暗闇の中に世界がある ーこの映画を観ずして死ねるか!ー

物心ついた頃から映画は日常でした。映画に関わる仕事にもつきました。 映画製作に関わることを目指したこともありました。 才能のなさを自覚し道を離れました。人生の黄昏時が近づいてきた今、映画と自分との関りを見つめ直すためにブログをはじめました。※映画についてのコメントにはネタバレ情報も含まれている場合もあるのでご注意ください。

unnamed
シネフィルWOWOW録画の鑑賞。
監督・脚本 北野武
製作 奥山和由
撮影 柳島克己
編集 谷口登司夫
美術 佐々木修
録音 堀内戦治
照明 高屋齋
出演 小野昌彦(柳ユーレイ)、石田ゆり子、井口薫仁(ガダルカナル・タカ)、飯塚稔(ダンカン)、芦川誠、井川比佐志、小沢仁志、豊川悦司、布施絵理、ベンガル、釣田忍、ジョニー大倉、渡嘉敷勝男、ビートたけし
96分
配給 松竹
公開日 1990年9月15日
1990年度キネマ旬報ベストテン第7位

今では世界的な巨匠となった北野武監督の2作目。1作目は急遽監督を引き受けることになって撮った作分だが、今作は脚本から自ら書き上げている。

この題名、どう読むのかわからなかったのだが、「さん たい よんえっくす じゅうがつ」と読むのだそうだ。「3-4X」とは野球で9回裏サヨナラゲームのこと、10月に行われた試合だから「10月」なのだそうだ。

こういう不思議な題名だが、映画前半はこの題名通り草野球が中心となる。
オープニングは草野球のグラウンドにあるトイレから柳ユーレイ演じる雅樹が出てくるところからはじまる。
北野映画特有の極端におさえたセリフ、映像で多くを語る(想像させる)。

この映画は「たけし軍団」解散記念としてつくったのだそうで、軍団の中で一番暇だった柳ユーレイが主役になっているというわけだ。
たけし軍団のメンバーが多く出演しているが、もちろんコメディではない。
柳ユーレイが属する草野球チームと地元のやくざとの抗争の話である。

後の『アウトレイジ』の原型ともいえるような暴力描写がたくさん出てくる。
北野映画独特の「突然の暴力」は1作目で話題となったが、本作ではさらに磨きがかかっていく。
とくビートたけし演じる沖縄のチンピラやくざの狂気ともいえる暴力性は北野映画の本領発揮というところだ。

北野映画のすばらしさは凄まじい暴力描写だけではない。暴力と暴力の間に描かれる美しい映像だ。超ロングショットによる海辺のシーンは秀逸だ。

敵対するやくざの事務所へガソリンタンク車で突っ込み自爆する雅樹。
だが、次のシーンはオープニングと同じトイレから雅樹が出てくるシーンとなる。
この映画のすべてが雅樹の妄想であることがわかるラスト。
こういう構成を考えた北野武の才能はやはり只者ではなかった。

監督2作目の作品をベタ褒めしたのは黒澤明に淀川長治。天才北野の映画的才能を見抜いた彼らもやはり只者ではない人ばかりだ。

<あらすじ>
ガソリンスタンドに勤めている雅樹(柳ユーレイ)は、野球チーム“イーグルス”に所属している。試合が終わってガソリンスタンドに戻った雅樹は、暴力団大友組組員・金井(小沢仁志)の車の洗車を押し付けられるが、トロい雅樹はウロウロするばかり。逆上した金井に殴られた雅樹は、負けじと殴り返そうとするが軽くいなされてしまう。さらに金井は「骨が折れた!」と騒ぎ出し、ガソリンスタンドをゆするのだった。そんな時、元大友組組員のスナック“イーグル”のマスター・隆志(ガダルカナル・タカ)は、雅樹とガソリンスタンドを救うために立ち上がる決心をするが、逆にやられてしまう。そして対立は、大友組とイーグルスの抗争に発展する。雅樹は拳銃を手に入れる為、イーグルスの仲間・和男(ダンカン)と共に沖縄へ向かう。そこでふとしたことから出会った二人のチンピラヤクザ上原(ビートたけし)と玉城(渡嘉敷勝男)と行動を共にする雅樹らは、上原に金を渡して拳銃の入手を頼み込む。こうして拳銃を手に入れた雅樹と和男は東京に戻るが、隆志は行方不明。結局、和男と朗(芦川誠)、それに雅樹の三人は、拳銃を片手に大友組の様子を探りに行くが、和男と朗がメタメタにやられてしまう。一人逃げ延びた雅樹は、ガソリンスタンドからタンクローリーを盗み、恋人・サヤカ(石田ゆり子)と共に大友組の事務所に突っ込んでいく。だが、それはすべて雅樹の夢だった。そして雅樹はまたエースで3番の野球に帰っていく。

《 3-4X10月  予告編 》

153635_01
スターチャンネル録画の鑑賞。
監督・脚本 ミヒャエル・ハネケ
製作 シュテファン・アルント、ファイト・ハイドゥシュカ、マルガレート・メネゴス、アンドレア・オキビンティ
製作総指揮 ミヒャエル・カッツ
撮影 クリスティアン・ベルガー
編集 モニカ・ヴィッリ
美術 クリストファー・カンター
衣装 モイデル・ビッケル
出演 クリスチャン・フリーデル、エルンスト・ヤコビ、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクル、ブルクハウト・クラウスナー、ヨーゼフ・ビアビヒラー、ライナー・ボック、ズザンネ・ロータ
144分
製作国 オーストリア=ドイツ=フランス=イタリア
配給 ツイン
独国公開 2009年9月17日
日本公開 2010年12月4日
2010年度キネマ旬報ベストテン第4位、第62回カンヌ国際映画祭パルムドゥール受賞 

オーストリアの映画作家、ミヒャエル・ハネケ監督の作品である。この監督の作品をこのブログでとりあげるのははじめてで、私も初めて観た。ハネケ監督は、冷徹で人を嫌な気分にさせる作品をつくることで有名なのだそうである。その評判通り、本作も観終わった後は、どこか鬱屈したような嫌な気分にさせられた。

物語の舞台となったのはドイツのある村。第一次世界大戦前の時代である。
その村の医者が何者かのいたずらにより大怪我させられるところから映画ははじまる。
さらに小作人の妻が男爵家の古びた製材所で事故に遭い、死ぬ。
そして、男爵の子どもが何者かに暴行をうけるなど次々に事件が起こる。

これらの事件と並行して、牧師一家の子どもたちの話がすすむ。牧師の子どもたちの長男、長女が規律にそむいた行いをしたということで、厳しい罰をうける。そして”白いリボン”を身につけさせられる。”白いリボン”とは”無垢””純真”の象徴だ。これを身につけることで、自分の犯した罪をたえず意識するというのである。

物語はミステリー調だが、事件の犯人はすぐ想像がつく。大人たちに厳しく育てられている子どもたちだ。
男爵や医者、牧師など村の権力者たちは陰で自らの欲望を満たすような醜い行いを平気でしているのだ。

村で起こる事件は、子どもたちの大人に対する反抗といえる。

この監督のすごいところは、こういう小さな村での出来事を通して、やがてドイツに起こるナチズムの到来を暗示しているところである。
この映画に登場した子どもたちが成長した頃、彼らはナチズムの担い手となっていくのだ。
ナチズムの担い手たちがどんな少年時代を過ごしたのか、そういう面を描いた作品は今まで観たことはなかったので新鮮な感覚で観ることができた。

暗い気持ちにさせられる映画だが、そればかりではない。希望の光のようなものも描かれている。
牧師の長女が、牧師が大切に飼っていた小鳥を殺しがっかりしているところに、6歳の幼い子どもが自分の飼っている小鳥をあげるのである。彼は、この映画で大人に反抗する子どもたちよりずっと幼い年代の子なのだ。大人たちの年代にも、少年たちの年代にも、どちらにも属さない年代の子に希望の光を宿させている。
ただ、映画の描き方として、この明るい部分で終わらず、最後は観る者の気持ちを暗くさせて終わらせるところに、この監督の作家性が感じられる。

<あらすじ>

1913年、ドイツの名も無き村。物語は村の学校に勤務していた教師(クリスチャン・フリーデル)の回想によって語られる。

男爵(ウルリッヒ・トゥクル)と牧師(ブルクハルト・クラウスナー)が権力者として支配するこの村で起きた、最初の事件はドクター(ライナー・ボック)の落馬事故であった。屋敷への道に細い針金が渡されて、馬が転倒させられたのだ。重傷を負ったドクターは村の外の病院で療養することとなる。

二度目の事件はその次の日。怪我によって製材所へ移されていた小作人(ブランコ・サマロフスキー)の妻が、そこで転落死した。家族全員が男爵に雇われて暮らしていたので、小作人は彼と争うことは出来なかったが、我慢できなかった長子のマックスは数ヶ月後の収穫祭の折に、男爵のキャベツ畑を蹂躙したのだった。

だが、それと呼応するかのように第三の事件が起こった。男爵の子・ジギが行方不明になった挙げ句、製材所で暴行を受け逆さ吊りの状態で発見された。 これに対し、礼拝の席で男爵はこう告げた。「犯人を見つけ出せ。果たされなければ、村の平和はない」これによって、村には言いようのない不安が立ちこめるようになった。

そして翌年、ヨーロッパにとっての激動の一年が訪れる。

《 白いリボン  予告編 》


sp_poster10
衛星劇場録画の鑑賞。
監督・原作 山田洋次
脚本 山田洋次、朝間義隆
製作 島津清
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巖
美術 佐藤公信
録音 中村寛
照明 青木好文
出演 渥美清、八千草薫、倍賞千恵子、田中絹代、米倉斉加年、前田吟、松村達雄、三崎千恵子、太宰久雄、笠智衆、津坂匡章、佐藤蛾次郎、中村はやと、吉田義夫
98分
配給 松竹
公開日 1972年12月29日
1973年度キネマ旬報ベストテン第15位

シリーズ第10作。今作はロードショーなしの一般公開。
個人的にはシリーズ中でもっとも思い入れの深い作品だ。というのも、本作を初めて観たのが1973年の元旦。前夜の大晦日は朝まで実家の土産物店の手伝い。仕事が終えるとそのまま上野まで映画を観に出かけた。大学受験を控えていたので、友達は合格祈願の初詣に出かけた。私はその誘いを断り一人映画鑑賞。しかも、観た映画は新作4本。まず上野東宝で若山富三郎『子連れ狼/親の心子の心』、勝新太郎『御用牙』の2本。『親の心子の心』がおもしろすぎて2回も観てしまった。そして、すぐ隣のビルにある上野松竹へ。ここで『男はつらいよ 寅次郎夢枕』『舞妓はんだよ全員集合!!』の2本。
徹夜明けに映画館をはしごし、都合5本も観てしまったのだ。前日から一睡もしていないのに、まるきり眠くならず観通すことができた。それだけおもしろかったからだ。
それまではほとんど洋画中心に観てきたのに、この頃からすっかり邦画にはまってしまったのだ。

そんな事情もあり、寅さんシリーズでも本作は想い入れが深いのだ。

今作では寅さんの恋愛観がメインテーマとなり、恋の三角関係、そして寅さんがシリーズで初めてマドンナから告白されるという新しいパターンが登場した。それに加え、『赤ひげ』以来、7年振りに映画出演の田中絹代も登場という、シリーズ10作にふさわしい内容となっている。

なかでも心に残るのは、八千草薫演じるお千代坊が寅さんに告白するシーンだ。寅さんがお千代坊に惚れている米倉斉加年の大学教授の仲をとりもつために打ち明けようとする。それをお千代坊は寅さん自身の告白と勘違いする。手すりの木目を指でなぞる仕草でお千代坊の感情を表現するシーンは見事な演出だ。
お千代坊に告白され、何も言えなくなる寅さん。「冗談よ」とがっかりするお千代坊。二人の恋のすれ違い。これほど恋の切なさを感じさせるシーンはシリーズで初めてだった。

渥美清と米倉斉加年のかけあいも見事。フーテンとインテリの二人のやりとりはシリーズ中でも屈指のおもしろさだ。

田中絹代が登場する晩秋の信州の情景も見事だ。甲斐駒ヶ岳?を背景にした山村の光景はいつまでも脳裡に焼き付けておきたい日本の景色でもある。

静と動、切なさと可笑しさ、喜怒哀楽の緩急がはっきりした演出が印象に残った作品だった。

ちなみにポスターに映っている雨のシーンは本編にはなかったと思う。カットされたのだろうか。

<あらすじ>
晩秋の甲州路を今日も旅する香具師の寅(渥美清)。ある旧家でその家の奥さん(田中絹代)と雑談の最中に昔、寅と同じ香具師仲間が、この地で行き倒れ同然の死に方をした事を聞き、その墓を詣でる。寅は急に故郷、柴又に帰りたくなり、矢も楯もなく柴又に戻ってしまった。“とらや”に帰ってみると、二階の部屋は、御前様の甥でT大の助教授岡倉(米倉斉加年)が貸りており、気分を害した寅は家を出ようとする。その時、幼な馴染の千代(八千草薫)がすっかり美しくなって訪ねて来たので、とたんに気嫌が良くなってしまう。千代は二年程前に離婚して、つい一ヵ月前から近くに美容院を開店したばかりなのである。それを聞いた寅は、急に張り切り始め、毎日のように美容院を訪ね千代の面倒をみるようになる。ところが、やっかいな事が起った。岡倉が千代に惚れてしまったのである。そうと気付いた寅は、岡倉の惚れた弱味を突っつき、さかんにからかう。アメリカ留学を棒に振ってもこの恋を実らせたいという真剣な想いはいよいよ重症になり、とうとう寝こんでしまった。やがて、病いの床に寅を呼んだ岡倉は、全てを「告白」し、千代との仲をとりもってくれと懇願する。断わりきれなくなった寅は、千代をデートに誘い話をきり出した。岡倉の恋する気持ちを伝えようと「あらかた察しはついているんだろうけど……」と言うと、千代は寅のプロポーズと感違いしてしまい、「寅さんとなら一緒に暮したい」と返事する。さてあわてたのは寅の方で必死で岡倉の話を推めるが、別れたあとで何か割切れない寂しさが残った。「ああ……しまったなァ」まさか千代が自分に好意を寄せていたなんて、と思っても全て後の祭り、寅は岡倉に報告してから一人部屋に閉籠もり後悔するのだった。それを静かに見守るさくら。数日後、岡倉は正式に千代からの断りの返事を受けて、傷心のうちにアメリカ留学へと旅立っていった。寅はまた再会した登(津坂匡章)と一緒に北風の中へと旅をつづけていた。“とらや”では寅からの年賀状を読みながら、今日もまた噂話に話が咲いていた。

《 男はつらいよ 寅次郎夢枕  予告編 》

135442_01
WOWOW録画の鑑賞。
監督 ポール・ヴァーホーヴェン
脚本 アンドリュー・W・マーロウ
原案 ゲイリー・スコット・トンプソン、アンドリュー・W・マーロウ
原作 H・G・ウェルズ
製作 アラン・マーシャル、ダグラス・ウィック
製作総指揮 マリオン・ローゼンバーグ
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ヨスト・ヴァカーノ
編集 マーク・ゴールドブラット
美術 アラン・キャメロン
衣装 エレン・マイロニック
出演 ケヴィン・ベーコン、エリザベス・シュー、ジョシュ・ブローリン、キム・ディケンズ、ジョーイ・スロトニック、グレッグ・グランバーグ、ローナ・ミトラ、ウィリアム・ディヴェイン
112分
製作国 アメリカ合衆国
配給 SPE/コロンビア映画
米国公開 2000年8月2日
日本公開 2000年10月14日
2000年度キネマ旬報ベストテン第85位

透明になった科学者が次々に犯罪を犯すという物語はH・G・ウェルズの『透明人間(The Invisible Man)』で有名。日本でも江戸川乱歩の小説の題名にもなっているし、様々な形で映画化された。本作はH・G・ウェルズの原作を元にしたものだが、原題は『Hollow Man(中身のつまっていない男)』となっている。邦題はそれを変えて原作に近い『インビジブル(目に見えない)』とした。

監督はいつも話題作をつくるポール・ヴァーホーヴェン。1995年『ショーガール』で最低監督賞を受賞した後、『スターシップ・トゥルーヴァーズ』で大ヒットを飛ばしたが、原作を無視した殺戮映画にしたことで原作ファンからの怒りを買ってしまった。こんな監督だから、本作も今までの透明人間ものとは一味も二味も違う。いや、逆の人々(といっても世の男たち)の期待通りの透明人間ができあがった。

透明人間になってエッチないたずらをしてみたいというようなことは世の男性たちが持っている願望ではないだろうか。ヴァーホーヴェン監督は本作でこの男性たちの願望をかなえてくれた。
主人公の科学者を演じるのはいわくありげな役柄がよくはまるケヴィン・ベーコン。透明になる薬を発明し自ら実験体になるものの元に戻れなくなってしまった。これ幸いと、元カノの科学者とその現在の恋人の科学者とのエッチなシーンを除きにいったり、隣のマンションに住む美女の部屋に押し込んでレイプしたりする。
ケヴィン・ベーコンは世の男性たちの願望を次々実現してしまうのだ。
今まで何本もの透明人間映画がつくられたが、これほどストレートに欲望を描いた映画はなかった。さすがヴァーホーヴェン監督だ。

ケヴィン・ベーコンのライバル科学者で元カノを奪ったのがジョシュ・ブローリン。この人は『アベンジャーズ』で最強の悪役を演じた人だが、本作ではハンサムボーイで、しかもラストまで活躍の場がないちょっとだらしない男の役だ。

CGをふんだんに使って、人間が透明になっていく過程をグロテスクに描いたところもヴァーホーヴェン監督らしい。
透明になったときにかぶるマスクが、いかにも中身が空っぽなように描いたところもうまい。

クライマックスの透明人間と科学者たちの対決シーンもサスペンスたっぷりでハラハラさせられる。

ところが、ヴァーホーヴェン監督自身はこの映画をまったく気に入らなかったらしい。
「会社のいわれるままにつくらされて、これはまったく中身のない映画だ」と語ったという。そして、この後、自身の本国であるオランダに戻ってしまった。
どんな映画をつくってもスキャンダラスなところは変わらない監督だ。

<あらすじ>

天才科学者であるセバスチャン(ケヴィン・ベーコン)は、国家の極秘プロジェクトとして「生物の透明化とそこからの復元」を研究している。彼と研究チームは、動物実験において既に透明化を成功させていたが、透明化させた動物はその状態が長時間続くと精神に悪影響が及んで凶暴性が増大してしまい、復元も成功できるような結果では無かった。ある日、セバスチャンは透明化した動物の復元薬の開発に成功するが、更なる名声を求めてこの事を国家には報告せず、メンバーの反対を押し切り、自らの体で初となる人体実験を行う。

透明化は問題無く成功し、透明人間の状態を楽しむセバスチャン。しかし、いざ復元となった段階で実験は失敗、メンバーが必死に研究に取り組む中、彼は透明のままに置かれる。

やがてその状態に苛立ちを募らせたセバスチャンは、自身が透明人間であることを悪用し、不法侵入レイプなどの犯罪行為に走る。チームは研究成果を国家に報告しようとするが、セバスチャンはこれに反対し、更に研究チームの同僚で元恋人でもあるリンダ(エリザベス・シュー)が、同僚のマット(ジョシュ・ブローリン)と密かに交際していたことを知った怒りも加わり、メンバーの殺害を企てる。


《 インビジブル  予告編 》


↑このページのトップヘ