TOPPOのお気軽日記

サッカー日本代表、海外の日本人選手を応援します!ほかのスポーツや面白ニュースなど、思いつくまま気軽に書きっぱなしていま〜す!

007 SPECTRE を見てきました

00Spectre_posterジェームズ・ボンドのルーツが明かされ始めた前作に続き、ボンドとスペクターとの関係が徐々に明らかにされていく。指輪や白いネコなどの懐かしいアイテムが郷愁を誘ってくれました。
スペクターのトップがボンドと共に育っていたとは驚かされましたねえ。でも、これだとそもそもボンドを倒すためにスペクターが誕生したかのような描き方になっていないか? イアン・フレミングの原作と大きく外れていくような懸念を持つのは私だけでしょうか?
冒頭の相当な人数を使って行われたメキシコシティーの祭り「死者の日」をはじめ、相変わらずど派手なアクションは迫力満点。ダニエル・クレイグは男の色気にますます磨きがかかったようです。
いい歳になったはずのモニカ・ベルッチとレア・セドゥの二人のボンドガールの美しさ、スタイルの見事さが見事に花を添えていましたね。
最後に「James Bond will return.」(記憶が間違ってないかな?)との字幕。次回作がまた楽しみです。

STAR WARS フォースの覚醒を見た

T01a_165244全世界待望の新シリーズ。ようやく元日に見て来ました。
それまで小出しにされる予告編を見ながら、レイアとハン・ソロとの関係は? ダースベイダーを継ぐ者は誰か? ルークはどう登場するのか? ストームトゥルーパーだったあの若者は一体何者なのか? ジェダイの騎士の復活はあるのか? 等々、妄想を膨らませて楽しみにしてきました。

やっぱりハラハラドキドキ、面白いのは間違いないですね。
ストーリーでいえば、何より驚いたのは、ルークの登場が最後の1シーンのみで、しかも一言も発しないということ。恐らくレイはルークの娘なのだろうが(それにしてはカイロ・レンやハン・ソロが気がつかないのは合点がいかない気が...)、だとすれば母が誰なのかも含め、まさにto be continued... 見事に次回作へバトンを贈った形。やっぱり新新三部作となるんでしょうか? いずれにしても次回作を見ないことには気が済まなくなってしまうのが、このシリーズに力がある証拠。今から楽しみです。

レイアの老け方に意見があるようですが、あれから30年ということで、致し方ないですよね。
それにしてもダースベイダーの後継としてのカイロ・レンは中途半端すぎる。途中までとはいえジェダイやファーストオーダーの訓練を受けたにしては、訓練すら受けていないはずのレイにあっさりやられすぎ。やっぱり悪は強くなきゃつまらない。そして父親であるハン・ソロとの対決はあれで良かったのかなぁ。あの死に方はないんじゃない? というのが素朴な疑問でした。

しかしIMAXの映像とサウンドの迫力はすごかった。見ながら何度もよけてしまいました(笑)。

「世界は近いけど広いな」と感じたW杯

2014ワールドカップ、日本の戦いが終わってしまいましたね...

この4年間、サムライブルーの活躍を楽しみにしてきただけに、本当に残念です。
個人的には、「オレの4年間を返してくれ!」と行き場のない怒りが込み上げてきています。

いろいろな総括が今後なされていくんだろうと思いますが、僕は、試合後のインタビューで内田選手が話した「日本は進歩しているとは思いますし、いろんな選手が海外へ行ってやれているのもそうだと思いますけど、なんか世界は近いけど広いなって感覚があります」という言葉に、奥深さを感じました。
内田は、日本人で唯一チャンピオンズリーグのベスト4を戦った経験を持つ選手。それだけに重みがあります。

今回のグループは、コロンビア8位、ギリシャ12位、コートジボワール23位と、いずれも日本よりはかなり上位のチームでした。にもかかわらず、緒戦の相手・コートジボワールは、昨年、日本がオランダやベルギーと親善試合を戦って好パフォーマンスを演じていただけに、徹底的に研究してきました。日本の攻撃のストロングポイントである左サイドを守備に専念させようという戦術をとってきたのです。
弱点を突かれて、それを跳ね返すだけの力が今の日本代表にはなかった。
前回大会までの日本代表は、何も失うものがなく、思い切って守備的に戦うことができました。しかし今回は「自分たちのサッカーがしたい」と攻撃的に行くことをテーマにブラジルに乗り込みました。その結果、やはりランキング上位のチームは、簡単にはそのサッカーをさせてもらえなかったということではないでしょうか。
スペイン、イタリア、イングランドが既に敗退しているわけですから、ここで終戦すること自体が恥ではありません。
高い授業料を払った日本代表が、もう1皮むけて、サッカー強国の仲間入りができるよう、2018年ロシア大会までの4年間、再び応援を続けていきたいと思います。

関係者の皆さん、お疲れ様でした。

日本代表2014ブラジル行き決定!

2013.6.4
日本代表1-1オーストラリア代表

ひやひやしましたが、本田のPKで追いつき、ブラジルワールドカップ出場を決めました。
まずは、おめでとうと言いたいです。

毎回、ワールドカップが近づくと“決定力不足”が指摘される日本代表。
昨日の試合もまさにそれでした。
いい形はつくるものの決めきれない。メッシやクリロナみたいな選手がいるわけではないので、個に頼ることは難しい。ならば、もう一工夫が必要なのかもしれません。

アンラッキー、事故みたいなもの、と言われている失点でしたが、選手交代の直後だったわけで、そこに隙が生まれたような気もします。前田を下げて栗原、何となく守り重視で引き分け狙い?に切り替わっていこうとしていく流れの中で、わずかなズレが起きたのではないかと。

それはともかく、本田-香川のコンビネーションが非常に良くなっているのをすごく感じました。
それに長友が絡んで、いい攻撃がいくつも生まれていました。さらに精度を高めることによって、前線にいる岡崎、前田にもチャンスが生まれるでしょうし、さらに遠藤からの円熟のパスが効果を高めるのではないでしょうか?

コンフェデで現在の位置を把握し、約1年間でどれだけ進化できるか? 新戦力は現れるのか? 来年が待ち遠しいですねえ。

原発の段階的廃止に賛成が74%、朝日新聞

ほとんど廃墟ですもんね。恐ろしい。
原発の廃止はもはや世界的な流れになってますよね〜。

おすすめサイト
Comentいただきました!
Profile
TOPPO
W杯アルゼンチン大会をテレビで見て、サッカーにはまりました。日本代表や海外選手の応援をはじめ、その他スポーツのこと、たまには映画のことまで、気軽に書き込んでまーす!
Categories
Archives
twitter
livedoor×FLO:Q パック
RSS
RSS
  • ライブドアブログ