2011年03月06日

「献体」って知っていますか。

もしも、ご自分が亡くなった時、お葬式をして、火葬することが

ほとんどだと思うんですけど

(ほんの少し、土葬もあるようですが)

火葬場へi行かず、そのお体を、医学の発展のために

大学病院などへ差し出されるんです

ご本人の希望があっても、家族の同意が無ければ、

お引き受けしてくれないんです

「臓器提供」という言葉は、ご存知な方は多いんでしょうね

考えとしましては、死は、肉体とたましいの分離だと思います

肉体は、見えて無くなりますが、

たましいは、いつもそばに居てくれていると、

信じています

献体とは、簡単に、決断できるものではないと

思います

強い意思や、ご家族の理解も必要です

この度、献体として提供された

ご家族には、有り難く頭が下がります




新しい着物(肉体)に着替えて、お出直し下さいませ

いつか、お会い出来る日を、楽しみにしています







葬祭コーディネーター寺本恵美子sionteramoto at 09:42│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
自己紹介

・株式会社オフィスシオン 専務取締役
・儀典オーガナイザー(NPO法人FBO認定)
・1級葬祭ディレクター
(厚生労働省認定資格葬祭ディレクター技能審査)
・日本グリーフケア協会 グリーフケア・アドバイザー
・ホームヘルパー2級

オフィスシオン携帯サイト
QRコード モバイルサイト用
最新記事