2005年12月05日

めぐり人つながり

このブログがとうとう100回目を迎えた!

いやー、すばらしい。去年の12月から書き始めたから一年か。だいたい3・4日で一回の割合というわけだね。うんちょうどいい。

ということで過去の履歴を全て読み返してみた。



面白いね、これ!

いやー、なかなか面白いじゃん、このブログ。僕が知っているブログの中でも有数の面白さだ。ブログは書いている人の情報を収集するという意味合いがあるからそういう面白さに関しては(自分についてかいた書いたものなわけだから)当然劣るわな。でもそれ以外の内容に関してはけっこうおもろいなーと思った。

僕のブログの歴史。

「悦楽」の時代…一番重くて一番ディープな時代。1〜30回目まで。悩んでいるのが目に見える。このころと、Funnyの一部が一番面白い。
                 ↓
「懸命」の時代…がんばろう!と思っていた時期。31回目〜45回目。すごく更新が滞っている。4,5月の二ヶ月で合計更新回数7回。ひどい。
                 ↓
「Funny」の時代…一番流れに迎合している時代。46回目〜100回目。基本的に毒がないので読み返してもあんまり面白くない。毒にもクスリにもならないことが多い。たまに面白いけど。みんなは読んでて面白いと思うが、書いた張本人がよんでも別に何の感慨も沸かない。

読み返してみたら予想以上に「Funny」の割合が多かった。自分ではもっと多く「悦楽」とか「懸命」とかやっていたつもりだったんだけれど…一個一個が昔のほうが重かったかなぁ

最近ちょびちょび「Funny」にもスパイスがきいてきたかな、とも思う。まぁすこしでも満足できるブログを書きたいと思う。

面白かった回

12月
・論理の放棄という悦楽
・自信

1月
・シンプル・イズ・ベストに対する疑い〜単純化の危険性〜
・「自然」である、「普通」であるということの恣意性
・教会に行ったこと

2月
・「キモチ」という立体にただふれてみたいだけ
・あたかもひよこのオスとメスをわけるかのごとく
・一生を懸命に
・愛するという能力

3月
・世界には60億本の回転軸がある

5月
・芋虫をつぶす

9月
・どーも

10月
・桜の上の空は黒く突き抜けていてそれがたまらなく懐かしく思えた

11月
・ただ回っているような
・「僕はねぇ、別に開き直ってるわけじゃないんですよ。これはねぇ、悪あがきなわけですよ。」

これからも読みたい方はどうぞ読んでください。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sinookun/50245619
この記事へのコメント
私は『「キモチ」という立体にただふれてみたいだけ』と『冬の朝』が好きだなぁ♪
Posted by かおりん at 2005年12月06日 00:11
よんでるねぇ…!君かなりよみこんでるねぇ!
冬の朝とか言ってる時点でかなりのこのブログ通だよ。

毎回しっかりよんでくれてありがと♪
Posted by おおいずみ at 2005年12月06日 00:45
私は「桜の上の空は黒く突き抜けていてそれがたまらなく懐かしく思えた」と「日曜ブギ 作詞作曲:大泉☆コウタ」が好きだなぁ♪
Posted by みったりん at 2005年12月06日 03:04
おお、二つともコメントくれたやつですな。まりがとー♪
Posted by おおいずみ at 2005年12月07日 00:11