2011年07月25日

ご兄弟2人暮らし

このあたりは、別荘地のようになっていて、

普段から住んでいる方が少ない地域のようです

自治会などもなく、景色のいい田舎になるので

社会との交わりも少ない地域でした

買い物にも車を走らせ、遠くに行かなければありません

そのような中、ご兄弟2人仲良く暮らしておられたのに

突然のガン

入院されて1カ月で弟様が亡くなられました

この後、お兄さんの事が心配です

お兄さんは車の運転もされません

携帯電話を持っておられません

弟さんが入院されてから、ほとんど他の人とはしゃべっていない

とおっしゃってました

葬儀もお兄さんひとりだけです

とても気のいい、感謝し通し仰ってくれます

「すいません、すいません、有難うございます」

電話口で声を聞いた時から、「なんとかしてあげたい」と言うような

気持ちが起こり、「なるべく早く駆けつけます」と言った気がします

おせっかいなのかもしれませんが、

火葬場の予約の時に、市役所の方にお願をしてみました

今、このチャンスなのか、ピンチなのかわかりませんが

まわりの方のおせっかいがなければ、遠慮して一人でおられる方です

その事を話すと

それも大変よろこんで感謝して頂けます

近いうちのおじゃまして顔を見に行って来ます










葬祭コーディネーター寺本恵美子sionteramoto at 22:09│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
自己紹介

・株式会社オフィスシオン 専務取締役
・儀典オーガナイザー(NPO法人FBO認定)
・1級葬祭ディレクター
(厚生労働省認定資格葬祭ディレクター技能審査)
・日本グリーフケア協会 グリーフケア・アドバイザー
・ホームヘルパー2級

オフィスシオン携帯サイト
QRコード モバイルサイト用
最新記事