2010年12月19日

おばさんのお葬式が先日にあったばかりですが

年末ということもあり、三十五日できりあげということで

本日、法事に伺いました



淡路島の一部の地域だけに残っている風習のようですが

高い山のてっぺんにあるお寺にお参りに行くという

習わしがあるようで

マイクロバスを用意してくれていたので、乗せて頂き、

付いて行きました


何段もある階段を登り、お寺に到着です

別格本山と書かれていました



木の香りがする六角堂と本堂とで2回お寺様のお勤めを頂いたんですが

「その前におにぎりを転がす」という習わしをさせて頂きました

親族がまん丸くにぎったおにぎりを

山のふもとに後ろ向きで放り投げるというんです

その時、後ろを振り向かないようにとも教えてもらいました



おにぎりを転がし、鬼が、そのおにぎりを追いかけている

空きに極楽へ行ってもらうためだという事です


一理あるなぁと感心していました

いろんな儀式って必要ですよね


ある本には、神や仏は、脳が創ったと書かれたものが

ありましたが・・・



おにぎりを転がす儀式に心がほっとされました


お葬式もこの様な様々な事のかたまりなんだなぁと

不思議な風習をみて感じました





葬祭コーディネーター寺本恵美子sionteramoto at 21:37│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
自己紹介

・株式会社オフィスシオン 専務取締役
・儀典オーガナイザー(NPO法人FBO認定)
・1級葬祭ディレクター
(厚生労働省認定資格葬祭ディレクター技能審査)
・日本グリーフケア協会 グリーフケア・アドバイザー
・ホームヘルパー2級

オフィスシオン携帯サイト
QRコード モバイルサイト用
最新記事