死ぬ気で

なおれば何でもOK・・・という感じで情報を集めていきます

尖閣列島を米軍基地に

北朝鮮より根性が悪い中国

尖閣列島を米軍基地にし、さらに、海上自衛隊の基地にすべき。

逃げないのが悪い?

平野達男復興担当相は2011年、10月18日、「逃げなかったバカなやつもいる」と、福島県二本松市の参議院民主党研究会で語っていた。
こんな閣僚では???

骨髄移植の免疫からの攻撃を抑える

http://www.naoru.com/menneki--.htm
2011年、創薬ベンチャーのレグイミューンは新薬候補の第1相臨床試験を米国で始める。FDAが治験を許可。薬効成分は「αガラクトシルセラミド」で「リポソーム」と呼ばれる脂質のカプセルに封じこめたもの。
薬効成分を免疫の抑制にかかわる「抑制性抗原提示細胞」に集中的に送り込むことができる。新薬候補を投与した患者に骨髄移植すると、骨髄提供者由来の免疫細胞は患者の臓器と接触しても、ほとんど攻撃しなくなるという。
  • 体内では異物を受け入れても攻撃しないようにする免疫の抑制と、攻撃して排除しようとする免疫の活性化が同時に起きる。
異物情報が抑制性の「抗原提示細胞」を通じて免疫細胞に伝えられると免疫は抑制に向かい、一般的な「抗原提示細胞」を経て伝えられると免疫は活性化する。通常は一般的な抗原提示細胞の割合が多いので、免疫の抑制は起きていないようにみえる。
「αガラクトシルセラミド」は抗原提示細胞の能力を向上する効果があるとされている。リポソーム化により、集中的に抑制性抗原提示細胞に届き、活性化により免疫の抑制の割合が高くなる。
臓器移植の際には提供者の免疫細胞が患者の臓器を攻撃する「移植片対宿主病」などが発症するため、免疫抑制剤を投与する。現在の一般的な免疫抑制剤は免疫を幅広く抑制するため、感染症にかかりやすくなるほか、白血病を再発しやすくなるとされる。
新薬候補は提供者由来の免疫細胞と患者の臓器の間でのみ免疫抑制が働く。そのため、白血球の型が一致しない提供者からの移植片対宿主病のリスクを下げることもできる。

プログラムがいらないコンピューター

2011年、物質・材料研究機構などのグループは、人間の脳のように情報を記憶もできるが、忘却もする素子を開発した。脳神経細胞同士の接合部であるシナプスに相当する働きをする。
重要な情報は長期間強固に記憶し、不要な情報は忘れる脳タイプのコンピューターの開発につながる。
米カリフォルニア大学ロサンゼルス校との成果で、6/27のネイチャー・マテリアルズに掲載。
開発した「シナプス素子」はイオンや原子の動きを制御して働く原子スイッチを応用した。
50ナノ㍍×50ナノ㍍のサイズで、素子の電極間に1ナノ㍍の間隙がある。
わずかな電圧操作で材料の硫化銀から銀電子が析出し、すき間に橋をかけて強く接続したり、逆に銀原子が戻ってすき間ができたりする。すき間が空いていても完全に切れず、弱く接続している。
脳のシナプスは信号入力の頻度が多いと接続が強固になり、少ないと接続が弱くなる。これが記憶のメカニズムの1つと考えられている。

プラセンタのジェルです

  • 美@momoco
    • しっとり美容ジェル
    • ひとつで化粧水、美容液、乳液、クリームのすべての役割を果たすジェル
  • 配合成分
    • プラセンタエキス
      • 高濃度8%配合
    • EGF(ヒトオリゴペプチド-1)
    • コメ発酵液
    • イワベンケイ根エキス
    • コラーゲン
    • ヒアルロン酸
    • エラスチン
  • 全成分
    • 水、プラセンタエキス、BG、グリセリン、ダマスクバラ花水、トリエチルヘキサノイン、コメ発酵液、イワベンケイ根エキス、水溶性コラーゲン、加水分解エラスチン、ヒロオリゴペプチド-1、ヒアルロン酸Na、リン酸アスコルビン酸Mg,グリチルリチン酸2K、グリコシルトレハロース、ベタイン、加水分解水添デンプン、トコフェロール、PEG-20ソルビタンココエート、(アクリル酸ヒドロキシsチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C-1030))クロスッポリマー、ベンチレングリコール、DPG、エタノール、水酸化K、フェノキシエタノール
  • ご使用方法
    • 洗顔後の清潔な肌に、スパチュラで適量のジェルをとり、両頬、額、アゴにのせます。両頬。額は顔の内側から外側に向かって指先で軽くおばしてください。
    • http://www.naorunaoru.com/placea.html
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ