スポンサードリンク


シンジは、ゲーム実況を再開を決意した。

しかし、ネットの知識があまりにもない為 すぐには放送を始めずひたす

ら 一ヶ月間ネットで放送の知識を勉強したのであった。

NG ← 嫌なリスナーにたいしてコメントを流れなくさせる手段。

わこつ ← 放送している生主にたいして枠を取ってくれてありがとう
        という意味。

荒らし ← 無意味な大量コメントで放送主にたいして嫌がらせをする行        
        う事。

オフパコ ← ネットで知り合ったもの同士でホテルに向かう事。

棒読み ← コメントにたいして声をつける機能。 

バール ← リアル凸する場合に利用する道具。

親フラ ← 配信中に両親が来て放送を邪魔される事。


シンジ 「さあ、そろそろ 新時代の幕開けやな」

シンジは某冒険漫画とても好きであり、ちょくちょくその漫画に出てくる台詞を引用する癖がある。

シンジは一ヶ月ぶりに放送を始めた。

しかし、だれも放送に来ない。

シンジ「 は? 誰もこない」

ネット放送の世界では、一ヶ月間放送しないという事は忘れ去られる可能性が大きい。

そして、20分が経過した時である。

さそりさん「うわ 裏切り者だ。」

シンジ「は?」

さそりさん「ぼくがどれだけ心に傷をついたか 分かる?」

シンジ「えw」

さそりさん「この一ヶ月間僕はゆきりんの写真集しか生きがいがなかった      んだよ! この気持ち わかる?」

シンジは思った、早速修行の成果を試すかと。

さそりさん「しんちゃん 僕はゆきりんと同じぐらいしんちゃんも好きだっんだよ、その気持ちをうらぎったな!!」

シンジ「ふふふ、だまれ 小僧!!」

さそりさん「なに笑ってんだ! 僕は本気なんだぞ! リアルではイジメられてて ようやく、、、、」

さそりさんが話している最中にもかかわらず、シンジは叫ぶ。

シンジ「あ、 おまえ NG」

シンジはさそりさんのコメントをNGにいれたのであった。

さそりさんはコメントができなくなってしまったのである。

シンジ「お前は昔からうざいんだよ! もうお前は用無しや!」

シンジのなかで何かが弾けた。

シンジ「ククク、、、僕は新世界の神となるんや。」

さそりさんは、まだしらない2015年7月16日(木)
に ゆきりんが熱愛報道される事を。

次回予告  第14話 決戦 シンジ勢 VS デモンズ勢

今日のBGM  銀河鉄道の夜。 銀杏BOYZ

スポンサードリンク