2011年07月16日

おひとりで、団地で暮されていたお母様が亡くなられました

UR賃貸の巨大な団地です



まだまだお若いので、一人暮らしでも安心しておられたんでしょう

まさか亡くなっていたなんて・・・

発見されるまで、一ヵ月以上経過していました

まさかと私もそう思います

病気ひとつない方が、突然倒れてしまうんなんて想像もできません


ご本人であるという証しのため

事件性がないかなどというため

解剖になってしまうんです




とても辛い事ですが、いま、ものすごいい勢いで増えているそうです

警察の霊安室もいっぱいな状態だとうかがいました

どなたが悪いとかいうわけではありません



巨大な団地でも自治会長さんの役割はないそうです

「もう3年ぐらい自治会費は集めてないみたい」とご近所の方に

お聞きしました



時代と言えば時代なんでしょうか



火葬を終えられた娘さんと一緒に部屋の片付けに来ています

「一人で部屋に入るのが怖いので、一緒について来てください」

と仰って下さったので、お手伝いできます



疲れ切ったむすめ様には、部屋の片づけをする気力は

残っていません

天国へのお引っ越しのお手伝いをされておられます

「キーパーズ」さんにお願いをしました

キーパーズの担当の方は、じっくりと娘さまのお話を聞いて下さっています

この方たちなら、任せて安心

お部屋を一日できれいに全部処分、消毒、清掃され

きっと亡くなられた方も安心して天国へ行かれたことでしょう














葬祭コーディネーター寺本恵美子sionteramoto at 23:06│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
自己紹介

・株式会社オフィスシオン 専務取締役
・儀典オーガナイザー(NPO法人FBO認定)
・1級葬祭ディレクター
(厚生労働省認定資格葬祭ディレクター技能審査)
・日本グリーフケア協会 グリーフケア・アドバイザー
・ホームヘルパー2級

オフィスシオン携帯サイト
QRコード モバイルサイト用
最新記事