今年も空き家の実家の庭木の剪定をシルバー人材に頼みました。
後かたずけは今年は自分一人でしました。
夫と少し揉めまして。。

綺麗に仕上がった庭木を眺めて思ったんですが

昨年まではこのかたずけ作業が辛くて
木を何本か切ってしまいたいと思っていました。

ところが今年ひとりでかたずけて
達成感を味わうと
小さい頃から馴染んだ実家の庭木たちが愛おしく思えてきて
どの木を切っていいか悩んでしまう
いっそこのまま自分が出来るまでは残そうかと思ってしまいました。

こういう情緒的な想いはこれからも増えるかもしれないなとふと感じました。