日午 伯亮のblog

神易師 伯亮先生の頭の中。

「スピリチュアル・アセンション。9月。」の巻き。

 こんにちは。伯亮です。

 先日、お勉強に来られている方が、私のために、健康器具を持ってきてくれました。

 私は、鑑定でずっと座っているので、鑑定に来られる方も、お勉強に来られる方も、一日中、ずっと座っているイメージがあると思いますが、そうすると体が鈍(なま)ってしまいますので、体も鍛えております。

 ですから、体調管理は問題はありません。

 最近、ようやく朝も走れるようになってきました。

 朝が涼しくなってきましたので、走っていても快適です。

 今までは、朝走っていると、観光に来られた外国の方がたくさん歩いていましたが、台風の後はほとんど見かけなくなりました。

 昔の難波に戻ったような、懐かしい感じがしましたが、これからしばらくすると、再び活気が戻って来るのではないかと思っています。

 お弟子さんの中で、たまに「生霊」をもらってくる人があります。

 健康器具を持ってきてくれたお弟子さんも、生霊をもらっていました。

 普段から心に隙を作らないようにと話はしているのですが、人と関わる仕事をしていると、もらいやすいのです。


 私はすぐにわかりますが、お弟子さんは、まだわかりません。

 問題は、迷っていたり、生霊をもらっていても自覚が無いというのが問題です。

 普通に日常生活が送れるので、自分では気づかないのです。

 本当は、あまり関わりたくはないのですが、結構きつい生霊をもらっていましたので、仕方なく生霊を取ってあげる事にしました。

 ただ、本人にはそのような事を知らせていないので、ついている事もわかりませんし、取った事もわかっていないと思います。

 と、いう事で、今しばらくは私の胃が悪くなっています。

 「意」は、「胃」と関係がありますので、このような所に現れるのです。

 人と関わる時だけではなく、普段から心に隙を作らないようにしなければならないのです。

 頑張ってレベルアップをしていきましょう!

「緊急のご連絡。」の巻き。

 こんにちは。伯亮です。

 今年、鑑定に来られた方、特に、今年の初めに鑑定に来られた方には、「今年は、日本の運気は変化の年です。」と、お知らせをしております。

 鑑定に来られた方の中では、「大きな災害に遭う」という事が出ていた方は、ありませんでしたが、私の所には、遠方からの鑑定の方が多いので、心配をしております。

 鑑定では、いたずらに不安感をあおるという事はしておりません。

 もともとが、不安を抱えて私の元に来られる方ばかりなので、必要以上に不安な情報は与えないようにしているのです。

 大阪では、地震が起こったり、台風も来ました。

 その後で、北海道に大きな地震が来ましたが、阪神大震災などの震災に遭い、その記憶がまだ、心に残っている方々もおられます。そのような方が、災害のニュースを見ると、過去の記憶が甦って、不安になられる方もあるでしょう。

 自分の住んでいる場所や、直接的に災害に遭わなくとも、テレビやニュースで災害の報道をずっと見ていると、精神的に不安になられる方も多いと思います。

 それで、鑑定に来られた方には、特別に、「災害除けの霊符(れいふ)」「精神安定の霊符」「仕事順調安定の霊符」などを御作りして、鑑定に来られた方々にお渡しする事にしました。

 鑑定に来られた時に、お知らせいただければ、御作りして差し上げます。

 不安な気持ちは、不安な現象を引き寄せる事になります。

 気持ちをしっかりと持って、乗り切っていきましょう!

「お疲れさまでした。」の巻き。

 こんにちは。伯亮です。

 やっと8月で、お勉強のテキストを、最後まで完成させることができました。

 完成させた後に、表紙を作りました。

 今までお渡ししたテキストに、この表紙を付けていただければ、「秘伝の書」が完成します。

 ここには、仙術の術で、「命」、「相」、「卜」の秘伝があり、その学びのプロセスがあります。

 「占術」が完成すれば、いよいよ皆さんは、「スピリチュアルの分野」に入っていく事になります。

 次の、「スピリチュアルの分野」の注意点も、今回のテキストの中に入れておきました。

 この、秘伝の書に、皆さんの体験やプロセスを加えていかれることによって、この世界にたった一つしかない、「秘伝の書」が出来上がります。

 「私から学んだ事」、「私から聞いた事」、「私の体験」も、このテキストの中に加えるようにしてください。

 まずは、じっくりと思い出してください。

 私たちには、宿命のテーマと、今生のテーマがあり、今は、今生のテーマが優先していると思います。

 ですから、今生のテーマを満足させる情報が、優先的に、皆さんの知識の中に、情報として入る事になっています。

 ですから、いつもお話しているように、聞いていても聞いていないのです。見ていても見ていないのです。

 次は、私と同じ体験をする事によって、私から聞いていたことを思い出す事もあります。

 とにかく、じっくりとまとめていきましょう。

 これで、私も次のプロセスに進める事になり、やっと自分の道を閉じることができるようになりました。

 道があり、プロセスがあっても、答えが無ければ、結局は無いのと同じで「幻」です。

 答えがあり、終わりがあるから、「ある」という事になり、幻ではなくなるのです。

 終わりが無いから、何度も何度も同じことを繰り返さなければならないのです。

 皆さんは、「終わりがある」という事を知ったのです。

 ただ、終わりは始まりでもあります。

 知識だけで満足しないでください。経験があり、初めて理解となるのです。

 では、私は、次のプロセスで道標を作ります。

 太極運命学会の先生方に深く感謝をいたします。

 長い間、ご苦労様でした。

「夏の終わり。」の巻き。

 こんにちは。伯亮です。

 八月も、いよいよ終わりに近づきました。

 今日は、30日ですが、相変わらず朝から熱いです。

 蝉の鳴く声が聞こえなくなり、台風も来たので、少し涼しくなるかと思っていたら、今日も日差しがガンガンと照り付けています。

 今年の夏は暑かったので、毎朝ジョギングしながら、「熱中症になるのではないか?」とも思っていましたが、無事にここまでやって来ました。

 毎年、夏にも東京で鑑定していましたが、今年は、できませんでした。東京の方々から鑑定のお問い合わせもいただきましたが、できなくなり申し訳ありませんでした。

 体調も良くなりましたので、これからまた頑張ります!

「かき氷。」の巻き。

 こんにちは。伯亮です。

 鑑定に来られた方には、いつも、お茶をお出ししているのですが、あまり暑い日が続いていますので、最近は、かき氷をお出しする事も多くなりました。

 鑑定に来られた時に、まずは、クールダウンをしていただいてから、じっくりと鑑定をするためです。

 鑑定に来られた方は、わかっておられると思いますが、鑑定では、意識を集中して心を透明にしなければなりません。そうして、鑑定に来られた方の意識を私の意識と合わすのです。

 そうしてから、「降りてくる」というようになるのです。

 この時に、鑑定に来られた方が、あまりにも心が乱れた状態ですと、それが私の体にも表れるのです。

 イライラは、私の体にもイライラで現れますし、ドキドキは、私の体にもドキドキと現れます。

 これは、体験してみないとわからない事ですが、結構、つらいものです。

 鑑定に来られた方の心が安定しないと、正しく降りてこないのです。ですから、安定を待たなくてはなりません。

 この、「待つ」という、「間」が、苦しかったりします。

 でも、かき氷を食べて、クールダウンしていただくと、「スッ!」と、降りてくるようになるのです。

 かき氷が苦手な方には、お茶を今まで通りに出しますので、お出しした後で言ってくださいね。

最新記事
日午伯亮のプロフィール

sinyuukan

 スピリチュアル鑑定。神易師。日午伯亮です。
太極運命学会主催。命、相、卜を極め、占術の最後の扉を開く。現在、神癒館で鑑定と後進の指導でがんばっています。鑑定などのお問い合わせは、090-3948-2762まで。http://www.sinyuukan.com/

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ