2011年05月14日

要らない物をほかそうと決めました

「ほかす」という言葉は、もしかしたら、関西の言葉でしょうか?

「すてる」という意味です

長年使わないものでも、いつかは役に立つ!もったいない!と

思い、残してきました

昔の服も、捨てました

本は、あるホテルの図書コーナーに、本を寄贈するよう梱包しました

大きく、簡単に捨てれないもの

それは、マッサージ器です

2台あって、古い方には、前のワンちゃんがいつもそこに座って

くつろいでいた場所なんです

思い出があるんです

このように、亡くなった人の思い出の品

遺品となると、特別な思いがあるんです

私は、物や機会やにまで、たましいが宿ると信じています

ほかしほかし大作戦は、完璧には、できませんでした



このように思い出の品、遺品を捨てれない方は、多いのではないでしょうか

どうしても片付けないといけない人は、ひとつでも残せるよう

後悔のないようにしていただけたらいいのなぁと

願っています



葬祭コーディネーター寺本恵美子sionteramoto at 07:34│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
自己紹介

・株式会社オフィスシオン 専務取締役
・儀典オーガナイザー(NPO法人FBO認定)
・1級葬祭ディレクター
(厚生労働省認定資格葬祭ディレクター技能審査)
・日本グリーフケア協会 グリーフケア・アドバイザー
・ホームヘルパー2級

オフィスシオン携帯サイト
QRコード モバイルサイト用
最新記事