2010年10月20日

長距離寝台の搬送のご依頼が入りました

九州までお送りしてきました



亡くなられた「ご本人を生まれ育った故郷に帰してあげたい!」

故郷の田舎には、「帰りを待ってくれている人がたくさんいる!」

一番にこころを大事に考えた選択でしょう


長距離では、九州と四国にお送りすることが多いように思います

故郷への思い入れが強いんでしょうか?

陸続きの本州と違い、海をまたいでいるからでしょうか?



そして、毎回、お礼のお電話を頂きます

そのお言葉が心から伝わりますので、

なんとか、少しでもお役に立てれたとうれしくなります


社長は、行き帰り、運転してくれました

今まででしたら、往復ピストンで帰ってたのですが、

人の余裕も車の余裕もできてきたので、

社長はホテルに泊まってから、朝からの出発で帰ってきました


今回は、昼間の出発、帰りも朝からの出発で、景色が見えて

良かったようです


もう紅葉が始まっているようでした


無事にお送りできて良かったです

葬祭コーディネーター寺本恵美子sionteramoto at 02:23│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
自己紹介

・株式会社オフィスシオン 専務取締役
・儀典オーガナイザー(NPO法人FBO認定)
・1級葬祭ディレクター
(厚生労働省認定資格葬祭ディレクター技能審査)
・日本グリーフケア協会 グリーフケア・アドバイザー
・ホームヘルパー2級

オフィスシオン携帯サイト
QRコード モバイルサイト用
最新記事