2006年11月30日

小桜橋 浅野屋

9c3c6078.JPG飯田橋と江戸橋の間にある、下町情緒のある街で見つけて、瀟洒な看板!

なかなかこざっぱりした良い字だなあ!

sinza at 09:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月21日

箱根美術館

7311b245.JPG強羅にあるMOA箱根美術館は今、紅葉の見頃で毎日たいへんな混雑ぶりです。
この一角にある茶室に掲げてある、富士見の扁額です。
なかなか愛嬌のある字ですね! sinza

sinza at 16:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

白雲堂茶苑

398d4f37.JPG箱根強羅公園にある、喫茶店の看板です。
歴史ある風格を持つ字ですね。 sinza

sinza at 16:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月20日

鶴富茶屋

c1219cb6.JPG宮崎フェニックスカントリー倶楽部にある、休憩所、鶴富茶屋の看板文字です。
作者不詳ですが、相当腕の立つ書家でしょうね。 sinza

sinza at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月16日

地学会館

3f27b401.JPG毎朝の通勤途中にある地学会館のこの看板文字は、まさしく隷書体のお手本になるので、時々ながめては感心しています。 sinza

sinza at 06:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月11日

もう一つの上越市の表札

8ff9bf92.jpgこちらは、木彫りのもの。旧市長(昭和55年)の雅号があったが、読めなかった。

sinza at 17:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月10日

上越市役所

fe2d723a.JPG新潟県上越市役所の入り口にある石碑です。
味のある字ですね!

sinza at 19:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年09月20日

石川九楊

596e8a70.JPG石川九楊の世界、見に行って来ました。
会場の作品は、撮影禁止だったので、お見せできませんが、この看板の文字から想像してみて下さい!

sinza at 23:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年09月19日

かつ吉

2699e7c4.JPG日本橋三越前の老舗、かつ吉の看板です。
ロースかつ定食が美味しかったです。

sinza at 12:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

文明堂

11579b6d.JPG銀座、文明堂さんの看板です。
「銀座文明堂カフェ」で日本茶にケーキ、天下文明極上カステラ などを
味わいたいものです。


sinza at 12:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月14日

朝青龍の花押

46046656.JPG初日は不覚をとりましたが、今場所も優勝するでしょう!

私の書の師、花押作家の望月鶴川先生の作品です。

気品があって、さすが名横綱の雰囲気があります。

素晴らしい。

sinza at 08:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月11日

山梨の桃

c6589638.JPG友人の実家で作っている桃、とても美味しかった。
送られて来た、ダンボールのこの字、上手いですね!

sinza at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月31日

御香味いただければ幸いにて候

1434a23a.jpg静岡県の吉田高校の書道部長の先生から頂いたものです。
美味しいお茶に同封されておりました!

お洒落ですね!

sinza at 15:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

地学会館

057b1fd9.JPG東京地学学会のビル、地学会館の文字は、オーソドックスで飽きのこない、隷書体です。毎朝、有楽町麹町駅から会社に向かう道すがら、この字を拝観しております。

sinza at 10:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月29日

題字

ec78673b.jpg題字を依頼され、作成したものです。
親しみ易い中にも自分らしい字がいいと思って書いてみました。
割と好評でした!


sinza at 14:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月25日

通いとっくり

c1d85582.JPG江戸時代に、酒の測り売りで使っていた、庶民の道具、通いとっくり!
勢いのある字で、スカッとしますね。

sinza at 10:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

花無百日紅 人無千日好 

3e168638.JPG花が百日間も真紅に咲き誇るのが難しいように、
人間も千日間も無病息災でいることはない。

「日々是好日」

であるように日頃から

「健体康心」

に努力せよ、という漢詩を書いた書です。

すっきりと衒いのない、良い書ですね!


sinza at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月24日

漁舟火影寒帰浦

2226960e.JPG
この句の作者は、杜筍鶴という詩人です。

彼の漢詩「夏日題悟空上人院」

には、

三伏閉門披一納  三伏門を閉ざして一納を披る (きる)
兼無松竹蔭房廊  兼ねて松竹の房廊を蔭う無し (おおう)
安禪不必須山水  安禪は必ずしも山水を須いず (もちいず)
滅却心頭火亦涼  心頭を滅却すれば火も亦涼し

4行目は、みなさんよくご存知ですよね。

この書は、デザイン文字として、なかなか良いですね!

sinza at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 書の作品 

2005年08月18日

一福処濱屋

9fecb9d0.JPG旧中山道の長久保宿(長野県長門町)にあった、お休みどころの看板です。
ずいぶんと優しい字ですね。

sinza at 16:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月10日

飾壺

de1c0448.jpg大陶器市で求めた、染付けの壺に添えられている、作者のものです。
壺はもちろん、この書はいつ眺めても、良いです。うまいです。

sinza at 10:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)