幸福モデル研究所フェロー 吉川ひとみ WEBサイト

幸福モデル研究所フェローとして活動する吉川ひとみのWEBサイトです。

好きな言葉は「ありがとう」です。日々、お葬儀のこと、お供養のこと、生きること、死ぬこと、こころのこと、そして「『家族』ってなに?」ってことを考えています。

散骨が話題になるにつれ、いろいろな散骨の「広告物」がたまってきました。
「思い入れのある散骨」(お金を払ってもその値打ちを感じる散骨)よりも
最近は、「お金を払って捨ててもらうため?」と思うようなものが…
(送骨と書き換えることにより罪悪感減少?)

一時期、某0葬が話題になりましたけど、
そんな感じで(って、読んでないのですが)
関西の一部の火葬場のように、必要な人には遺骨を持ち帰らないでいい
行政的なサービスをしたらどうかな、と思うんです。
(骨のほんの一部を自治体が供養する。残りは破棄。
別に宗教者を呼ばなくても職員が供養塔に手を合わせ
手入れをしたら供養になると思う)
生まれるときに、死ぬときに、そんなにお金がかからない国が理想です。


それから、散骨の環境への「結果」って、あと何年したらわかるんでしょう?
特に山への散骨については反対されているお話をよく伺います。
埋葬方法の希望より、地球環境の方が重いと感じる私にとっては
とても興味のあることです。

 

1月1日から2月29日までは「20歳の献血キャンペーン」です。
それに伴い日本赤十字社の羽生結弦選手を起用したキャンペーンサイト
好評のようです。 

「若者の献血離れが進んだ」と一部では言われたりしていますが、
若者の人口が減っていることや、服薬している人や海外渡航経験のある人の増加
なども考えられると思います。
また、200mlでなく400mlの献血を求めるがために、200mlを希望する
人に対して「愛想がよくない」という話も聞きます。 

ともかく、この素晴らしい善意のシステム「献血」を
維持するために、努力せねばならないことはたくさんあるでしょうね。

 

「ミッフィー」で知られるオランダ人の絵本作家、
ディック・ブルーナさんが16日、お亡くなりになりました。
89歳だったとのこと。

ブルーナさんの作品は、国や世代を超えて愛されています。
また絵本だけに収まらないキャラクターとしての魅力は
今後も愛され続けることでしょう。


 

↑このページのトップヘ