バッファロー製 USB地デジチューナー DTH-30/U2白箱版

購入価格¥6980

中身1
いよいよPCも地デジ化することになりました。

早速取り付けてみたいと思います。


白箱
この地デジチューナー、通常版と若干異なります。

まずこの外箱、真っ白で印刷はされておりません、製品の内容が印刷されたシールが貼っているだけ。

正規版との違いは、縦置きスタンドが入ってないだけ。

これだけで、通常価格より2〜3000円以上安くなっている。



nakami

内容は本体、USBケーブル、アプリケーションソフト、B-CASカード、取り扱い説明書など。







付属のCDを入るとソフトが立ち上がり、インストール、ガイダンスどおりに機器の接続を行う。初めてでも簡単にできる。

その前にUHFのアンテナの準備は忘れずに。

セット完了

B-CASカードも挿し、接続は完了です。 次にソフト上でチューナーの設定します。
設定
放送局の設定、かなり時間がかかります。











BlogPaint

無事放送を見ることができました。

TVにHDMI接続できればハイビジョンで観られます。PCの画面であることを忘れるくらいにきれいっす。

ただ、このソフト、かなり動作が重い。チャンネルの切り替えだけでも10秒以上かかるっす。ザッピングには向きませんな。

それにしてももうちょっとサクサクできなかったもんかね。。

放送時差もかなりあります。液晶TVと同時に見ていると2秒ほど映像が遅れてます。コレでは緊急地震速報で逃げ遅れますな。。

録画予約も可能。ダビング10にも対応しており、録画した番組はブルーレイやDVDにムーブできます。

ただし録画番組の編集はできません。