真流の日記帳

真流の何気ない日常を描く日記

小説

過度の期待はしないでください

 この日、一日中SS書いておりました。
 何とか最後まで書きましたが、このまま某所で公開するのには不安がありますしね。
 それで、ちょっと原案送ってくれた方に判断してもらうことにしてメール送ったのですけど。
 ……長く、時間かかったなぁ。
 まあ、年越しまでに持ち込まなくてよかたですけど。

痛いニュース(ノ∀`):「100円玉つかみ取り」で“おはじき”混ぜる→主婦ら「偽装事件まがい」「庶民欺いた」と激怒し、クレーム…帯広


 これは、主催側の説明不足なんでしょうね。去年はクレームが無いといわれて今年も実施したようですが、去年に比べて客が変わっているはずから、その辺りで理解できなかった方が多かったのでしょう。
 クレームをつけるほうもつけるほうですけど、主催側もちゃんと説明しようなと……

 まあ、くじってあくまでもおまけなんですから、こんなものなんでしょうね。たいていティッシュとかぐらいしか当たらないわけですから、過度の期待はしないほうがいいのですよ。

上辺見だけの上層部

 この日はWebで書き込みしながらも、SS書いてました。
 今回はクライマックスの一部を書いてるわけですけど、その辺りでどう答えを出すか、ちと迷ってる所なんですよね。
 明日か明後日には、仕上げたいなぁ……

痛いニュース(ノ∀`):有名タレントの「アニメ」声優起用で「本職」が失業危機、転職も


 結論から言ってしまえば、上層部はアニメに偏見持っているんですもん。
 それよりはドラマの俳優さんのほうが認知されていると思っていますから、そのあたりで声の演出なんかは二の次で決めちゃいますからね。
 それ故にキャストと声が合わない、という事態が出てくるわけで、そのあたりで声にこだわりを持つ方々が騒いでいるわけで。

 ですが、ほとんどの方々は「○○が出ている」というだけでなびく人がいたりして、声の演技などの質なんかは二の次として考えちゃってますからね。
 だから人口が少ない本職の声優さんなんかは、世間一般での偏見的な認識も相まって軽視されてしまって、廃業にまで追い込まれてしまう、というケースも珍しくないんですね。

 こちらから言わせてもらいますが、声のイメージが合う俳優さんであれば、ある程度はごまかしが利くのでしょうけど、所詮は「俳優人気(イケメン)」という名の「香料」で味をごまかしている、プリンみたいなものなんでしょうね。
(注:訳がわからない方が説明させてもらうと……とある方が言ってました。香料でごまかしたプリンは、本物のプリンの味ではない、ということらしいのです)
 つまり、声の演出面で不足している俳優さんで満足しているようでは、本物の味なんて知らずに言っているのと同じなのでしょう。

 一方、声優さんは「声」を「演技」のひとつとして誇りを持っているはずですし、その辺りでイメージが合って演出が上手い方を使わないというのは、作品に対しても冒涜だってことなんでしょうね。
 声の演出もまた、作品の出来を大きく左右するというのに……こういう体たらくでは、DVDなどが売れなくなるのも、必然的になるわけですね。

 その辺りで、上層部なんかは考えませんもん。
 これでは、世界に誇るアニメは衰退の果てに、他の国に技術を奪われてしまうでしょうね。嘆かわしいことです……

SS書きながらの〜

 この日は〜前から考えていたSSのアイデアがようやく浮かんできたので、書き始めたわけで。僕の本職はやはりSS書きですからねぇ……
 とはいっても、進行状況は現在40%という所でしょうか。まだまだ先は見えませんね。 

 この日は22:30の途中からですが、『スポーツマンNo1決定戦』見てました。
 3〜4ヶ月に一度のペースで行われるこの番組、特撮OBの方がよく出場するんですね。
 今回注目してたのは『ボウケンジャー』のボウケンレッド明石チーフこと、高橋光臣氏と、『リュウケンドー』のリュウガンオー不動さんこと、源氏のお二人。
 他は腕の怪我を押してまで出場していた、ダンテ氏。腕立ての所なんかは「もうやめてくれ」って思いましたよ……あまりに痛々しくて。
 結局は源氏は6位、高橋さんは2位と健闘してた模様で、見入ってしまいました。

 こういうのを見ると、「やはり鍛えた人は違うなぁ〜」と思いますね。
 まあ、ここまでくるのにはかなり鍛えなきゃいけないわけですから、その辺りで苦労されたのだなとおもいますけど。

 こちらもこちらで、鍛えないと……(汗)

3月初めの寝付けない午後

 今日から3月……なんですけどね。

 さて、今日は午前中に通販で『オンラインゲームすごい攻略やってます。(vol.15)』と、『開放されし者(リネ2小説)』が届いたわけで。
 それで届いてからは何か寝つけられなかったので、午後に昼飯食べてから、食休み中に小説のほうを読んでたわけなんですね。

 小説の感想については、銀ねこのブログで読んでもらうことにしまして。
 ……なんかのめり込んでしまって、結局最後まで読んじゃいましたよ(汗)
 眠いのになかなか寝付けなくて、それに小説の面白さが加わっちゃって、それがさらに増徴されたって感じでしょうか。

 そんなわけで、5時過ぎてようやく寝られたと思ったら、夜の10時半過ぎてましたし……
 寝るのも大変ですよ、本当に(汗)

ちょっと思ったSS書き2

 この日は帰ってきてから午前中に一度寝て、午後の2時辺りからPCやってました。
 その辺で思うことがあって、ちょっぴりSSを書いてたりして。

 ……今回のSSは、他作品の設定とか借りてますから、そのあたりでこちらなどで公開とかはできないんですな。

 それはそれとしても、それ以外では、あんまり活動してなかったかなぁ、と。
 7時を回ってから、HDDの最適化をして一時仮眠……気が付けば夜の10時過ぎでした。

 SS仕上がるかなぁ……と思いながら、仕事へと出かけるのでした。

ニスの匂いの中で3

 昼間では、枠にニスを塗ったりして、家全体がニスくさくなってしまっていた感じがあります。

 それでも、家で寝ていたりして……まあ、窓を開けていた分はまだましだったわけですが。
 途中で眠れなくなったりして、正直ラストスパートでのSSでも書きたかったものですが、ブレーカーを使っての作業中では、いつ落とされるかわかったものではありません。

 それでも何とか寝て、起きた頃は夜9時頃……
 いろいろやりたかったですが、ひとまずは仕上げておいたほうがいいかなと思い、ラストスパートで一気に確認したりして、10時半ごろSSを仕上げました。
 そして、某所にてSSをアップしたりして、とりあえずは完了、という感じで。

 まあ、こういう話は正直こういう所で話すようなものではないのですが、他にやってることは無かったものですから……
 なお、書いていたSSのほうはこちらでは事情により非公開とさせていただきます。
(探せば見つかると思いますが……ね/汗)

久々のクラハン&SS書き3

 昨日に引き続いて9時ごろに帰ってきてから、夜には久々にリネ2を起動しました。いろいろあって、出来なかったものですからねぇ〜……
 課金も切れていたので、ひとまず課金処理をするのですが、webmoneyでの支払いはなかなかうまくいかず、スムーズに進みません。
 原因は時間超過によるエラーというわけで、それで考えて、ひとまずはwebmoneyの金額を一度まとめて(5000¥、3000¥、あと何故か持っていた300¥/笑)から、それで支払い処理を行った所、今度はうまく行きました。3か月分は20%OFF(-1200¥での7200¥)でお得ですからねぇ(笑)

 そんなわけで、何とか課金してリネ2の世界に。
 今日は定期クラハンがあったわけで、それで集合場所に向かうわけですが、久々で忘れていたのか、セブンサインに登録しないと入れなかったわけで。集合場所がまさにそこでしたので、気が付いた時はGKで飛んでた直後だったので、慌てて戻りましたよ、ええ(汗)。
 今回の狩場は魔道のカタコム。初めて向かう場所で、ちょっぴり緊張。
 そこではレベルの高い赤ネームのMOBがウヨウヨと湧いてきており、レベルの低い僕にとっては主にDSS全開でアタッカーをやっておりました。
 ……途中、何故か好きなアイスの話になっていたりして、いつの間にか僕に付いたタイトルが「ガリガリ君」。おもろかったので、さらに「ソーダ味」と後でつけちゃいましたけど(笑)
 リアルで眠かったこともあり、1時ごろ解散して、しばらく仮眠です。

 起きてからはふとネタが降りてきて、リネ2のSSを一本かいておりました。
 タイトルは「戦う意味」アレン君が使う技とか、旅をする目的とかの話ですね。
 最初は技だけだったのですが、書いてるうちに路線が変わってきていて、気が付いたら最初とは別の話になっておりました。まあ、これはこれでいいかな〜な感じで(笑)

 SS書いた後は力尽きて、そのまま寝てしまいました。
 マジで疲れた(汗)

修羅場ってます……2

 昨日の夜に2時間ほどリネ2をプレイ。
 時間の都合で、クラハンでのPTに行けなかったのは悔やまれますが……この後での作業を考えていると、「仕上げなきゃ」という気持ちが強くなってしまいました。

 まあ、このブログでは何をやっているかはちと詳しくは書けないのですが……書ける範囲で語らせていただきます。

 一眠りして、2時頃に作業開始。
 レイアウトなどに頭を悩ませながらも、少しずつ書いたりなんかして……特にIndexでの項目とかを書き加えたり、途中での作業を加えたりなど、いろいろ大変でありました。

 お昼までやって、あと一息という所で作業中断。
 締め切りまであと2日(20日朝9時リミット)……何とか、間に合いそうです。

リネ2SS:『世界を渡る猫』3

 寝たのが遅かったからか、起きた時は日付変わっておりました。
 そんなわけでとりあえずは、昨日の昼間に書きかけのリネSSを書いたりして、朝にはようやく話がまとまり、小説置き場に新作をUPしました。

 タイトルは『世界を渡る猫』。
 少し前に血盟レベル3になって旗(紋章)のデザインを募集していて、それでひらめいた僕はひとつちょちょいと描いて出させていただいたわけで。
 ゲームの方でも使っていただいて、デザインした僕としても嬉しいような恥ずかしいような……そんな気持ちがありました。
 そんなわけで、血盟の方にはあのデザインに描かれている猫(翼の生えた猫)の意味など、いろいろ設定を知ってもらおうと、ああいうストーリーを描いたわけですが。
 
 その中で、ソアさんからの五分帰還での話も参考にしました。こういう所で役に立つとは。
 ……というか、ほとんどがオリジナルの話になっちゃって、ついていけるかどうかが心配です。コメントでの設定とか見ないと、まずついていけない世界だろうなぁ……異世界に迷い込んじゃうモノだし。

 その間というか……小説書きの間を挟んで、昨日出かけた時にレンタルでようやく借りてきました。
 『Vシネマ マジレンジャーvsデカレンジャー』……要は前作と前々作の戦隊モノのコラボレーション作品で、去年やってた『デカレンジャー』と、今年の2月に最終話を迎えた『マジレンジャー』が力を合わせて戦うというものですね。
 毎年恒例だな〜と思いながらも見ていて、結構面白かったですけど、突っ込みどころ満載で、そこも面白かったかなと。
 特に一番突っ込みたい所は、マジレンの連中は秘密戦隊なのに、オープン戦隊であるデカレンの連中には速攻でバラしちゃってるし、掟はどうした……と。そこが一番突っ込みたかったですね。
 もうちょっと説得力がある交わり方があるでしょうに、と思いましたけど。そこはマジレンジャーの麗さんとデカイエローのジャスミンさんを、もっとうまく活用して欲しかったなぁと思いましたね(占い師とエスパーだし……)。その辺残念っす……
 まあ、そこを除けばいろいろ見どころのある場面があったりなんかして、面白かったですね。デカのほうに世界観をベースにしているからか、マジの方はやや薄かった印象がありましたけど、その辺マジの方はまだ完結してない時期でしたし、仕方なかったかなと思いましたね。比率で言えばマジ4:デカ6と言ったところでしょうか。
 来年もこういうVシネでの戦隊コラボはやるんでしょうねぇ。ボウケンジャーならプレシャス(危険物遺産)の設定を絡めれば、簡単にできそうですしね。

 ……というか、朝に電話がかかってきて「今晩出てきて」って……結局、休みじゃなかったんですかぁ?
 まあ、2日でも十分休めたので、しょうがないので行きましょうか、という感じですね。

鬱憤晴らしのリネ25

 夜起きてから、少しPCで作業をやってました。
 ……画像の加工って、いろいろ大変だなぁと思いながら。

 それを一通り終わらせて、待ちに待ったリネ2を起動。
 久々に起動するリネ2にわくわくして、「どこに行きたい」と尋ねられて、とっさにひらめいた所が「(エヴァの水中)庭園」。
 話によれば、そこはヒーラー必須の所とか……
 そんなわけで、とりあえず行ける所まではいってみよう、というわけで観光気分で行ってみることに。
 現地の入り口までは泳いでいきますが、さすがに水中庭園だけに、泳ぐ距離が半端じゃなくて、途中で水中戦闘をやったりなどで、呼吸ゲージが切れてダメージを受け始め……特にHPが低いメイジ系にはかなりきつかったようで、そちらは死にそうだったのが印象的でした。
 まあ、これだけでもヒーラーの重要性を感じておりましたが(キスオブエヴァ……肺活量上昇の呪文ですね)。

 庭園の中に入り、長い通路を越えた先には所々で水が流れる通路などがあったりで、まさに名所でした。
 一応ダンジョンですのでMOBもいましたが、その辺はPT組んでるので、力を合わせて対抗しておりました。
 途中で一定時間の感覚で開け閉めする水のシャッターや、転がってる宝箱などが印象的です。後者は箱の鍵を持っていたので開けてみれば、ほとんどが空だったり、ミミック(MOB)だったりして、愉快でした。一応、いくつかは中身は入ってましたけど。

 難なく最下層に到着した時は、さすがに敵の強さはレッドゾーンでした。
 試しに単独MOBと戦ってみるに、さすがにこの辺りはちときつかったようです。これ以上ともなると、ヒーラーの力が必要になってくるなと思いましたね。
 最下層の塔のような螺旋通路の途中ではレイドボスが……エヴァの精霊ニニエルという猫の可愛らしい奴で、そいつがレイドなのかと複雑ですな。
 レイドを倒すには2〜3のフルPT(だいたい20人くらい?)の戦力が必要ですから、あの狭い通路の部屋でそんなに入れるのかな〜とか思ったりして。

 時間が来たこともあり、観光を終えて解散前に、PTのひとりがレベルアップしたことを付け加えておきます。おめでとうです。

 ……さて、せっかくリネやってますから、ここからはソロで稼ごうといつもの卵ルートで稼いでいたり。
 リエンリックから卵、リザードから牙&木樽を取ったりを繰り返しているうちに、ようやく42→43にレベルアップしました。

 これで今まで稼いでいたリザードも青になることで、アデナドロップの確率も減りますから、そろそろ新しい稼ぎ場でも探しておいた方がいいかなと考えてた時に、当時接続していた盟員のひとりが「ワニ島なんてどう?」と言ってきました。
 当時、ソロでやった際にはワニ島は僕の装備ではとてもきつくて敬遠してたものですが(あと、島まで泳がなければならないし)、レベルアップした今なら何とか稼げるかも……そう思い、意を決してクロコダイルアイランドへ。
 そこにいたクロコダイルや、クロキアンラドのHPが半端じゃなく、特に後者なんかは1回戦えば瀕死になるほどです。
 まあ、戦えば確実にクエアイテムが手に入るようですので、その辺は辛抱強く戦っていけば大丈夫かなと。
 幸い、近くには釣り場もありますので、休憩中に釣りをすれば効率よく儲かるかも、という感じですな。ただ、かなりHPヶ高いので、狩れるまでの時間がかかりすぎるのが欠点かなと思いますが。

 まあ、経験値的にもかなり美味しい所である事は間違いないようなので、しばらくはここでも頑張って稼いじゃおうかなとは思いました。

 リネを終えてから、ちとアイデアがひらめいたのでリネのSS書きをやり、その後に夜中に備えての食糧を買いに出かけたりしておりました。

 ……そういえば、冷蔵庫に入ってるひき肉もそろそろ食っておかないとやばいかな〜と思い出し、帰って調理へ。
 最初は前回と同じ麻婆豆腐でも作ろうかなと思いましたが、材料不足で作れず……仕方がないので、ひき肉を入れた卵焼きを作ることに。
 バターで油を引いたひき肉は色が変わるまで中火で焼き、そこから上に溶き卵を流し込んで封じ込める……というわけにはいかず、所々にひき肉が出てしまった感じがしました。
 仕方がないので、そのまま包んで形を整え、ご飯と一緒に食べましたが。
 味自体は悪くはなかったですが、見栄えが想定外だったので、60点かなと。

 そういえば、うちの住んでる所って今日から合併して新市になるんですよね。
 感想と言っても、今まで住んでた村の名前が変わるだけで、特に変わった所はないんですよねぇ……
 まあ、住所には苦労するかもしれませんけど、その点では調べてもらうことにしてください、というわけで。

リネ2小説:銀ねことの出会い3

 いつものように仕事から帰ってきて、風呂入って寝ておりましたが、お昼頃からどうしても眠れず。
 そんなわけで、起きた際に神でも降りてしまったのか、思わずリネ2SSを一本書き下ろしてしまいました。

 タイトルは「銀ねことの出会い」。……要は銀ねこ団に入るきっかけを小説風に描いてみたかったことからですね。その辺は沙弥香さんのSSの影響を受けてます。
 ……しかし、どうも出来が悪い気がするなと思いますがね。
 それに、主役をしゃべらせちゃったのもちと敗因かもしれません。でも、しゃべらせないとどうしても不自然になっちゃうので、その辺修行が足りませんね……

 今日はゆっくりと夜0時での出勤でしたが、長く遊びたいがためにネカフェへ。
 とはいえ、狩場に到着したのは22:30頃でした。
 狩場のドラゴンバレー入り口に到着すると、銀ねこを含めたたくさんのプレイヤーさんが集まっていて、「今日は合同なんだ〜」と密かにわくわくしておりました。
 そんなわけで合同クラハン開始。多人数でMOBと戦うその姿は、まさに戦争さながらです。
 ……攻城戦ってこんな感じなのかな〜とか思いながらも狩りを行います。
 途中、僕の作ったマクロに突っ込まれたりして(笑)、参加時間は短いながらも、十分堪能させていただきました。

 この分なら、明日のクラハンは難なく参加できそうですね。

影響されての新作SS4

 昨日までPCを起動できなかった分、昨日までに過ごした事柄を思い出しながら、ブログ書き。……特に1月31日の事柄は苦労しました。2月1日の事柄と似たりよったりで、その辺は時間がかかりましたけど。
 
 その間気分転換に他のページを見たりなんかして、なんとかネタを作ろうとしておりましたが。
 そんな中で、ふと銀ねこのページを見ると、沙弥香さんが新しく小説ページを公開したようで、ひとまず軽い気分で一通り読んでみることに。
なんか、引き込まれてしまいました。

 ぱっと見だけでも、キャラ付けなどの細かい描写から、かなり引き込まれてしまった感じです。
 これは、時間があったらじっくり読んでみたいなと思いました。
 沙弥香さんの小説を読んでいたときに、生い立ちのような描写があって、そこからちょっとアレン君の生い立ちのことを書いてみたくなってしまい、中ば突発的に新作を書き上げてしまったわけで(汗)。

 そういう訳で、小説置き場には新作「追憶の欠片」をUP。オリジナルで原作もあるわけですから、その辺のイメージから書けちゃった訳で。
 ……今度はクラメンの方々を主役にSS書いてみたいなぁ。ソアさんみたいに。

 一通り書き終えて、ふと銀ねこの日程を見た時のこと。
……クラハンあったんだ(汗)

 この2月から、約1週間間隔で定期的にクラハンを行うことになっており、僕は慌ててリネ2を起動して、急いで狩場まで走ります。
 時間内には間に合ったとはいえ、ハイネスから妖精の谷までの移動などで大きく遅刻してしまったのは、皆さんに迷惑かけちゃったなぁと反省。今度は時間などを確認しておかないといけませんね。

リネ2推理小説4

 仕事が終わって、ふとリネでもやろうかなとPCを起動した時に、一通のメールが。
 昨日に犯人役の方に内容に問題がないかのお願いをしてもらい、「問題ないよ」のお返事を頂きました。

 そんな訳で、小説置き場に早速UPすることに。
 新作のタイトルは『銀ねこ団オーク村奥温泉宿殺人(未遂)事件』。初めての推理小説、ということでいささか不安なのではありますが、時間がある方はよろしければ読んでみてください、ということで。

 新作のUPも終って、ソアさんとしばらくメッセンジャーで話し合ったりして、その後は執筆疲れを癒しに銭湯へ。
 自宅から車で30分の所に在るところで、初めて行く場所だったり(ナビで見つけました)。
 中に入ってから、入浴料が430\とのことで「安いなぁ」と思ってましたが、いざ入ってみると……備え付けのシャンプーやリンスなどがなかった訳で、それで安い理由も納得したものですから、慌ててフロントで一回分のシャンプーを買うことに。(バラ売りで70\)

 風呂自体は悪くないですが、10キロ先の銭湯よりは少し物足りないかなと思いました。向こうには物凄い勢いの水流風呂があるので、向こうのほうがいいかな〜なんて思ったりして。

 ひと風呂浴びた帰り道、途中でメロンパン売りの販売車が停まっており、そこでメロンパンやアップルパイを販売しておりました。
 丁度腹も空いてたので、アップルパイとメロンパンを買ってかぶりつき。
 アップルパイのほうは甘さ控え目のあっさり味で、さらにパイのパリパリした食感が、いくつでも食べられそうな感じでした。それで思わずさらに二つほど買っちゃいました。……だって、かなり美味しかったんだもん(笑)

 家に帰ってから眠くなってしまい、すぐ就寝。その後起きたときに仕事の電話がかかってきたりして、大変でした。
 ……とりあえず、仕事行かなきゃなぁ。

コツコツ貯めて3

 今日はお休みなので、朝はリネ2を起動して、ソロで卵クエを黙々と行いました。
 何度も繰り返しやっていたおかげか、気が付けばレベルが40→41にアップ。これによってリザードの所にいる番犬ドレッドウルフは青ネになり、狙ってもなかなかアデナなどを落とさなくなるので、無闇に狙えなくなってしまいました。とはいえ、奴らはアクティブであり、手を出さなくても襲ってくるわけで、ハッキリ言ってうざったいんですよね。
仕方がないので、そちらも襲ってきたら狩って処理してる訳で。
 倉庫のお金は1.6M貯まりましたし、このまま行けば、サムライロングソードの10Mまで、行こうと思えば行けるかなあ……?

 そんな訳で、朝になってからは中断して、今度はSS書きの続き。こちらはお昼頃までかけて進めて、何とか書き上げた感じです。
 仕上げたのはリネ2の銀ねこ団を題材にした推理小説だったりするわけで。
 題材が題材だけに、不快にさせるといけないので、犯人役のPLの方に、原稿のチェックをお願いしました。
 ……本命の小説の展開がちょっと行き詰まってるからって、他のSS書くのはどうかなと思いますけど(汗)

 SS書き上げた後は、親に頼まれた買い物へ。灯油72リッター買ったり、米10キロ(あきたこまち)買ったりなんかして、荷物が重いこと重いことで大変でした。

 この日にlivedoorの堀江社長が逮捕されたニュースは、リネ2内のPLのタイトル(血盟レベル3で付けられる、名前以外の肩書きみたいなもの)で知りました。
 まあ真相云々はともかく、ああいう不正事件をほのめかされては、逮捕されるのは時間の問題かなと思ってましたが、ついに、という感じですね。
 社長が逮捕されて、このブログなどはどうなってしまうのかなぁ、と余計な心配をしてしまうわけですが。一応、livedoorさんの所を使わせてもらってるわけですし、ねぇ……(まさか、無くなったりはしないよな?/汗)

DEのクエは面倒ナリ2

 さて、今日は正月もそろそろ終わりだなと判断して、期間限定でのデザインを一新。冬に相応しくオーロラを選びました。
 ただ、オリジナルのものだと背景が藍色なんで、黒で統一したいと思っていた僕は、とりあえずはスタイルシートをちょっぴりいじって、背景を黒に変えちゃいました。

 さて、とりあえずは知り合いの小説を一通り見ていて、感想を書くことから始まりました。
 あっ連絡先のメルアド判らないや(汗)とりあえずは、ひとまずテキストエディタで感想を書いておいて後からメールでコピペすればいいか。
 ……本当だったら話数ごとにコメントで書き込めばいいかなと思いましたが、それだとかなりくどくなっちゃうし、字数がかさむので。

 そんなわけで感想を書き終えたときはお昼を回っており、ここからリネ2を。
 前回に続いて、今度はエルフ村からDE村へ。徒歩で向かおうとする時に、途中ウンディーネの滝へと寄ってました。
 ショートカットするつもりが、滝の上へ登ろうとして、途中落ちたら……2万の落下ダメージが。でも、HPが2ケタ台でかろうじて生きていたようで。正直すごい怖かった〜(汗)
 そんなわけでいよいよ到着のDE村。中心には電撃バリバリ放電された手のオブジェなど、いかにも黒魔術的な雰囲気が漂っております。
 DE村で行われるクエは、ディオン村に赴いて三つの材料を集めてくること、とのことで。……なんか面倒だなぁ、と思いながらも引き受けたりして。エルフ村のほうがまだ親切だったです。狩場が近かったから。

 ディオンに向かう途中で、第三クエの序盤を行う為にグルーディン村に寄って、港でNPCと話を聞いてはクエストMOBと戦って、それからグルーディオへ。
 そこでは街外れで孤児院を経営してる人に出会って(女の子専門って、こいつ○リ……?/汗)、ここで100k(10万)ほど寄付をすれば、クエの終わりの時に報酬が増えるそうですが、その増える報酬が経験値とSPぐらいですから、正直割に合わないかなと。今後いろいろ経費とかかかりますからね。……貴重なアイテムとかもらえるなら、話は別ですけど。

 ディオンでクエスト対象のDEと出会い、アリの巣へ赴いてソルジャーアント狩り。リンクするんじゃないかとビクビクしながら狩ってましたし。特に普通のソルジャーアントはレベルが高い毒も吐きますから、その辺でも高級解毒剤が足りずに苦戦しておりました。
 次にクルマ湿地へ赴いてのスタッカート狩り。こちらは依然狩っていて慣れているので、難なくクリア。
 最後は死の回廊でのバジリスク狩り。こちらも問題なしで少し時間がかかりましたが、何とか終わらせたりなんかして。
 途中で裏道(ギラン→ディオン間の街道でなく、パルチザンのアジトを通る道。通るのには少しばかり根性がいる/笑)通っては国境またいだ時に帰還スクなどで距離的に稼ぎ、DE村に着いてクエ達成したら……今度はオーレンに戻れと。
 うっはぁ〜またグルっと回り道しなきゃダメなのか〜(注:DE村⇔オーレン間は地図的には近いのだが、山と言う名の壁に阻まれているので、回り道しなければならない)
 まあ、また裏道を使ってオーレンまで行ったわけで、大変でしたよ……

 でも、第三段階ではPTMOBとの4連戦があるそうで。いくら防御力が高いナイトとて、一斉に叩かれるとまず勝ち目がないかも知れないんで、その辺は知り合いにヘルプを要請して、お休みするのでした。

リラックマスタンプ捜索〜第二段〜4

588d7a27.JPG 今朝、ななさんへのメールの返事を考えてる途中でふとコンビニ寄った時のこと。
 ヒーターストッカー(缶とかを暖める奴)の中に、リラックマスタンプのおまけが付いていたペットボトルを6本ほど発見。
 早速ありったけ購入して、家に帰って中を開封すると……
 「ありがとう」、「まあ、ごゆるりと(×3)」、「よろしく」、「なかよし」の4つを一気にゲットしました。
 前に持ってた「おねがいします」を含めれば5つ……あとは「おめでとう」だけですね。
 あと1個、頑張って集めてやる〜……と、野望を胸に秘めておりました。
 文字通り「おめでとう」になればいいのですが。

 さて、小説置き場の方ではオリジナル小説を1本UP。
 ジャンルは現代剣劇モノで、タイトルは『辻斬りの剣』
 要するに、PK上等のMMORPGだと考えればよろしいかと(笑)
 ちょっぴりダークっぽいですが、内容わからない方でも読めるように解りやすく描写したつもりですので、読んでみてくださいな。
 

リネ2文字イベント

 リネ2では、0時から文字イベントが始まりました。
 これは敵を倒した時に、まれにアルファベットが書かれたブロックがドロップして、それを集めて指定された単語を組み合わせることでアイテムがもらえるかもしれない抽選権が得られるというイベントです。
 最初はクエストアイテム目的で強い敵を相手に戦ってては、さすがにきつく霹靂してて、アイテムが揃った時点で他の敵に鞍替えです。
 今度の敵は死の回廊のガーディアンバジリスク100匹という、倒しやすさから選び、次々と倒していきます。
 途中、まれにイベントアイテムがドロップしたりして、今回にしては結構出たかなと言う感じが。
 とはいえ、ソロでは限界があるので7個ぐらい出した所で終了。ちょうどクエアイテムも揃ってて、キリがよかったですから。
 しかし、ドロップ期間は1週間(13日まで)か。さすがに短いと思いますが……
 ともかく、何とか1等を当ててBグレードの武器強化スクを手に入れて売れば、ひと財産できるなと思いました。

 そうそう。休みを利用してオリジナルの小説でも書こうかなと思い立ちまして、とりあえず何が読みたいかという話をして、原案をいくつか出して尋ねてみて、ジャンルが決定。
 そんなわけで現在誠意執筆中なわけで。軽い気持ちで書いております。
 内容は、完成してからのお楽しみ、ということで。

リネSSとD&D3

 昨日にSS保管庫を作ってから、いろいろとSSのあとがきコメントを書いてたわけですけど、マルチポストを防ぐ為にコメントを変えたりして。
 既に書いたコメントを変える場合、当時のことを思い出しながら書いたりして、いろいろ大変でした。
 そのうえにリネSSを書いたりなんかして、いろいろ大変でしたが。

 その間に、TVでは映画『ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)』が放映されておりました。
 元は世界初のRPGとして名高い作品として有名なのですが、映画でもレンタルでも見たことはなかったので「ちょうどいいや」というわけで作業を進めながらも見ておりました。
 基本的なストーリーは舞台設定がTSR社(現在はWizards of the Coast社に吸収合併されたらしい)公認世界であるミスタラでない所から、原作(RPGシステム)とはかなり離れた内容なようで、その辺はゲームを元となった『ロード・オブ・ザ・リングズ』を参考に脚本を描かれたのではないかなと思います。魔法使いはメイジと書かれてましたが、原作ではマジックユーザーといったように、かなり変わっちゃってるみたいで。
 ストーリーは悪くはなかったですが、ハーフリング(ロード・オブ〜で言うホビット族みたいなもの。子供っぽい性格で大人でも身長は半身くらい)がチョイ役でしか出なかったのは不満かなと。あれもD&Dの種族なんだし、メインとして出してほしかったかなぁ。
 さらに、モンスターはドラゴンぐらいしか出てこなかった所も不満かなと。ゴブリンとかの有名どころは出なかったですし。チョイ役でリッチ(アンデッドの王)や、鈴木土下座衛門(ビホルダーと言う目玉のバケモノ。リネで言うフローティングアイ)が、かろうじて出ただけは寂しかったかなと思いました。特に土下座衛門とは正面向いて戦って欲しかったなぁ。
 その辺、原作を知らない方のみを対象としているからか、純粋に内容を楽しむ方のみなんじゃないかなと思いましたね。悪の魔法使いを倒す所なんかは王道を行ってるし。
 そんなわけで、一通り映画を見終わって今は「すっかりイメージ変わってしまったなぁ」と思いました。
 RPG版のほうだと、小学生の頃に友達連れて訳わからんながらも遊び通してましたし。昔にはなかった技能ルールやら、生死判定ルールやらで、かなり洗礼されているようで。
 D&Dは僕のRPGとしての原点でもありますからね。コンベンションなどを通じて何とかルールを覚えた今なら、誘われたらやりたいな〜とか思ったりします。

リネ2SS「レース場にて」4

 この日は……何を思ったのか、久々にリネ2のSSを書いてました。
 夕方から書いていたわけですが、目標の夜10時までには終わらなかったわけで。
 それで清書は明日にすることにして、夜11時までやっているセルフのガススタンドに行って燃料補給してから、ネカフェで出勤前までちょこっとリネ2をやっていた、というわけです。
 しかし、リッター124円とは……これ以上油税上がられたらたまったものではないですな。

(※注:↓ここから25日に清書したものです)

 レース場の周辺で狩りを始めて、何日ぐらい経っただろうか。
 周囲をたむろしているデルーリザードスカウトを一匹倒し、僕は息を付く。

 デルーリザード……ブラックライオン団で狩りの対象にされている種族の一派。
 コマンドーやサプライヤーは凶暴で、倒すのが容易ではなかったけれど、ノーマル(普通のデルーリザードマン)やスカウトは比較的大人しく、しかも仲間意識がないため、独りの場合では主に後者のを狩っている。

 最近では魔物から追われる振りをしながらも、通り道に出会った旅人達を巻き込むように襲わせて殺し、残った遺品などを剥ぎとるといった輩の話なども聞く。
 クランの仲間達もそういった被害にあったことは実際に耳に聞いたし、さすがに防御に優れたナイトの僕でさえも、一度に何匹も魔物に襲われれば命はないだろう。
 緊急用にエルダーのパーティーリコールや、祝福された帰還スクロールがあればいいのだが、知り合いにはまだ使える仲間がいないし、なおかつ祝福スクロールの方はかなり値が張るもので、まず手が出ない。
 だからといって、何かしらの対策を採らなければ、このままでは奴らにいいように弄ばれてしまうだろう。

 狩場として利用しているレース場の周辺では、攻撃的な魔物はあまり居ない。しかも、辺りをたむろしているブラックライオン団の狩り対象であるリザードスカウトは仲間意識もないために狩り易い。……そして、レース場は(聞く所によれば、象牙の塔からの)結界のおかげで外部隔離されている為、万が一に魔物を連れた追いはぎに出会っても、容易に逃げ込む事ができる、という訳である。

 戦っていくうちにさすがに力自体ついてきてはいるが、島から使ってきている水影の剣では通じなくなってきた奴が多くなってきた。
 対抗する為には、それ以上の強い新しい武器を手に入れなければならないが……買おうにも、最低でも水影の剣の四倍から十倍以上もの値段が付いているし、魔物から奪うにも、材料を揃えて作ってもらうにも、かなりの幸運と苦労が必要になってくるだろう。
 さすがに僕はそこまでの幸運と気力は持ち合わせてはいない。それどころか強い敵も多く、相手を選ばなければ殺されるだろう。
 だから僕は無難なお金稼ぎで稼いでいるわけだけど……さすがに十万や二十万というお金を稼ぐには容易ではない。
 仲間と共に戦えばいいだろうけど、その仲間とはなかなか時間が合わず、結局は独りで戦うことが必然的に多くなる。

 戦いの疲れはレース場の中で癒す。
 外部から隔離している中であれば安全で、魔物からも守れるわけだから。

 ――3、2、1……スタート!――

 レース場の中であるためか、たまには僕もレースでお金を賭ける場合もある。
 時には倍率によっては少ないお金で大きく儲かる場合がある。俗に言う大穴という奴だ。
 レースによってはその大穴が出る時もあり、それを狙って賭ければ……
 
 ――甘いのぅ……漢は一発勝負が浪漫じゃ――

 不意に誰かに呼ばれたような気がして振り向くと、レース管理者(賭けは管理者で受け付ける)の前にドワーフの男の人が立っていた。

 賭けてるんだろうか……?

 そう思いながらもドワーフの男の人が去った後、僕は管理人の前に来て賭けの受け付けを始めた。
 今まで得た情報から、賭けの相手や調子などを見て、来そうな魔物に賭ける。

 ――3、2、1……スタート!――

 賭けの受付時間も終わり、レースが始まった。
 今回は僕が賭けた相手は大穴で、当たれば……かなりのお金が入る。
 レース・トラックの中で走る魔物は早くなったり、ゆっくりになったり……と繰り返し、ゴールに到着。
 結果は……大穴を取った。
 喜びを抑えながらも管理人に当り券を清算してもらい、たくさんの配当金をもらった。
 これで欲しかった装備に一歩近づいたな……そう思ったとき。

 ――甘いのぅ……――

 レース前に聞こえてきた声が不意に思い起こされた。
 そういえばレースの倍率というものは、賭ける金額の量にも左右されるものでもあった。
 つまり他に賭ける人がいて、賭けるお金が大きければ大きいほど、倍率に差が出てくる訳で、大穴というものは一方的に賭けたことで差額が倍率として現われた、ということになる。
 ということは……必ず損をする人がいる、ということになる。

 ……漢の浪漫、か。

 さすがに浪漫を求めてまでは賭ける度胸は、僕にはない。
 そう思うと、それを求めて賭けた人はすごい人だなと思った。財産を無くす危険がある訳だから。

 当たったお金……大事に使おう。
 そう思いながらも、もらった配当金を荷物袋の中へと入れた。

* * * * * * * * * * *


 ……というわけで、24日の夜から25日の朝にかけて、ブログを使って久々にリネ2SSを書いてました。
 というより、このブログでどこまで書けるか、という実験も兼ねて、ですけどね。
 日数から言えば25日になっちゃいますが、その日は『響鬼』の感想も出したいので、埋め合わせで御了承ください(汗)

 このSSはレース場を狩場に選んで、狩りはじめてからの頃ですね。
 その頃は一匹か二匹倒すごとに休憩が多く、テンポが悪かったんですね。今だと強い装備を借りられましたから、ある程度はサクサク狩れるようにはなりました。おかげで単調だった狩りも楽しくなりますしね。
 
 さすがにSSでのレースでの話は半ば創作ですね。
 得する人もいれば損する人もいる、というわけでレースで賭ける時はそれを忘れなければ大損する事はないかなという、ある意味自分への戒めでもあるわけで。……大事にしなきゃと思いましたね。
 まあ、一部は個人イベントとしてクラメンの方に渡しちゃいましたけど、その辺はみんなが楽しんでくれましたから、それはそれでよかったかなと。

 今回のはあくまでも実験ですし、次は公式のBBSにでも書こうかなと思います。
 次は……セブンサインの話でもひらめいてきたんで、そのあたりで。今度はクラメンの方々にも出てきてもらいましょうか(笑)
 セリフなどをどう展開するかは、書き始めてから考えますが。
最新コメント
Counter
楽天市場
  • ライブドアブログ