ブログネタ
人類滅亡説、信じたことある? に参加中!
ノストラダムスや色んな終末説。
真剣さ半分興味半分で降って沸いたようにお茶の間を賑わす材料です。

私はノストラダムスの類を信じたことはないですが、
ソ連崩壊の際には日本が東西に分断されて戦争が起こるかもしれないと
子どもごころに不安になりました。
(担任の先生がゴルバチョフの話とか色々学級通信で教えてくれたのです)
夏のひろい空と田んぼのあぜ道にじぶん一人でいると
「ちいちゃんのかげおくり」のようで、身震いしたことを覚えています。


「明日もし世界が滅ぶなら?」

と、ジョークめいた質問、よくありますね。
ちなみに類似の質問は
「無人島に一つだけ持っていけるとしたら何?」
です。

この手の質問は、ジョークであってもなくても、自分の価値観を知るきっかけになります。

「ノストラダムスの大予言」ほど有名ではないと思いますが、マヤ文明の予言という人類の終末説があります。
それによると、2012年の12月21日から12月23日頃に時代が一区切りを迎えるそうです。
そのとき何がおこるのか?よりも、
おこるとしたら…

誰に「ありがとう」「ごめんなさい」と言いたいか?

「そのとき」でなくて、言えるときに言わなきゃ後悔しますね。
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ