2005年12月02日

おいしい食べ物は生きる基本ですね

今日もご飯を作った。今日はかおりんとの合作だった。

酢豚…僕が作った。なかなかまいうー。にんじんを星型に切るのが難しかった…クッキーの型みたいのがあればよかったんだけど。

石狩汁…僕が作った。鮭のカマが安く売っていたので衝動的に買ってしまった。石狩汁、うまし。ねぎのぶつ切りとかいれてもおいしかったと思う。えのきが◎。鮭の塩気がきになったけど、ちょっとなじませたらいい塩梅になった。

なすの揚げびたし…かおりんが作った。酢がきいててこれまたウマス。うちになすの揚げ煮という定番メニューがあるが、それとはまた違ったおいしさ。

春菊の胡麻和え…かおりんが作った。いつもよりちょい甘めで、これまたおいしい。

バランスが良くておいしい食事は生活の基本だと強く感じた。野菜をたんとたべるぞ!


昨日珍しく宿題を3時くらいまでかけてやった。自分にしてはだいぶん粘ったほうで、寝たときにはずいぶん達成感があった。そのせいもあって今日の1,2限はねぶっちしてしまったのだが、どうやらその授業も休講だったらしくとても嬉しかった。

学習ってやってる内容もさることながらできるということ自体にけっこう喜びがあるものだと思う。当然できなかったらおもしろくないし。
で、教えるほうの一番大事な仕事ってのは、生徒の力を見極めてその人がぎりぎりこえられるくらいのハードルを設定して、それを乗り越えるまでじっとそれを見守ってあげることかな、と思った。


同じ言葉を吐いてもすごく説得力がある人とあまり説得力がない人がいる。僕はどちらかというと後者だと思う。

説得力がある人って言うのは生き方・生き様・あり方がかっこよかったりリアルだったり力強かったりするのかな、と思い。

自分も表現しようとするものとして、表現の方法をなるべく洗練させるとともに、その表現の土壌となる自分をなるべく理想に近づけようとする努力はしてると思うのだが。

震えるような言葉を吐きたい。


他の人にどんなに振り回されても自分は他人にやさしくできるようなそんな図太い人間を目指している。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sinookun/50241040