2008年05月07日

ブログ移転しました

ども、スィンです。

このたびブログを移転することとなりました。
移転先のブログのアドレスは以下になります。

http://sinproject.blog47.fc2.com/

sinPocketStopWatch は 新しいブログのほうで Ver 3.11 がリリースされていますので、最新版をご利用ください。

これからもスィンプロ(s|nProject)をよろしくお願いいたします。

2007年03月24日

sinPocketStopWatch 製作の苦労話(パート2)

お疲れ様です、スィンです。

この記事は製作の苦労話(パート2)です。sinPocketStopWatch のソフトの紹介は
http://blog.livedoor.jp/sinproject/archives/50735698.html
こちらをご覧ください。

フリーソフト1つ公開するのにやたらと手間がかかるのは、血液型が「A型」だからなのだろうか。それとも、職業もプログラマーであることが災いしてるのか。

もう、すっごい手間なんですよ、個人的には。
でもそれでもなんか色々とごちゃごちゃやってしまうんですよね。

で、何が手間かというと・・・

▼ソフトの仕様を考える。いっぱい考える。練る練る。
キモですね。思いは伝わらなければ意味がない。言いたいことは言わなければ分からない。これをソフトにたとえると、使えないソフトは使ってもらえない。

だから、第1印象「これいいなぁ!使ってみよっと!」と思ってもらえて、
第2印象「便利だからとりあえず色々使ってみよっと」と思わせられないと、ソフトウェアとしては「くそアプリ」の称号を頂いてしまうわけで、仕様というのは肝心要なわけです。

他のストップウォッチツールと仕様の差別化は以下のような事を行いました。

・モードが2つある(サスペンド対応の通常モードとサスペンド制御の高精度モード)
・左ソフトキーの機能切り替え
・ログはセッションごとに保存。時刻とラップとトータルタイムを記録。
・ログは、集計結果も含めて保存可能に。データはカンマ区切り。

▼UI(ユーザーインターフェース)を模索する
ユーザーインターフェースとは、画面のレイアウトとか、入力とか、そういった画面周りの仕様で「使用感・操作感」のことです。

仕様が良くできあがっていて、いろんな機能があっても、その機能がどこにあるか分かりにくいとか、利用するまでの手順が面倒だとか、そういうのがあると「高機能なんだけど使いにくいなぁ」となってしまいます。

なので、必要最小限必要な機能を実装し、それぞれの機能を分かりやすく、アクセスしやすくする工夫には苦労しました。やっぱり、はじめにこうしようと考えていても、作りながら不便さを感じて色々と直した部分がありました。仕事でもプログラムをやってる都合で身に付いた「個人的理想UI」になってます。

例を挙げると・・・

・設定の保存は OK ボタンで 暗黙的に行わず Save ボタンで行う。
(Apply(適用)ボタンにしようか迷いましたが・・・)
・変更されているのに設定画面を抜けようとしたら、変更されているというアナウンスを表示。
・保存が完了したら、完了したことをアナウンス。
・変更を元に戻せるように Cancel ボタンを実装
・アプリ終了時は終了確認を行う。
・サウンドファイルは入れ替えを簡易に、そしてお気に入りみたいな感じで。

とまぁ、あげると色々とありますが、他のモバイルアプリケーションと若干インターフェース等が異なる部分があるかと思います。それは多分、ある人は「別そんなことをしなくてもいいんじゃない?」と感じるかと思いますが、あるひとは「ほほー」と感じてくれると思います。

▼コーディングする(プログラム書く)。分からないことは調べまくる。
何年プログラマーをしていても分からないことってたくさんあります。コーディング時は実際にコードを書いている時間よりも、考えたり調べたりする時間の方が多いものです。

でもって、考えたり調べたりすることがなくなってしまうとつまらなるもので、実際は「考える・調べる・身に付く」があるから楽しいんです。

ソースコードを公開していないのでプログラムの内部的なことは分からないと思いますが、コーディングスタイルを決定し、共通ロジックはライブラリにまとめ、すっきりし、かつ不可解なバグがでにくいようなつくりを心がけて製作しています。どうせメンテするのも自分ですし、拡張したくなることも後々出てくると思うので。ま、コーディングの詳しい話はここでは避けておきましょう。
(そういう話も聞いてみたいという方がいれば書きたいことは山のようにあるのですが(笑))

▼テストする。デバッグする。
さて、仕様も完璧だ。UIも惚れ惚れするものだ。さぁどうだ!と提出しても、「まともに動かないソフトウェアほど」萎えるものはありません。

結局、まともに動かないものは、「使えないもの」なのです。なので、テストとデバッグ(バグを直すこと)はかなり重要であります。うん。重要。

テストをしていないソフトウェアは、料理で言うと「味見をしないで作った料理」と同じです。おいしいかもしれません。でもたいていは味の調整が必要でしょう。味見(テスト)をして、味の調整(デバッグ)をすれば
もっといいものが出来るに決まっています。

▼ヘルプファイルを作る。必要十分であり12分でないこと。
フリーソフトのヘルプを作成する際は、最低限以下の記述が必要でしょう。

・作品名
・バージョン
・著者、著作
・説明
・対応環境

で、以下の表記も必要でしょう。

・バージョン
・免責
・更新履歴

さらに、以下のことも書いてあればよいでしょう。

・インストール方法(アンインストール方法)
・仕様(または仕様による制限事項)
・協力者への感謝の言葉

私の場合は、説明を「概要・特徴・使用方法」に分けて解説しました。また、掲載していただいているサイトへのリンクも作っておきました。

▼英語のヘルプファイルを書いてくれる人を探す。お願いする。
海外ひとにも使ってもらいたかったので、英語のヘルプファイルを準備しようと思いました。英語は読めるのですが、たいした文章は書けないという典型的な日本人ですので、英語のヘルプファイルの作成は協力を頂きました。

▼告知する・営業する・掲載する
製品を作っても、周知しないと意味がありません。いろんなサイトへ掲載登録をしたり、知人に「良かったら使ってみてよ!」と営業活動を行いました。

これが最後の山です。作ったものはぜひいろんな人に使ってもらいたい、見てもらいたい。そう思うのなら、待つのではなく、自分から積極的にアピールしなきゃいけませんね。

▼まとめ
とにかく疲れました。でも「やり終えた〜」というすがすがしい気分です。皆様が色々なシーンでこの製品を利用していただければ光栄です。


しかし、タイマーの製作がまったく進んでおりません。仕様をあれこれ考えて書いていたのですが、1から仕様を考え直しています。あくまで実用重視でスパイスの効いたタイマーを作ろうかなと・・・

LEDとバイブの制御については分かりました。でもテストしていません。私が作るタイマー、使ってみたい人がいるかな・・・

sinPocketStopWatch Ver 2.10 アップデートリリース


メイン画面
メイン画面



ログ画面
ログ画面




設定メイン
設定メイン




設定サウンド
設定サウンド




sinPocketStopWatch Ver 2.10(スィン ポケット ストップウォッチ) をアップデートリリースしました。更新内容は「更新履歴」をご確認ください。

●Vector
ダウンロードはこちら
(Vector が最新でない場合は以下からダウンロードしてください。)

●s|nProject よりダウンロード
▼sinPocketStopWatch Ver 2.10
ダウンロードはこちら(CAB形式 203KB)
ヘルプファイル(日本語)はこちら
help file in english [ヘルプファイル(英語)はこちら]

▼sinPocketStopWatch Ver 2.00(旧バージョン)
ダウンロードはこちら(CAB形式 73.1KB)

--------------------------------------------
■概要
--------------------------------------------
「スィン ポケットストップウォッチ」は、Windows Mobile 5.0 上で動作する、ストップウォッチです。

本ソフトウェアはフリーウェアです。無料でご利用いただけます。

--------------------------------------------
■特徴
--------------------------------------------
いつでもどこでもお手軽に利用できるストップウォッチです。
ストップウォッチの表示モードは通常モード、高精度モードの2種類があります。

▼高精度モード
時、分、秒、に加え 100分の1秒単位で表示します。
サスペンドモードに入らないよう制御されます。
計測中はストップウォッチみたいにピコピコ点滅します。

▼通常モード
時、分、秒を表示します。サスペンドしていても正しい時間を計測できます。のんびり計測したいときはこちらをご利用ください。

ログ画面では、計測時間のログリストと、分析結果が表示されます。

・計測アクション時(ボタン押下時)の時刻、ラップタイム、トータル時間の明細ログ
・ログから分析された、平均ラップタイム、最高ラップタイム、最低ラップタイム、トータル時間の表示

オプション画面では、起動時のモード変更、サウンドの設定などが行えます。

--------------------------------------------
■対応環境
--------------------------------------------
Microsoft Windows Mobile 5.0 が正常に動作する環境
(W-Zero3[es] でテストしました。)
・・・で動くと思いますが、動作トラブル等有りましたらお知らせください。

▼利用者の皆様へお願い
W-ZERO3[es]以外の機種で動作確認ができましたら、
Blogのコメント欄かメールでご連絡頂けると大変助かります。
よろしくお願いいたします。

▼以下の方より動作報告を頂いております。ご協力ありがとうございます。
メーカー 機種 - お名前
--------------------------------------------
・SHARP W-ZERO3 WS003SH (WM5.0) - to-y様
・SHARP W-ZERO3[es] WS007SH (WM5.0) - balberith様、nano様
・HP iPAQ rx4240 (WM5.0) - Drilliant様

--------------------------------------------
■Compact Framework 2.0 のインストール
--------------------------------------------
このソフトウェアの実行には、.NET Compact Framework 2.0 SP1 のインストールが必要です。

.NET Compact Framework 2.0/2.0 SP1は以下のマイクロソフトのページで配布しています。

.NET Compact Framework 2.0 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=0C1B0A88-59E2-4EBA-A70E-4CD851C5FCC4&displaylang=ja

プログラムの削除の画面に「Microsoft .NET CF 2.0」がある場合はこのステップは必要ありません。

以下、ActiveSyncを使ってPocket PC/スマートフォンにインストールする手順です。

1.PCとPocket PC/スマートフォンをUSBケーブルで繋ぎます。
2.Pocket PC/スマートフォンに付属のCDをPCにいれ、画面の表示にしたがってActiveSyncをインストールします。
3.ActiveSyncを起動したまま、PC上の.NET Compact Framework 2.0/2.0 SP1のインストーラーをダブルクリックし、
.NET Compact Framework 2.0/2.0 SP1をPocket PC/スマートフォンにインストールします。

--------------------------------------------
■インストール・アンインストール
--------------------------------------------
ダウンロードしたCABファイルを直接実行することでインストールが行えます。
MiniSDへのインストールも可能です。
インストール後はプログラムメニューにショートカットが作成されます。

アンインストールは「プログラムの削除」から行ってください。

--------------------------------------------
■使用方法
--------------------------------------------
▼ストップウォッチ
Start でスタート、Stop でストップ、Reset がリセットです。はい。
Split ボタンは 周回時間の計測(時間のチェックポイントです)等に利用できます。

起動時、および Reset 後は、Change Mode により表示モードを切り替えることができます。

▼ログ
1回の計測(ストップボタンを押すまで)を1つの「セッション」としています。
セッションの途中に、Start、Stop、Split を押したタイミングで、
時刻、ラップタイム、トータルタイムのログが蓄積されていきます。

セッションごとに上記ログを集計して、平均ラップタイム、最高ラップタイム、最低ラップタイムも表示します。

セッションはメニューから、ログ行はタップ&ホールドで削除することが可能です。
セッション情報は、テキストファイルに保存することが可能です。

▼オプション
プログラム起動時に、どちらのモードにするかを設定できます。
ストップウォッチ動作時に左ソフトキーで Split にするか、Stop にするかを変更できます。

サウンドの設定が行えます。 Add ボタンでリストに追加します。
リストのファイルを選択して、Play ボタンで再生テストが行えます。
それぞれのサウンドファイル指定行の右のボタンでサウンドをセットします。
チェックをつけたサウンドが有効になります。

とりあえずつかってみてください。いじり倒しても、しっかり考えても、
どーしてもわからない時はメールか Web でご質問ください。

--------------------------------------------
■その他、仕様等
--------------------------------------------
開発環境: Microsoft Visual Studio 2005 C# (.NET Compact Framework 2.0)

▼ストップウォッチの精度について
高精度モードでは、OS上で取得できる高性能なカウンタ
QueryPerformanceCounter(WIN32API) を利用し、可能な限り制度の高い計測を試みています。
しかし、アプリケーションの仕様上の問題や、バックグラウンドで動作しているアプリケーションやタスク、
及びOSの状態等による負荷が発生する可能性があるため、
100分の1秒表示については正確性を保障することは出来ません。あらかじめご了承ください。

なお、メニューを開いたときや、他のアプリの割り込み等によるイベントが発生した際に、
ストップウォッチの表示が一瞬とまったように見えたり遅くなったりすることがありますが、
内部的にはカウンターを更新しておりますので、
上記のような現象で計測が狂ってしまうことはないと思います。

▼ログファイルの保存場所、サウンドファイルについて
Smart-PDA.net サイト管理者様のご好意により、
.Net CF 2.0 に対応したFileDialogを作成していただきました。

以前のバージョンでは My Document フォルダ以下、または
MiniSDの第1階層のフォルダ以外を参照できなかったのですが、
今回のバージョンアップですべてのフォルダを参照できるようになりました。

▼サウンドファイルについて
サポートしているサウンド形式は Wave 形式のみです。
MP3にも対応可能なのですが、ファイルサイズが大変大きくなってしまうという問題があります。
それでもMP3に対応してほしい!というご意見がありましたらぜひお寄せくださいませ。

ご意見ご要望等ありましたら、メールでお聞かせ頂けると幸いです。

--------------------------------------
■製作・著作・免責
--------------------------------------
本ソフトウェアはフリーウェアです。使用形態、使用目的に関わらず無償でご利用頂けます。
但し、著作権は s|nProject が保持しています。この権利を侵害する行為は固く禁じます。

Webサイトの記事や、Webサイトでキャプチャ画面の利用に関しては、ご自由に行ってください。
書籍、雑誌、付録のCD-ROM等への収録等を行う場合は、事前連絡をお願いいたします。
※連絡のみで結構です。返答確認を行わずに収録を行って頂いてかまいません。

本ソフトウェアは、公開前に動作テストを行ない、正常に動作することを確認しておりますが、
万一本ソフトウェアおよび本ソフトウェア関連資料のご利用によって、
いかなる損害が発生したとしても s|nProject ではその賠償責任を負いかねます。
本ソフトウェアの使用に関しては全て使用者個人の責任において行なって下さい。

--------------------------------------------
■Special Thanks
--------------------------------------------
▼アイコン
アイコンは、「ちょめ」さんに作成していただきました。
http://blog.livedoor.jp/c_sentai/

▼ヘルプファイルの翻訳、英語の指導
ヘルプファイルの翻訳、英語の指導は「birdeagle」さんにご協力いただきました。
http://ameblo.jp/birdeagle/

▼ファイルダイアログ(OpenFileDialog, SaveFileDialog)
Smart-PDA.net サイトで公開されている FileDialog.dll を利用しています。
お忙しいところ何度もメールでやり取りをして、.NET CF 2.0 に対応していただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。
http://smart-pda.net/
http://smart-pda.net/develop2+index.id+2.htm

--------------------------------------------
■更新履歴
--------------------------------------------
2007/03/24 -- Ver. 2.10
ログファイルの保存先、及びサウンドファイルの読込先で、すべてのフォルダの参照に対応。
サウンドのパスをセットするときに、テキストボックスのカーソルが最後尾に移動しない障害を修正。

2007/03/02 -- Ver. 2.00
ログ明細削除時に、1行下のLapTimeを再計算するようにした。
ログ保存機能を追加(集計情報、及びログ明細の出力)
設定画面を追加。
初期モード、左ボタンの動作、サウンド設定が行えるようにした。
計測時、一定周期、及びボタンクリック時にサウンドを鳴らせるようにした。

2007/02/23 -- Ver. 1.40(公開なし)
ログ閲覧機能を追加
 セッション毎に管理、Start, Stop, Split でログ蓄積
 ログ、及びセッションの削除、ログの分析(平均、最高、最低ラップタイム、トータルタイム)
メイン画面での Split ボタン押下時は、ラップタイム、トータルタイムを表示するように変更
アイコンの変更

2007/02/19 -- Ver. 1.00
「ストップウォッチ」として単独リリース。
タイマー計測方法を高性能なものに変更。100分の1秒表示に変更。
高精度モードでサスペンドを制御。ピコピコ効果を追加。
ソフトキーによる Start、Stop を追加。
About画面にアイコン、Webサイトリンク、メールリンクを追加。

2007/02/17 -- Ver. 0.40
Webサイトで公開開始
ストップウォッチ機能だけ実装してプリリリース(タイマーアラームとセットにするつもりだった)

--------------------------------------------
■謝辞
--------------------------------------------
以下のサイトに掲載されました。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

▼ソフトウェアライブラリ
WindowsCE FAN - ソフトウェアライブラリ sinPocketStopWatch
Vector - トップ > ダウンロード > 他のOS用 > WindowsCE用 > パーソナル
窓の杜 - W-ZERO3でラップタイムを計測できるストップウォッチ「sinPocketStopWatch」

▼Blog・ニュースサイト
はりもぐら ブログ W-ZERO3レビュー - 新作ストップウォッチ『sinPocketStopWatch』
W-ZERO3 ツールMEMO - 2007-03-24(土)
W-ZERO3 ツールMEMO - 2007-03-03(土)
伊藤浩一のW-ZERO3応援団 - [X01HT]sinPocketStopWatch
useWill.com - W-ZERO3シリーズで使えるストップウォッチアプリ「SinPocketStopWatch」
a nomaly's Diary - W-ZERO3 Software 【Accessories-Timer】
X01HTの日記 - 2007-03-02
MOBILE DAILY NEWS blog版 - 2007-03-02
年中忙中閑あり

▼ソフトウェアライブラリ(海外)
FreewarePPC.com
Descargar
Freeware for Pocket PC
MobileTopSoft
SOFTPEDIA
Elpais.com
Yahoo! Descargas
Terra Free download
www.superpda.net
Descargar
PPC Warez

2007年03月05日

タイマーの仕様について考えてみる

ども、スィンです。

今はまだコーディングには入ってませんが、「ストップウォッチ」が完成したので、次の作品の「タイマー」について色々と仕様を練っているところです。

ただ、Windows Mobile 上で動作する「タイマー」アプリに関しては、皆さんいいものを作られているようで、

「いまさら自分が作らなくても・・・・」

と思っているのですが・・・・・・

いやいやいやいや!そうじゃなくて。。。話が終わってしまうじゃないか!
もとい、

「後発としては、既にリリースされているものより良いものを作らなければ」

ということで悩んでおります。

とりあえず今考えている仕様をまとめておきます。

■アラームの機能
・とりあえず音が鳴らせる
・バイブにも対応
・LEDも光らせる
・メッセージも表示できる
・ファイルも実行できる(自動、手動選択可)
・タイマー時間超過後の時間も表示する
 (時間は、減算するタイマー、加算するタイマー、タイマーセット時間の3種を表示)

■設定内容
以下の設定が行える。
・タイトルの設定
・タイマー時間指定
・サウンド指定(MP3など、Wave以外のサウンド再生もサポート)
・サウンドは再生回数、スヌーズ(間隔、回数)の指定
・メッセージ
・プログラム実行

■実行方式
・登録済みタイマー定義ファイルの一覧より、選択して実行
・登録済みタイマー定義ファイルのショートカットから実行
 (定義済みをすぐに実行できるようにするため)
・簡易タイマー(時間のみの指定ですぐに起動できるもの)

■定義ファイルについて
・簡易タイマー用の定義ファイルも(初回起動時は音だけ)
・タイマー定義ファイルは複製利用可能
・タイマー設定画面では、保存のみ、保存して実行、保存せずに実行が出来る

痒いところに手が届くくらい機能は充実させて、
それでもって使い勝手もいいように・・・
と、なかなかな両立が難しいことを考えております。

今分からないのは、LEDとバイブの制御。
色々と調べてはいるんですが・・・
制御方法をご存知の方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください(汗

2007年03月02日

sinPocketStopWatch 製作の苦労話

ども、スィンです。

この記事は製作の苦労話です。sinPocketStopWatch のソフトの紹介は
http://blog.livedoor.jp/sinproject/archives/50735698.html
こちらをご覧ください。

以前にも書きましたが、このソフトの製作は、もともとアラームソフトを作ろうと思って始めたのがきっかけです。アラームと、タイマーと、ストップウォッチを統合したものを作ろうとしていたのですが、ストップウォッチの脳内仕様書が膨れ始めたため、分割することになりました。製作プランは以下のとおり。

1. ストップウォッチ > 2. タイマー > 3. アラーム

とりあえずストップウォッチは完成かな、と考えております。Ver1.00のころは100分の1秒精度で、分割タイムの取得も出来たのですが、リリース後に、

「ってか、ラップタイムも計りたいやん」
「ってか、タイム計ったら保存もしたいやん」
「ってかさ、せっかく計るんやったら、最高とか、最低とか平均とかいるんちゃうん?」

って、自問自答しながら大きくなっていきました。

で、

「動作音とか、クリック音とか鳴らしたいよなぁ」

という欲求も同時に膨れ上がり、サウンドまでつけて、蓋を開けてみたら Ver1.00のコード量の何倍にも膨れ上がっていたので Ver 2.00 となりました。

しかーし、初めてのモバイルプログラミング、ここまで来るには個人的にかなり苦戦しました。

(ここからはプログラミングの話です・・・・)

まず、QueryPerformanceCounter の取得。高精度カウンタを取得できるものなんですが、Windowsプログラミングの知識しかもってなく、

「kernel32.dll」ないんかい!

というとこではまる。ま、そこであきらめて .NET ライブラリの TickCount を取得して作ってたのですが、Mobileプログラミングでは、「CoreDll.dll」に上記APIが含まれていることを知り愕然。作り直しましたよ。回り道をしてしまいましたよ(苦笑

んでもって、いざ計測してみると・・・・

「放置してたら時間進んでないやん!」

ってことになり、

「サスペンドがわるいんやろ、そやろそやろ」

ということで、サスペンドを制御。ふぅ。

また、標準の CompactFramework(以下CF) の FireDialog が貧弱(マイドキュメント以下、またはMiniSDの第1階層しか参照できん!)で非標準のダイアログDLLを探すも、CF2.0で作成するとDLLのフォームレイアウトが崩れる始末。あううううううう。もう標準でいいやとなげやり(・・;

でも、これに関してはいずれちゃんと表示できるものがあったら(もしくはちゃんと表示する方法を発見したら?)対応したいと思います。

あ、そうです。機能的にはまったく問題ないですがバグを発見したので、近いうちに直します。英語版のドキュメントも実は古いので新しいのがきたらそれと一緒にCABを作り直しますね。

あーそうだ、メッセージとか画面とかの英語もチェックしてもらってないので確認してもらわなきゃ。

「この英語は絶対おかしいぞ」

というのがあったら教えてください。すいません。

さらに追記。CF2.0は、MP3の再生をサポートしてません。MP3の再生が行える mciSendString API は CoreDll.dll には含まれていません(なんでやねん!)。のでWaveのみのサポートですが許してください。FMOD.DLLでMP3の再生が可能なのは分かったのですが、ファイルサイズが大きくなるのでいいかなと。タイマーとアラームは音楽重視だと思いますので、MP3もサポートしますね。

ちなみに、PlaySound API で音を鳴らしてるのですが、これ、多重再生できません。タップ音(無効のボタンとかクリックしたときの音)を鳴らすと Tick 音が消えてしまいますが、どうしようもないです。ごめんなさい。

でもそれなりに満足いくつくりには仕上がってます。

散歩時
通勤時
思考時間計測
トイレ時

などにご活用ください^−^

2007年02月20日

sinPocketStopWatch 正式リリース版 Ver 1.00 を公開



高精度モード
高精度モード



通常モード
通常モード




どもっす!スィンです。

sinPocketStopWatch 正式リリース版を公開します。ってか、タイマーとアラームとストップウオッチを1つのソフトウェアとして作成する予定だったのですが、3つに分割することにしました。ストップウォッチはこの三部作の第1段になります。

sinPocketStopWatch (正式リリース版 Ver. 1.00) のダウンロードはこちら


※このソフトウェアは Willcom W-ZERO3、W-ZERO3[es] などの Windows Mobile 5.0で動作するアプリケーションです。

ただ単にわけてリリースしたわけではなく、0.40からは以下の内容が更新されました。

タイマー計測方法を高性能なものに変更。
100分の1秒表示に変更。
高精度モードでサスペンドを制御。
高精度モードでストップウォッチみたいなピコピコ効果を追加。
ソフトキーによる Start、Stop を追加。
About画面にアイコン、Webサイトリンク、メールリンクを追加。


----付記----
このソフトウェアの実行には、.NET Compact Framework 2.0 SP1 のインストールが必要です。.NET Compact Framework 2.0/2.0 SP1は以下のマイクロソフトのページで配布しています。

.NET Compact Framework 2.0 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ

詳細については Readme に記載しておきました。

2007年02月17日

sinPocketTimer プリリリース版を公開



ストップウォッチ(高精度)
ストップウォッチ(高精度)





ストップウォッチ(通常)
ストップウォッチ(通常)




やぁ!スィンです。

ずっと投稿してなかったんですが、ちょっくらソフトウェアを作りましたので投稿しておきます。

Willcom W-ZERO3[es] を先日購入したのですが、なかなか良いアラームソフトがなく、自分で作ってしまおう!と思ったのがきっかけです。現在はまだ「ストップウォッチ」機能しか実装していませんが、プリリリース版ということで公開しておきます。ご意見やご要望などありましたらお知らせください。

sinPocketTimer (プリリリース版 Ver. 0.40) のダウンロードはこちら


右のスクリーンショットのように、高精度版と通常版の二つがあります。高精度版のみ作成する予定だったのですがいろいろ障害がありましてこのようになりました。

まず、ミリ秒の計測に TickCount を取得して処理しているのですが、これがサスペンド時にカウントアップされないのです。で、今度は日付と時刻の比較でやろうとしたのですが、Windows Mobile 版の .NET Compact Framework 2.0 では、

DateTime.Now.Millisec

を取得しようとしても "0" しか帰ってこないのです。ただし、こちらは時刻の比較で経過時間を表示しているため、サスペンドしても正常に時間が表示されるのです。

とまぁこのような理由で2つのモードがありますが、利用目的にあわせてご利用ください。



2005年08月23日

軟骨ラーメンAセット(ご飯つき)@なんこー#昼食3

6人で、ラーメン屋さんへ。「なんこー」は「軟骨ラーメン」が有名なお店。もちろん迷わず軟骨ラーメンを注文する。うーん、うまい!軟骨が口の中でとろけます。ご飯にも合います^−^

まだマガジンの新しいのが無くてがっくし・・・

▼なんこーの特徴
夏は、クーラーが効かずあつい
サイドメニューは餃子とご飯
ランチセットは若干割り引きあり。
いつも迷わず軟骨ラーメン。Aセットにすると730円。

sinproject at 12:58|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!ごはーーん 

2005年08月22日

CLAN =LTCT= 活動再開!?

スィンが所属するネットワークゲームチーム、 CLAN =LTCT= が、な、なんと!活動再開の予感です!!WolfensteinET以来、クランとして楽しみたいゲームが無く、メンバーは「てんでばらばら」になっていたのですが、BattleField2に出会い、「クランとしてこのゲームをやらねば!」とわたくしスィンが思い立ち、TNTさんに声をかけたのがきっかけです。

メンバーの皆さん、帰ってきて、みんなでBattleField2やりましょうよ!
そして、まだクランに参加していないプレイヤーさん、一緒にBattleField2をやりませんか!

活動再開において、CLAN =LTCT= のサイトもリニューアル?し、Blogをはじめました。

CLAN =LTCT= Blog
http://blog.livedoor.jp/clan_ltct/

sinproject at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!現実逃避〜 

とんかつ定食@かどや#昼食3

近所の毎日日替わり定食を作ってくれるおすし屋さんがお店を閉じちゃってから、昼食難民。営業の人と一緒に3人で会社を出る。日替わり定食580円で今日はとんかつ。「かどや」(呼称)に行くのは2年ぶりぐらいかも。

店内でスラムダンクの1巻を読み始める。作者が笑わそうとするところでは笑えないが、それなりに面白い。でも、あひるの空の方が面白い。

▼かどやの特徴
日替わりは頼んだら30秒で来る。
定食は、ご飯を含め4品以上ある。
食材は、並、もしくは並以下。味もしかり。
ご飯多い、やわい。
肉体労働の作業員風のお客が多い。
はじめの一歩やスラムダンクのコミック有り。

sinproject at 13:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!ごはーーん