープンクイズ大会に参加してきました。
参考-咲-Saki-オープン公式ブログ
関連-咲-Saki-オープンクイズ大会に参加してきました

前日は大三元四暗刻さんが呼びかけてくださった対策会に参加したり、当日も会場近くの喫茶店に集まって最後の予習をしたりしてから会場へ向かいました。
大会会場は作中で清澄高校が全国大会の開催中の宿泊地にしている場所です。実はこの場所に行くのは初めてだったのですが緊張していて余裕もなかったので写真を撮り忘れていたり。
2017-8-15_20-48-23
会場に着いてから最初にやることは予選コース選択の近似値クイズです。点数には直接反映はされませんがコース選択によっては突破が難しいこともあるのでかなり重要なクイズになります。
クイズの内容は①「アニメ版咲-Saki-の清澄高校5人のキャストの年齢の合計値」と②「実写版咲-Saki-の清澄高校5人のキャストの年齢の合計値」だったのですがここで大ポカをしてしまいます。
①の回答を「ざっくり35×5=175くらい」で記入した後に②をなぜかアニメ阿知賀編のキャスト5人の年齢の合計値」と間違って脳内変換してしまい「ざっくり25×5=125くらい」の値を記入。実際は100以下なので近似値を大きく外してしまったことが確定です。おそらく全参加者の中でもっとも近似値から遠い値だったと思います。
どうも自分では気づいていなかったのですが相当緊張していたようです。コース選択は予め決めていて「絶対に出たくないコース」が2つほどあったので、そのコースで名前が呼ばれないか毎回ヒヤヒヤしていました。

近似値のあとはすぐに予選第0局[初陣]のペーパークイズ。問題文はコチラ(123)。メモ書きで×が書いてあるところは私が間違えた箇所で点数は42/50でした。ある程度自信があったのでおおよそ満足できる点だったと思いましたが後で聞いたら最高点だったようでした。できすぎです。

続けざまに多答クイズの予選第1局[阻止]が始まります。最初にコース選択者全員が多答クイズを行い、点数が高い順に問題を選択。選んだ多答クイズの答えを全員が一つ書いて挑戦者が単独正解だったら勝ち抜け、というルールです。
「挑戦者になれるのは1回だけ」という縛りがあるため私はできれば避けたいと思っていたコースでしたが無事(?)選ばれず観戦席から眺めていましたがやはり面白いです。
対策問題もいくつか出たので多答クイズの回答が全てわかる問題も出ましたがだからと言って勝ち抜けるわけではありません。挑戦者の場合は他の回答者に書かれなそうな問題を、阻止者の場合は挑戦者が書きそうな回答や他の阻止者と被らないような回答を選ぶ、という駆け引きがあります。面白くてつい魅入ってしまったため結果をメモったり写真を撮るのを忘れたりしていますが。
このコースには大三元四暗刻さんが参加されていて見事2位抜けでした。
参考-第2回咲-Saki-オープンに参加してきました(予選編)

その後は昼食。レストラン「とき」の名にも惹かれましたが同じ建屋にあったラウンジで。
39
偶然にも丼物のメニューがタコライスだったのでそれを選択。
名前に「タコ」のつくものはなんでもパワーになる!

昼食後は部屋を変えての予選第2局[三麻]。三択クイズです。
前回のときにそれほどいい成績ではなかったのでここもパス。
ここには水面日和のminamosakanaさんが参加されていましたがメチャメチャ強かったです。もし私が出ていたら4~5位くらいでしたので避けておいて無難でした。
参考-第2回咲-Saki-オープンに参加しました

次は予選第3局[追想]、早押しボードクイズです。問題文が読まれたら早押しボタンを押したところで全員がボードに答えを記入。回答者が正解なら+3点、不正解で-3点。回答者以外が正解で+1点、不正解で±0点です。
このコースは事前の対策会で何度か練習しており成績も良かったので参加しましたが一つ大きな見落としがありました。それはレギュレーションにある「ボタンを押した人は正解+3、誤答-3&3回で失格」の最後の部分です。ここを対策会では無視しておりそれが大誤算になりました。
対策会での私は誤答を気にせずガンガン答えていって、その結果点数が良かったというだけでした。本番でも同じ感覚でボタンを押していきましたが、最初こそよかったものの確定ポイント前で問題を押して誤答ししたり、ポカミスで誤答したりしてあっというまにに。後がなくなった瞬間に全くと言っていいほどボタンが押せなくなってしまいます。ほんとにボタンを押すのが怖い。
しかしボタンを押さずにボードだけでは全然点が増えず、上位が勝ち抜けて行く中で勇気を出してボタンを押し「坂根千沙」を正解して+3点。その後はボードで+1点を刻んでなんとか4位勝ち抜けでした。終わったあとは汗びっしょりで疲労困憊。ある意味一番クイズを堪能した回でした。

続いて長文早押しクイズの予選第4局[怒涛]
問題文の前半は咲-Saki-に全く関係のないクイズの問題文で後半で咲-Saki-に関連する文に繋がります。ここは「絶対に出たくないコース」でしたが観戦していてその選択で間違いなかったことを確信しました。問題文の前半でほど勝負が決まるため私が出たら惨敗もいいとこだったと思います。「2014年全米オープンテニスで準優勝した錦織圭…」「のどぐろ」とか私には絶対無理です。ちなみに回答したのは前日に一緒に対策会に参加した岡崎さん。前日から薄々思っていましたがこのコースを見て岡崎さんとは決勝まで当たらないコースを選ぶことを心に決めました。
このコースにはいのけんさんが出ていたので近々まとめてくれるでしょう。

予選第5局[初心者]はクイズ未経験者限定のコース。私は前回の成績のおかげで選択不可のコースでした。オーソドックスな早押しの3○2×。初心者限定とすると2×が厳しそうでした。
おーたむさんが強烈な強さで勝ち抜けて行きました。彼は以前吉野に行ったときに第1回咲-Saki-オープンの問題で早押しクイズを行い、その時から強いことはわかっていたのですがここまでとは。彼とも決勝まで当たらないコースを選択しよう。
大三元四暗刻さんがちゃっかり出て2位抜け。

次は予選第6局[最速]。2分間のタイムレースクイズです。
事前に対策をしていなかったのでできれば避けたいコースでしたが近似値クイズのポカもありここへ。で、出てみて思ったのですが私このコースかなり得意でした。先程も書いたとおり私はガンガン押して不正解数以上に正解数を稼いでいくのが好きなので不正解のペナルティが軽いこのコースはやっていてすごく面白かったです。
事前に作問していた問題もいくつか出たので「桧森誓子と本内成香がなかy…」「鼓笛隊」のようにかなり早いポイントで問題を押すことができました。
ガンガン押したおかげて10ポイント稼いで1位通過。これにて私の予選は終わりです。通過は確定できて一安心でした。

予選第7局[選択]は前回もあったキャラクターの能力が付与される早押しクイズです。
能力は以下のようになります。
2017-8-15_22-54-5
印は私が出るなら選ぶ能力です。2問連続正解で勝ち抜けられる宮永照が強烈かと思いましたが参加者で選ぶ人はいませんでした。
自分の予選が終わってホッとしていたせいかあまり覚えていませんがいのけんさんが出ていたので後ほど詳細にまとめられるでしょう。

ラストの予選第8局[防塞]は早押しで正解したら他2名をしていてその人の回答権を奪い、最後の一人になったら勝ち抜けというもの。ここも私が「絶対に出たくない」と思ったコースでした。上位で勝ち抜けるには序盤は目立たないで指名を逃れて数名になったところで反撃するステルスモモ戦略か自力で連続正解して他全員をトバす宮永照戦略の2つが考えられますが一人で何問も連続正解は難しく、私が出ても勝ち抜けるビジョンが見えませんでした。
ここに出場したいくたさんはこの宮永照戦略で4連続正解し上位抜けしており見ていてカッコよかったです。また要注意人物が増えたなぁ、と。

そんなこんなで予選は終了。1位は2部門で1位のおーたむさん、2位は1位2位を取った岡崎さんで私は3位でした。
準決勝は3コースあり、どれもおおよそ同じですが誤答のペナルティが少し違います。①は3問回答不可、②は-1ポイント、③は3回で失格、となります。私は②を選ぶつもりでしたがおーたむさん、岡崎さんの動向次第でコースは変えようかとも思いましたが都合よく(?)2人は②を避けてくれたので当初通りに②を選択。

準決勝第1局[約束]は7問正解で勝ち抜け、誤答の場合は3問の間回答権を失うというもの。
岡崎さん、てんぷろさん、KWSKさん、せみおとさんと対策会に参加したメンバーがいっぱいで誰を応援するか悩みました岡崎さんが圧勝。やはり強い…。最終的にてんぷろさん、KWSKさん、せみおとさんが5ポイントで並びましたが40問終了で打ち切り。予選順位の高さでてんぷろさんが決勝へ。偶然にも2人共前回は準決勝敗退だったので3年越しのリベンジでしたね。

私の出た準決勝第2局[激化]は正解+1ポイント、不正解-1ポイントで7ポイントで勝ち抜けです。
一応「-3ポイントで失格」というルールも合ったため序盤は少し遅めにボタンを押しましたがある程度稼いでからはガンガン押していくスタイルに。最終的に9問正解2問不正解で無事1位抜けでした。2位は予選下位だった初心者(仮)さんが下克上で決勝へ。

準決勝第3局[混戦]は7問正解で勝ち抜け、3問不正解で失格のいわゆるナナマルサンバツです。
本命だったおーたむさんが3×で失格になったりと「混戦」というタイトルに相応しい中、予選最終局で4連続正解をしたいくたさんが1位抜け。2位争いは同点でラスト数問の争いを制した人生全休符さんが決勝へ。いのけんさんは前回同様準決勝敗退でした。残念。

さていよいよ決勝です。メンバーは岡崎さん、私、いくたさん、てんぷろさん、人生全休符さん、初心者(仮)さんの6名です。
開始前にメンバーの意気込みを聞かれたので「優勝とかは大それたことは言わず前回から1つだけでも順位を上げたいです」と軽いボケをかましておきましたが次のいくたさんの発言がちょっと驚き。
いくた「実は私は○○大学のクイズ研究会の会長でして、本日は3名で乗り込んだのですが…」
私(あっ、この展開知ってる!自分以外が全滅しました、ってオチだ!)
いくた「全員決勝に残りまして」

決勝6名の内3名が○○大のクイ研かよ!どんだけ強いんだよ!
と、まぁそんなこんなで決勝開始。決勝[決着]のルールはボードクイズ10問と早押し40問で10点勝ち抜けです。
まずはボードクイズから。観客は問題をプロジェクタで映したスクリーンを見て、我々には問題用紙が配られます。ボードの回答時間は60秒。
第1問目はコレ。
手牌クイズ この手を和了ったのは誰?
東一局一本場 東家

中:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国白:麻雀王国白:麻雀王国一筒:麻雀王国一筒:麻雀王国 チー四萬横:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国 ロン白:麻雀王国 ドラ三萬:麻雀王国

咲-Saki-の中で大三元の和了は渋谷尭深だけなので速攻で書いてから猛烈な違和感(10秒)。
渋谷尭深は南をポンしたはず。だけど他に大三元を和了ったキャラは居たか?田中舞は聴牌止まりだし小草愛梨も違う(20秒)。
アニオリか?立-Ritz-か?と思ったけど該当の牌姿が浮かばず(30秒)。
と、ここで圧倒的閃き!確か咲-Saki-声優の誰かが大三元和了ったとか言うのを聞いたことがあるぞ。確か「伊達プロ」とか呼ばれていたはず(40秒)。
と思って「だてありさ」と回答。
回答時間が終わってボードを見せて少しざわめきましたがコレが見事に正解。自分で言うのも何ですがよくアレを捻り出せたな、と。60秒の回答時間があるボードでなければ絶対に無理でした。

その後は対策で作った問題がバッチリハマったりもして5問中4問正解した(外した2問目も惜しかった…)のですがそこから少し足踏み。8問目のこの問題は笑いましたが流石に正解は無理でした。

ボード9問目は「内木一太が清澄高校麻雀部のために作った応援動画のファイル名(拡張子まで含む)」というもの。普通に考えてこんなの答えるのは無理ですがなんとこれを事前にやったペーパーで対策していました。作ってくれたのは前回出場で今回も午前中だけ参加してくれた最強中学生(現在は高校生)の富樫さん。ありがとうございます。
ボードは5ポイント獲得者が出た時点で打ち切りのためここまで。この時点で他のメンバーより3ポイントリードできているのはかなりのアドバンテージでした。
早押しになっても順調にポイントを重ねていきましたがジワジワと迫って来る人が。予選下位だった初心者(仮)さん。あまりに鮮やかな回答が多いため思わず「どこが初心者だよ!」と叫んでしまいましたがどうも「咲-Saki-を知ってまだ5ヶ月の咲-Saki-初心者」だそうで。「対木もこかよ!」とこれまた叫んでしまいました。
また人生全休符さんの「実写版で高校生の宮永咲を」「安藤美優」とかも素晴らしかったです。答えを知っててもあそこまで早く回答できないって!この日の中で一番輝いていた回答だと思います。

そんな猛追をかわしつつ「実写版で宮永咲のネット麻雀の成績は」「42%」でフィニッシュ。無事に優勝できました!

「嬉しい」よりも「ホッとした」が最初の実感でしたが後からジワジワと嬉しさが。
優勝できたのは自分一人の力よりもいろんな人に助けられたからな気がします。事前の対策会を3回も開いてくれた大三元四暗刻さんや他の参加者の方。決勝のボード問題は富樫さんのお陰で解けましたし、ペーパーの24問目なんかセカイさんのこの記事(プレゼン)がなかったら多分解けなかったと思います。「映画未公開シーンで」「農家のおじさんにトラックで連れて来てもらった」はブログ記事を書いたから答えれましたがこれも元を辿ればいのけんさんとセカイさんがイベントを開催してくれてそこで台本を当てたからですしね。応援してくれた方の期待も力になりました。
本当に皆さんには感謝でいっぱいです。その後の飲み会も含めて非常に楽しい一日でした。大会を企画してくれたやっさん、RYOさん、マツケンさん、参加された皆様、twitter等で応援してくださった皆様、ありがとうございました。
もし第3回大会がありましたら次も1つでも順位を上げれるよう頑張ります!
2017-8-16_0-36-3