2011年02月28日

本日は、大阪で、30階建のマンションの25階の一室から、

出棺いたしました

ご自宅で、介護もなされ、見届けられました

十分に悔いの無いように過ごして来られたと

思います




ここ1~2年ご自宅での家族葬がどんどん、増えてきています

マンションでもご自宅と、同じです

高層ではなくても、団地の一室でも同じです

少人数であれば、充分です



そして増えたと言えば、自宅での介護

自宅で最後まで見届けられる亡くなり方

病院や施設では、立派な医療があるんでしょうが

そこにも勝るご自宅での終末・看取りには

いいものがあるにちがいありません


訪問看護や先生の往診も充実しているように

お聞きしています


あと、ご自宅のいい面があります

家族の方が、気兼ねなく、涙を見せておられるように

思います

はじめて入る葬儀会館と違い

ご自宅が一番安心できる、落ち着ける場所に決まっています

最近は、男性の方も、涙を流されるのを

よくみかけるようになりました


うちの社長なんかも、テレビを見ただけで、涙を流しています

話は、それましたけど、

ご自宅が一番安心できる、落ち着ける場所で、大事なお別れの

時間をたっぷり、持てるんです

好きだった、お料理も作ってあげることができるんです

お柩の中に入れてあげたいものも、タンスからゆっくり

探せるんです

あと、マンションの方、エレベーターのトランクだけ、

開けて頂けるようにしていただければ、結構です













葬祭コーディネーター寺本恵美子sionteramoto at 23:44│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
自己紹介

・株式会社オフィスシオン 専務取締役
・儀典オーガナイザー(NPO法人FBO認定)
・1級葬祭ディレクター
(厚生労働省認定資格葬祭ディレクター技能審査)
・日本グリーフケア協会 グリーフケア・アドバイザー
・ホームヘルパー2級

オフィスシオン携帯サイト
QRコード モバイルサイト用
最新記事