2010年01月27日

本日はマンションの一室での家族葬です

御祖父様がお亡くなりになリ、

長男様家族は海外赴任されておられました

その間、御祖父様と御祖母様とで

立派に育て上げられたお孫さまがいらしゃいます

そのお孫さまが「お通夜式の到着まで時間がかかる」との

事でしたが、本日のお寺様

「大事な方ですから、待ちましょう」

そうおっしゃってくれました

予定の時間の1時間前にお越し下さったんですけど

予定より50分遅れでの開式となりました

きっとそのお孫さまも慌てて駆けつけてくださったんでしょう

その間2時間近く、お寺様とご家族の方とで、

お話をなさっておられました

葬儀会館では、ちゃんとした寺院控室という別室がありますが

マンションは、リビング、ダイニング、和室と

広々とした作りになっていてゆっくり同じ空間を過ごすことが

できます

故人様のひととなりを聞かれたり、

たくさんの思い出をゆっくり聞いて下さいました

お寺様(宗教者)を交えたこういう時間こそ

本当のお通夜の大事な意味だと感じました

ひざをつきあわせた有意義な時間でした

きっと悲しみの中の、ご家族様へ

少しでも癒されたのではないでしょうか








at 22:11│コメント(0)トラックバック(0)通夜の現場 │

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
自己紹介

・株式会社オフィスシオン 専務取締役
・儀典オーガナイザー(NPO法人FBO認定)
・1級葬祭ディレクター
(厚生労働省認定資格葬祭ディレクター技能審査)
・日本グリーフケア協会 グリーフケア・アドバイザー
・ホームヘルパー2級

オフィスシオン携帯サイト
QRコード モバイルサイト用
最新記事